« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的29)「恋人はブロッコリー?」感想 | トップページ | 「アニキャラEXPO」へ。 »

「遊戯王GX」(ターン134)感想

オブライエンらが止めたにもかかわらず、(ヨハンらしき)少年を救出に行く十代。
明日香たちは十代を追っかけるというなか、オブライエンとジムが残ったのはやっぱりという感じです。
十代のこういう行動に慣れていますしね。(というか、こうなりそうなのを予測していた?)

助けた少年はヨハンではなかったのですが、その少年を消してしまったことに怒りを感じ、デュエルをする十代。
「命をかけるデュエル」ってわかっていながら、またデュエルですか?
しかも自ら・・・・・その後追い詰められて「オレは死ぬ?」と動揺しているのをみると、もう少し考えてほしいなあ、と思ってしまいます。

フリード隊長がカードとなったのをみて、「遊戯王」でのマハードを思い出しておりました。

十代「フリードのように例えこの命を投げ打っても・・・・どんな犠牲をはらってもオレは・・・・!!」
でもさ、十代、そんなことしてヨハンを救出してもヨハンは喜びませんよ。
というか、小・中学生がみていると思うこのアニメにこんな自分の命を軽くみているようなセリフを、主人公に言わせていいのかな?と思います。
結局、十代のかってな行動により明日香たちに迷惑をかけてますし、自分の存在というものを意識していないです。
命はその人本人のものだけではない、のですから。
明日香「なんで・・・・・こんなことで命が・・・・」。
私も、こんな設定にしたスタッフに言いたい。

明日香「十代についていったらいつか私たちも・・・」。
やっと、ことの重大さを認識したという感じです。
剣山も来なければよかった、と言ってますし、後悔して・・・・ついに内部分裂に発展!?
でも、明日香や剣山、万丈目らは自ら行くと言い出したのと違い、巻き込まれてこんな危険な世界に来てしまった三沢や吹雪兄のことを思うと気の毒な気がします。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的29)「恋人はブロッコリー?」感想 | トップページ | 「アニキャラEXPO」へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/14928237

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン134)感想 :

» 遊戯王 [遊戯王]
遊戯王のファンブログです。レアカードやイベント情報なんかもレポートしていきたいと思っています。遊戯王OCGの初心者デッキ構築や戦術も! [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 15時04分

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的29)「恋人はブロッコリー?」感想 | トップページ | 「アニキャラEXPO」へ。 »