« ケロロ軍曹(再放送)第73話「198×・僕たちの夏休み」 | トップページ | アニメ・武装錬金 第19話「君さえ守れれば」感想 »

「遊戯王GX」(ターン122)感想

どことなくホラーっぽくなってきました。
というか、漫画「漂流教室」と同じ設定なので、展開も似てしまうのかもしれません。

ゾンビ生徒になった生徒たちが、次々とターゲット(ゾンビ生徒でない生徒)にデュエルを挑み、やがてゾンビでない生徒もゾンビとなる・・・・。

一般的にゾンビというと、死体が動きまわりますが、今回のゾンビは「ゾンビ」というより操られた生徒たちの名称のようです。
(ま、確かに多数死亡した生徒・・・・なんて放送モラルに問題がありそうです。子供も見てるし・・・・)。

そんな中、いち早く万丈目もゾンビに!!
彼は、光の結社のときも早くに洗脳されてるし、洗脳されやすいのでしょうか・・・?

ヨハン「関わらない方がいい」。
う~~~ん、ヨハンって適切な意見を述べるようです。
周りの状況がよくわからないし、この場合ヨハンの意見に賛成。
この場にヨハンやいろんなミッションを経験しているオブライエンがいるのは心強い気がします。
もし十代、翔、明日香たちだけだったら・・・・「なんなんだよ~~~~こいつら!!」と言いながらデュエルしまくる十代?
・・・・シリアスでなく下手したらギャグになりかねないかも・・・・って、これはこれで面白いでしょうか?

「漂流教室」1巻を読んでいるせいか(感想レビュー)、つい共通点を見つけてしまいます。
パンが同じパンだわ・・・とか。
これはこれでゲームの隠れキャラを見つけたみたいで楽しい部分もありますが・・・・この先、同じ展開にはならない・・・ですよね?

|

« ケロロ軍曹(再放送)第73話「198×・僕たちの夏休み」 | トップページ | アニメ・武装錬金 第19話「君さえ守れれば」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/13823904

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン122)感想 :

« ケロロ軍曹(再放送)第73話「198×・僕たちの夏休み」 | トップページ | アニメ・武装錬金 第19話「君さえ守れれば」感想 »