« 明日から仕事だ | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン67)感想 »

「遊戯王GX」(ターン66)感想

今回、回想シーンでしたね。明日香とのデュエルもあるかなと思ってたんですが、取り上げなかったようです。セブンスターズより前の話なので、ある意味平和だった時代の懐かしさを感じながら見てました。

第1話のVSクロノス教授戦。初めて見たとき十代の声が「随分少年っぽい初々しさがあるなあ」と思った記憶があるのですが、改めて聞くと、今と微妙に声が違う気がします。というか、最近の十代の声っておっさんっぽい感じしませんか?ま・・・・・それだけ「進化したざうるす」(by剣山)なのかもしれませんが、もう少しあどけなさがほしいと思ってしまいます(笑)。

作画監督により十代の顔つきが違うのも見比べておりました。

|

« 明日から仕事だ | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン67)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/8029661

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン66)感想:

« 明日から仕事だ | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン67)感想 »