« いざ、夏コミへ!!(前編) | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン98)感想 »

いざ、夏コミへ!!(後編)

着いたぞ~~~~~は、お昼少し前。並ばずに入れました。
とはいえ、あいかわらず凄い人でした。

「国際展示場」駅に着いた時、ひとかたまりがその駅で降りました。で、みんな揃って改札口へぞろぞろ向かったと思ったら、みんなコミケ会場へ。
ほとんどの人が、コミケ目的です。やっぱり同世代(に見える人)を見かけると安心(笑)してしまいます。
今日はそんなに暑くなくてよかった~~~。いつもなら、日傘をさしながら炎天下を歩いてるのに、今日は日傘なしでも大丈夫。
そのかわり、外でジュースを売っているお店が暇そうでした。

さて、目的ブースへ一進。「遊戯王本をGETだぜい!!」(特に海馬兄弟本)と、遊戯王のブースへ・・・・とそこで、あんなに込んでいたのにスーっと影をひいたように人が少ないです。
そうなのです・・・・人気が・・・・(悲)。
でもおかげで、ゆっくり見れます(←複雑心境)。
(ケロロ本は欲しいと思わないので買ってません・・・・ということはそんなに、”はまっていない”ということか/爆)。

~~「遊戯王GX」~~
一番多く感じられたのは十代×万丈目?っていうより、そのカップルが(私には)めだって見えました。
万丈目の表紙が多くあったような・・・・さすが、オープニングで翔を抜き、2番目に紹介されるだけあって人気が高い!!!・・・・なんて思ってしまいました。
十代×翔も多かったですね~~~~。

~~「遊戯王」~~
以前より海馬兄弟本が減ったような・・・・と思いつつ、いろいろ見てました。
やはり?・・・・・海馬×城之内が多かったような気が。海馬×闇遊戯も多いですね。
W遊戯も多いような・・・・。
どれも、ちらちら歩きながら見た結果なので、あくまでも個人的に思ったことです。
しかし・・・・全体的にだんだん数が少なくなってる気がするなあ・・・・。

あ、BMGのコスプレを見かけました。
「BLEACH」や「テニプリ」とかも・・・・「あ、あれは!!」とわかる私はいかにアニメを見ているか・・・と改めて思ってしまいました(苦笑)。

帰りは、駅前で列があったのですが、「帰りの切符をお求めの方はこの列です」と、駅員さんが叫んでました。切符を買うにも、並ぶのか・・・。
私は「Suica」を持っているので買わなくてもOK。そのまま改札口へ。
去年は門前仲町行きのバスで帰りました。そのほうが座れて帰れたので、そのほうが良かったのかな~~~とも思ったんですが、それだと時間がかかるので今年は止めたのを思い出しました。(←おいおい・・・・)

最後に自分と、行った方に言いたいです。
「お疲れ様でした~~~~~~」。

|

« いざ、夏コミへ!!(前編) | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン98)感想 »

コメント

 みかりんさん、コミケお疲れ様です。
私は初日と3日目に行きましたが、
初日は朝9:00に到着、
三日目は朝7:00に到着しましたが、
もう既に物凄い人が並んでいました。

 今回が初めてのコミケだったのですが、
最初は列の最後尾がどこにあるのか
探すのが、とても大変でした。

 足も疲れたしヘトヘトだけど、
なぜか一度行くと、また行きたいと
思ってしまいます。
疲れたけど、楽しかったです。

投稿: PEN:PEN | 2006年8月14日 (月) 06時10分

お疲れ様です、PEN:PENさん。
コミケデビューですね!・・・私もそんな日が・・・・(←遠い目・・・・/笑)。

朝の7時や9時でそんなに並んでいるのですか・・・・最近、着くのが12時(昼)ごろなんで、並ばずに入っています。
以前、前日から泊り込みとかあって、問題になったことがありましたが、今はもうなくなっていると思います。
それでもそんなに混んでいるとは・・・・。
あまりまわることもなく、大手のサークルさんじゃない場合(大手さんは午前中で売り切れになる場合があります)は、この12時頃をお勧めします。
着いた時に帰りの切符購入もお勧めです。

疲れるんだけど、なぜかまた行きたくなるんですよね、このコミケって。
本作りもそうらしいですよ。一度やめて、もうやめよう!と思っても、なにかにはまるとまた本を作ってしまうそうです。
(人はそれを『底なし沼』と呼ぶ/笑)。

投稿: みかりん | 2006年8月14日 (月) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/11403107

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、夏コミへ!!(後編):

« いざ、夏コミへ!!(前編) | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン98)感想 »