« アニメ・ケロロ軍曹「絶好調!」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第2話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」 »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的26)「終わりとそれから」感想

<あらすじという名のネタバレ>
ツナの反撃が始まった。
小言弾を受けたツナは圧倒的に強かった。
そんな中、骸は自分の計画をツナに話し始める。
「世界の要人に憑依し、やがて世界大戦へ。まず手始めにマフィアのせん滅から」と。
そして一時、油断したツナに攻撃した骸の勝利かと思ったとき、ツナがXグローブを使い、勝つのであった。
倒れた骸に近づく柿本と城島。
実は、彼らは『特殊弾』の人体実験にされていたことを語り始める。
やがて、掟の番人が彼らを裁くために連れて行くのであった。
また、ボンゴレの医療班が到着、ランチアは解毒剤で助かり、山本らみんな運ばれるのであった。
一ヵ月後・・・・・。
山本の野球試合をツナ、ハル、京子らみんなで応援しに出かけていた。
今までの戦いがウソのような楽しい時間・・・・・そんな時、不審なものを感じたツナだったが、気のせいかと思う。
そこには、親子が歩いていた。その子供の瞳は骸と同じ瞳が・・・・・。

<感想>
前回も思ったんですが、骸口調の獄寺とか、柿本とか中々よかったので、「この声でも”骸”役は違和感ないな」と思ったんです。
が・・・・本家本元骸が現れた時、う~~~~ん、これは、やはり違う!!と思いましたねえ。
なんというか、声の強弱やアクセントがちょっと違うんですよ。
しかもその雰囲気が骸の不気味さを醸し出しているんですよねえ。
でも、もう少しみんなの骸口調が聞きたかった・・・・(雲雀さん、憑依時間短かったから、セリフすくなかったし・・・)。

途中ツナの攻撃を受け「ボクを倒した男か・・・・」とツナのことを言い、自分に留めを刺すように言う骸。
随分あっさりと骸らしくない!・・・って思っていたら、やはりワナ(演技)だった。
そこで油断するツナ。まだまだ甘い?10代目!って、しかたないですか。
骸が語っていた時のツナの表情が寂しそうにみえました。

掟の番人に連れて行かれる骸たち。
「マフィアの掟」。非情な世界を痛感します。
ツナは非情な凄い世界に足を踏み入れた事になるのね・・・・・と感じましたが、ツナ本人はまだそんなに実感していないように見えました。

ラスト。
骸は生きていて、子供に憑依していた・・・・。
これで映画『オーメン』のラストシーン(ダミアンが振り向くシーン)を思い出してしまったのは私だけでしょうか?
そういえば、ダミアンも頭に”666”の文字が・・・!!!
6ってあまり縁起のいい数字じゃないのかなあ(あ、”サイコロ”も6だ!!←意味不明)。

|

« アニメ・ケロロ軍曹「絶好調!」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第2話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/14593466

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的26)「終わりとそれから」感想 :

» REBORN 標的26 「終わりとそれから」 [●○PEKO LIFE●○]
超死ぬ気のツナ…かこイイヽ(*´Д`*)ノ 感想は続きからどうぞ!!! [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 22時01分

» REBORN!標的26「終わりとそれから」 [Sweetパラダイス]
骸様、嫌なヤツだけど可哀相な人なんですね「マフィア」を憎むのが分かったお話です『お前を倒さなければ死んでも死に切れない!!』早く極寺くんから出て行け!!小言弾で超直感に目覚めたツナは、極寺くんたちを使った骸の攻撃にも冷静に対処できるように毛糸の手袋が進...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 22時56分

» 家庭教師ヒットマンREBORN!標的26 終わりとそれから [Black Paradise]
みーくんが居る! 黒曜編は今週で終わりですねー。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 01時31分

» 家庭教師ヒットマン REBORN! 「終わりとそれから」 [自由で気ままに 〜L'ala di liberte&agravei〜]
骸編の終わりみたいです [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 00時47分

» ユーチューブ リボーン 動画 [ユーチューブ動画FAN]
ユーチューブでリボーンの動画が見れちゃいます♪ リボーンとはもちろん、家庭教師ヒットマンREBORNのことですが 今、話題なんですね。。リボーンは、『週刊少年ジャンプ』2004年26号より連載中の、 天野明作の少年漫画で「かていきょうし」ではなく「かてきょー」と読むのがミソです ... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 02時20分

« アニメ・ケロロ軍曹「絶好調!」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第2話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」 »