« ハヤテのごとく!第4話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「看護長におまかせ!」他1本 »

「遊戯王GX」(ターン132)感想

OPの絵が変更!!
最初、異世界へ行く事だし、OP変るかな~~~って思っていたら、変らず立っている十代でしょ?
なんだ!変らないのか!!・・・・って思ったら、吹雪兄、三沢が登場(レイちゃんやマルタンはいなくなりました)、しかも、エドやヘルカイザーが登場。
微妙にいろいろ変っております。
後半の十代の回想シーンは、『ヨハンとの思い出』!!
十代たちにとり、この冒険?の目的は”ヨハン捜し(←ここで「アモンは?」というつっこみはなし)。
だからこの場面は、なかなかいいと思いました。十代たちのヨハン捜索の決意の表れのようで。
でも!最後の絵に三沢がいても、吹雪兄がいないのが不満(笑)。

さて、内容について。

十代たちと離れ離れになった翔たち(でも、すぐ合流しますが)。
みんな今後の話をしているという中、一人自分の世界に入り?計算をしている三沢。
なにもいきなり計算し始めなくても!・・・・って思う中、誰もそのことを気にしていない明日香らもすごい(笑)。
しかも翔や剣山が十代の心配をしている中、いなくなっても誰も三沢のことを気にしてません(←ある意味、影薄い?)。

タニヤさん、登場しましたね!
このままかってデュエルした相手とか、でてほしい気がします。
以前、十代が行った異世界とか(ペンダントをもらった話)、大徳寺先生がなぜか登場とか(笑)、違う次元でのアカデミアに紛れ込んでしまうとか・・・・。
そこは漫画「遊戯王GX」世界で、アニメの万丈目VS漫画の万丈目!!・・・・というのは無理でしょうねえ。
(だって、万丈目なんて全然性格違うし、明日香べた惚れの三沢を見て、アニメの十代たちはどう思うか?・・・・・なんて、ここまでくると、もう同人誌ネタ?)。

ここに残ると言う三沢。
翔「タニヤと一緒にいたいんじゃ・・・?」
ナイスツッコミ!!翔・・・・私もそう思っておりました(笑)。

今回、十代がデュエルをしてますが、今までの「ワクワクデュエル」と違って、余裕がない気がします。
というか、楽しんでいないというか。
こんなところに来ても楽しんでしまうというのは何ですが、でも十代がマルタン(ユベル)の話の時、異世界にいても楽しんでたので、こんな窮屈そうな十代はみてても気が重くなります。
今まで通りに、楽しそうにデュエルをしてほしいですねえ。
それとも負けたら死ぬという「死への恐怖」なのか。
「ヨハンへの責任」・・・・だとしても、こんな楽しくなさそうなデュエルをする十代をヨハンは、望んでいないのでは?と思いました。

|

« ハヤテのごとく!第4話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「看護長におまかせ!」他1本 »

コメント

みかりん、こんにちは!オープニングやっぱり変わっていたのですね。まぬけな私は「あれっ、吹雪さん今まで出てたっけ?早送りで見ていたから気づかなかった」と早とちりしておりました。新たに追加なら、今後登場回数増えますね♪
十代、ここにきて暗めです。命を賭けたゲームとは段々闇のゲームののりですか。さすがにワクワクとはいかないようですし、ヨハンやユベルのことがショックだったのでしょう。みんなを助けた回のヨハンは主人公ばりでした。あそこまでクローズアップしたから、救出劇はしばらくかかりそうですね。

モクバくんも兄サマを残し、再び異世界ですか。う~ん、けなげだわ。もう少し兄サマとの時間をゆっくり過ごして欲しかったですね~。友達思いのモクバくんなら仕方ないですか。また思いつくことがありましたら、「モクバくん」登場下さい。お疲れさまでした!

気になりながら見そこねていたハヤテのごとくをみかりんの感想につられて見てみました。独特の雰囲気でケロロのように子ども向き?大人向き?と見方が分かれそうですね。
執事になったいきさつなど、感想を読み返してわかりました。そういう出会いでしたか。ちょっぴりわかって助かりました☆

投稿: pine | 2007年4月25日 (水) 12時25分

こんにちは。
OPはさりげなく変っているので、あまりよく見てないとわかりにくいかも。
吹雪兄、万歳!出番を増やし、この重苦しい雰囲気をぶっとばして!!(笑)
・・・・そうなんですよね「命をかけたデュエル」なんて益々暗くなってしまいます。しかもあっかるい十代があんな様子でしょ?見てても気が重くなりそうです。

>モクバくんも兄サマを残し、再び異世界
運命は決まっていると言い放つ、バードマン。
「そんなことない!兄サマは、いつだって、いつだって・・・・自分の運命は自分で切り開いてきたんだ!!」
「モクバ?」
「十代!!運命は自分で切り開くものだ!・・・・ヨハンを捜すのも、オレたちが選んだロード・・・・オレたちの運命は、オレたちが決めるんだ!!」
「そうだな・・・・わかったぜ、モクバ」

・・・・・このターンにモクバがいたらこんな発言をしたんだろうな~~~~と思いました。
「遊戯王」って結構運命論とか、心の闇とかに関する話が多いので、兄サマの人生に関連しそうな内容でもあるので、わりと話はつくりやすいかも。ただ、パターン化してしまうんですけどね。
そのうちモクバ登場話を再開したら、また読んでやってください。

>ハヤテのごとく
誘拐を目的とした言葉を「愛の告白」と勘違いしたナギが、別の人に誘拐され、それを助けるハヤテ。お礼もかね、ナギは「執事にならないか」とハヤテに言う。
というのが、執事のきっかけ(というか2人の出会い)。
ハヤテのごとくはなんとなく題名をきいていたので(作品は全然知らない)、武装錬金の感想も終えたことだし・・・・でレビューを始めました。
しかし、予想外(失礼!)に面白い。アニメパロだらけです(多少マニアっぽいネタもあるので不明点も多いけど・・・・・)。
なにより、ハヤテがナギを助けに行動する場面は自分がナギのように「守られている」気分で見ていられるのが面白いです。

ところで、ケロロ放送の後リボーンが「この後すぐ」と現れ(番組繋がってるし)、その後、ハヤテのごとくのアニメ宣伝があるのですが、それをみるたびに「なにも感想レビューを書いている3本を連続に流さなくても」なんて思ってしまいました。
・・・・っていうか、4本ともテレビ東京だわ・・・・。

投稿: みかりん | 2007年4月25日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/14823519

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン132)感想 :

« ハヤテのごとく!第4話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「看護長におまかせ!」他1本 »