« 「遊戯王GX」(ターン131)感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「合体!ケロロロボ」他1本 »

ケロロ軍曹(再放送)第103話「まごころを君に」

ガルル中尉により、ケロロ大尉となったケロロだったが・・・・という1本。

ケロロが今までの楽しい思い出を忘れてしまったことの悲しみを訴える冬樹。
見ているほうも冬樹の心の叫びが伝わってきました。
この気持ちはケロロにも伝わり、ケロロはもとのケロロ軍曹に。

それからのケロロの反撃はすごいです。
ケロロの言葉により、タママ、ギロロ、ドロロと復活。
そして、クルルの反撃。あの笑い声が不気味・・・・。
トロロがいい気になっているところを見事につきおとす・・・・まさに自分がやられたことの報復というか、目には目を、でしょうか。
いきなりコンピューターが止まり、驚くトロロはきっとこんな経験は久しぶりなんでしょうね。
以前、本部ではもっとましなオペレーターがいたことを言っていたトロロ。
「それって、クルルのことだったりして」と思っていたところ、やはりそうだったらしい。
しかも、かってクルルの作ったプログラムを改造(改悪/クルル談)したのをトロロが使用したみたい。
それにしてもこんな短時間でプログラム壊滅プログラムを作成したクルルはすごい。いくら、かって自分が作ったプログラムだとしてもね。

結局、ガルル中尉は撤退するのでした・・・・どうやら、ペコポン侵略代行は本気でなかった様子。
軍曹たちを試したようにも思えました。

終わりのほう、静止しているネコの頭をなでるギロロは見てて、かわいかったです。

これで、再放送は終わりとなりましたので、この感想も終わりとなります。
土曜に移動した、本放送感想レビューはまだ続けますので、よろしくお願いします。

|

« 「遊戯王GX」(ターン131)感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「合体!ケロロロボ」他1本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/14657120

この記事へのトラックバック一覧です: ケロロ軍曹(再放送)第103話「まごころを君に」 :

« 「遊戯王GX」(ターン131)感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「合体!ケロロロボ」他1本 »