« 映画「超劇場版 ケロロ軍曹」感想 | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン126)感想 »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的21)「傷つく友だち」感想

<あらすじという名のネタバレ>
柿本との戦いで傷ついた獄寺をDr.シャマルのもとへ連れて行ったツナと山本。
その時、ツナはこの事件に関する重要な話をリボーンから聞く。
2週間前、イタリアで集団脱獄がおこりその主犯でもある『六道骸』がこの事件を引き起こしているということだった。骸はマフィアから追放された存在でもある。
そして9代目から「六道骸を捕らえ、人質を救出」する指令をリボーンから告げられる。
最初は無理と思っていたツナだったが、獄寺、ビアンキ、山本、リボーンとともに骸のアジトへと向かう。
アジトはかってツナが両親と遊びに来た場所で、今は廃墟となっていた。
やがて大穴に落ちた山本は城島と戦うことになる。
最初は逃げ回っていた山本だったが・・・友(ツナ)を守るため、勝つのであった。

<感想>
ツナを守り傷つく獄寺。
そして、柿本VS山本か!?と一瞬思ってしまいました。
でも、この2人の緊迫した状態にツナの”のほほんとした雰囲気”(もちろん本人はそのつもりはないだろうが)はちょっと違和感を感じました。
というか今までのほのぼのとした話だった時の状態をツナがまだひいていて、このバトルとなった状態にまだのりきれていないというか・・・。
でも山本らはそのバトルとなった状態にそまったというか・・・・。
ツナと山本→ほのぼのストーリーとバトルストーリーのキャラといった感じです。
ところでリボーンがやたら”人質”って言ってましたが、フゥ太のことだったんですね。
私はてっきり雲雀かと・・・・・(笑)。

自宅であいかわらず平和なランボさんとイーピンに出会うツナ。
ツナ「ちょっと前までの日常がすごく幸せな気がしてきた」
同感です。
この戦いが終わったらまた雪合戦やら学園生活等ほのぼのした生活を送ってほしいです(無理?)。
あ、リボーンは戦闘に不参加ですか!?
残念です~~~~~!!!・・・・リボーンのバトルを楽しみにしておりましたのに~~~~~。
あの体型&あの余裕?の声でのバトルシーンを見たかった・・・!!!

それにしても今回のタイトルはそのまんまでしたね。

<今週の獄寺くん>
柿本との戦いはスピードでかなわないと判断し、”錯覚”を利用して、勝利する。
しかしそこに現れた10代目を庇い負傷。
Dr.シャマルのもとに運ばれた彼はシャマルに頼み、すぐ動けるようにしてもらう。
その後、ツナたちとともに骸のもとへ向かうのであった。

それより・・・・なんですか?あの最初の戦闘場面!随分作画がしっかりしているじゃないですか!!
思わず「獄寺くん・・・・かっこいいじゃない!」と思ってしまいましたよ(笑)。
柿本を倒し、きちんと理論的に説明するその律儀さはすごい(というか、ただ自慢したかっただけだったとか・・・・/笑)。

|

« 映画「超劇場版 ケロロ軍曹」感想 | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン126)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/14144481

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的21)「傷つく友だち」感想 :

» りぼーんあにめ21「傷つく友たち」 [kasumidokiの日記]
毎週このクオリティだったら感想も短くて済むし、嬉しいのだが…。 と思いながら、先週TVアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」を見ました。 感想、遅れてました…。 今週の22「魔手」も見ましたよー。 アニメリボーン第22話は、原作のコミックス... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 13時57分

« 映画「超劇場版 ケロロ軍曹」感想 | トップページ | 「遊戯王GX」(ターン126)感想 »