« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的32)「市民プールに鮫が出た」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あのころジョリリ」 »

「遊戯王R」第3巻 感想

3巻を読む前に4巻を読んでおりますので、やっと全体の流れをつかんだ感じです(1、2巻はすでに読んでいます)。
今回の主なデュエルは、

①城之内克也VS北森玲子
②デプレ・スコットVS武藤遊戯(表)

袋とじカードは『冥府の使者ゴーズ』。
今回、遊戯王R本編とは別の話も収録されています。読みきりで短いですが、面白かったです。

では、本編。

城之内の対戦相手、北森玲子。
眼鏡っ子で城と本田も思っていますが、大人しそうな女の子です。
う~~~ん、こういうキャラって今まで「遊戯王」にはいないキャラでは?
舞にしろ、杏子にしろ割と気の強い女性キャラが多いし、静香ちゃんも言う時ははっきり言うし、こういう大人しいキャラ珍しい気がします。
デュエルを始めわずか一ヶ月ちょっとの状態で城とデュエルしますが、なかなか強い。
「時間稼ぎ」「捨て駒」と本人は言ってますが、どちらかというと短期間でここまで強くなったからその実力を認められ、カード・プロフェッサーになったんじゃないかと思います。
才能のある人は短期間で伸びる、ともいいますし。
この玲子ちゃん、その独特の雰囲気で城もやりにくそう。
そりゃあ今までと違う(と思う)性格の子とのデュエルなんて調子狂うだろうなあ。
結局、城が勝ったけど、苦戦してました。
(さりげなくあった本田のツッコミぶりが懐かしい/笑)。

でも、勝ったというのにそのルートはそこで行き止まりの道。
もう、杏子を助けられないのか?と悔しがる城・・・・の殴った扉が開いて現れたのは、海馬モクバ。
モクバ「城之内・・・・本田・・・!」。
キャ~~~~~久しぶりのモクバのUP!!
このきょとんとする表情が、かわいいです!!
ここで城たちと合流したんですね。
4巻の感想でも書いたのですが、「遊戯王R」のモクバは原作初期に近く、個人的には好みではないのですが、こういうモクバもいいかなあ、と思っております(そういえば、城之内も時々原作初期の表情をするときがありますね)。
でも、たまにはアニメのように妹ぶりも発揮してね、モクバくん♪(笑)

そして、表くんの対戦相手となるデプレ。

このデュエルを読みながら、やっぱりW遊戯の関係はいいなあ・・・と思ってしまいます。
お互いの絆がしっかりしているのがよくわかりますから。

さて、収録されている「特別デュエル 冥王、召喚!!」。
双六じーさんのゲーム屋主催の「デュエリストレベル認定大会」の話。
協賛:海馬コーポレーションって・・・・・たぶん兄サマは「くだらん!」で終わりそうなので、モクバの協力のもと開催されたんだろうと、推定(笑)。
短いですが、後の『闘いの儀』への布石という感じで、よかったです。

3巻はW遊戯が好きな方、お勧めだと思いますよ~~~~。

<関連記事>

「遊戯王R」第4巻感想

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的32)「市民プールに鮫が出た」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あのころジョリリ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/15198757

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王R」第3巻 感想:

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的32)「市民プールに鮫が出た」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「あのころジョリリ」 »