« 「遊戯王GX」(ターン137)感想 | トップページ | 「遊戯王R」第3巻 感想 »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的32)「市民プールに鮫が出た」感想

<あらすじという名のネタバレ>
泳げないツナが泳げるように市民プールにつきあう山本。
山本の指導のもと泳ぎ方を習うが、うまくいかない。
そこへハルが現れ、ハルが教え始める。
しかも獄寺まで現れ(全部リボーンがしくんだこと)、結局誰がツナを教える事にするかもめて、30分ずつツナを教えることとなった。
後に京子の兄、了平まで現れる。
そしてリボーンはイルカを連れて来るが・・・・実はそのイルカはボンゴレが育てたイルカで、サメ以上の凶暴さを持っていた。
逃げるツナ。
市民プールにいたランボ&イーピンも巻き込み、市民プールは大混乱となるが、最終的にはツナは目標としていた15mを泳げたのだった。
学校での水泳の授業。
さっそく、泳ごうとするが・・・・・平泳ぎでの泳ぎ方。
クロールの練習をしていたツナは結局泳げずに、女子の練習と一緒にするのであった・・・・。
そして自宅に帰ったツナを待っていたもの・・・それは、壊れてしまった市民プールのウォータースライダーの弁償代、30万円であった・・・・。

<感想>
練習してもなかなか泳げないツナ。
ツナ「そんな簡単にダメツナから変れるわけないんだよ」。
と、諦めムード。
・・・・・骸戦のないドタバタギャグアニメのまま(または始まってまもないころ)ならまだしも、骸と戦い、ほとんど別人の如く(?)骸と戦ったことのあるツナをみた後でツナがこういうセリフを言っても、説得力ないです。
思わず、骸との戦いで変ったんじゃない?と思ってしまいました。
あんな戦いをしたというのに、未だ自分のことをダメツナと思っているんだろうかとも思いました。

ツナを助けるべく、プールに飛び込む了平。
・・・・そんな浅い所で飛び込んで大丈夫だろうか?と思いました。

後半、イルカが現れた後の混乱が面白かったです!
ランボとイーピンを巻き込んでの逃走。泣いているランボ・・・・かわいかったです・・・・。
このあたりテンポもよかったと思います。
もうほとんど(リボーンに)遊ばれているようなツナ・・・・災難続きですね。

本当は京子ちゃんも市民プールに来てほしかったです。京子がイルカとの混乱に巻き込まれ、ピンチのとき死ぬ気弾を受け助けるツナ、とか。
「ツナくん、がんばって~~~~~!!」と応援してる京子に、「京子ちゃんがみている」と頑張るツナ・・・結果、いつのまにか泳げるようになっていた、とか。
さすがにリボーンも京子ちゃんにはプールのことを知らせなかったみたいですね。

|

« 「遊戯王GX」(ターン137)感想 | トップページ | 「遊戯王R」第3巻 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/15187800

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的32)「市民プールに鮫が出た」感想 :

» 家庭教師ヒットマン REBORN!「市民プールに鮫が出た」 [自由で気ままに]
もうそろそろプールとか海の季節 [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 11時08分

« 「遊戯王GX」(ターン137)感想 | トップページ | 「遊戯王R」第3巻 感想 »