« ケロロ映画。であります! | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン62)感想 »

「遊戯王GX」(ターン61)感想

だんだん内容が宗教っぽくなってきました。

『つるされた男』を見せ十代に勝ちたいか、と攻め入る斎王。この場面あんなに「自分の運命は自分で切り開く」と言っていた万丈目なので、「オレの運命はオレが決める!!」と言い放って欲しかったです。

『運命の選択』のカードで選んだカードを見て、驚く万丈目。「運命は決まっている」ような事を斎王は言ってますが、この後、「フン。そんなマジック、すっかりお見通しだ」と言わないのかなあと思ってしまったのは、ドラマ「トリック」の影響(笑)。でも、決まっているカードを万丈目に選ばさせるのはマジックでもできそう。この後、いきなり十代が現れ、「おおっ!!凄い手品だぜ!!種明かし、教えてくれよ、な、な」「おい、十代、貴様落ち込んでたんじゃないのか!?」「え?そういえば・・・・まあ、いいじゃないか・・・ハハハハ」「ハハハ・・・・じゃない!!」「あ、兄貴~~~、よかったッス!元気になって」と斎王を無視し、おいおい泣き出す翔と万丈目と十代の会話が頭の中をアニメのシリアス場面を見ながら流れておりました(爆笑)。

ところで、制服って白もあるし、黒もあり。赤、黄、青(まるで信号/笑)だけでなく、いろいろあるんですね。万丈目の着ていたあの黒も制服だったんですよね?

|

« ケロロ映画。であります! | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン62)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/7417338

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン61)感想:

« ケロロ映画。であります! | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン62)感想 »