« アニメ・ケロロ軍曹「戦え僕らのウエットルキング」他1本 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あだ射ちするはわれにあり!」他1本 »

「遊戯王GX」(ターン89)感想

今回はヘルカイザーVSダークネス吹雪の話。

いつもは「明日香~~~、兄さんはね~~~~」というノリの吹雪兄。
さすがに今回のデュエルはギャグはありませんでした。
「・・・・っていうかぁ~~、真剣勝負?」(←しまった、他アニメのキャラだ!!)
////ま、今回のデュエルで「いや~~~、さすが亮だねえ。いいデッキだ」・・・・・と明るくしてくれなかった(ギャグでない)だけでもよかったです。

亮兄と会い、デュエルをするようですが、吹雪兄が着替えているところをみると、相当時間があった気がします。
あの灯台で、亮兄を見つける吹雪兄ですが、あれって偶然というより、鮫島校長を通しデュエルの待ち合わせをしたのかなと思ったりもしました。

吹雪兄のデッキはVS明日香(アイドルになるかならないかのデュエル)と時と違い、以前十代と戦ったダークネスの時のデッキでしょうか。
それにしても派手な映像で十代たちが「あれは・・・・!!!」と2人のデュエルに気付いたというのに、観客は十代、翔、剣山の3名。みんな、気付かないの~~~~??
そして亮兄が勝ったあと、兄とデュエルする決意をする翔。
でも(負けるのを恐れ)戦うのを避けつづけている翔が、亮兄に勝てるのか?・・・・と疑問に思ったりします。
それってメダルがないと兄とデュエルできないと思って?・・・・いや、亮兄はメダルは興味ないそうだし・・・・。

亮兄の場合、万丈目や明日香と違い”自らの意志”だからもとに戻るのは困難な気がします。
結局、『勝利より相手をリスペクトするほうが大切』。・・・・というのをわかるのが一番、と思いますが、亮兄がいるのはプロの世界。やはり環境的に”勝利”にこだわってしまうのでは?
それに、もしかしたら元々今の亮兄の方が本来の亮兄で、今までの彼は彼の作っていた理想の姿。もしくは、そう周りの人々(鮫島校長や翔とか)がそう思い込んでいた人物かもしれません。
となると、問題は深い。
そう簡単に戻らないだろうと思いながら、どういう展開になるか興味を持ちます。

|

« アニメ・ケロロ軍曹「戦え僕らのウエットルキング」他1本 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あだ射ちするはわれにあり!」他1本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/10524296

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン89)感想 :

« アニメ・ケロロ軍曹「戦え僕らのウエットルキング」他1本 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あだ射ちするはわれにあり!」他1本 »