« ハヤテのごとく!第17話「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »

映画・アニメ「時をかける少女」感想

久しぶりにレベルの高いアニメを観た気がします。
日本アカデミー賞、アニメ部門で最優秀作品に選ばれるのも納得しました。

まず、ストーリーが自然でいいです。
作品によっては、そういう方向に最終的にもっていきたい、という作り手側の意図がみえる場合もありますが、この作品は極々自然で、各キャラクターの行動は大いにありえそうです。
演出もよく、主役、真琴がタイムリープする場面はわかりやすく斬新な印象を受けました。
それと、背景。
特にあの澄み切った夏の青空が作品にマッチしていて、すがすがしさを表しておりました。

試験や進路・・・・なんて、自分の高校時代を思い出し、そういう意味でも楽しめました。

ちなみに、『意外な真実』ということで、「きっと、タイムリープするこの世界は、自転車で事故にあった真琴が意識不明となり、病院で寝ているときにみている世界だったというオチかもしれない」と途中までそう思い込んで観ておりました(笑)。

でもどちらかというと、実写版の方が印象深いです。特に当時、この実写版の監督、大林監督の作品が好きで(「転校生」とか)よく観ておりましたから。

|

« ハヤテのごとく!第17話「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »

コメント

みかりんさん、こんばんわ~♪
いい作品でした!タイムリープで時間経過はむちゃくちゃなのにすごく自然なストーリー展開、ラストの真琴の心の成長も納得。
芳山和子の声を原田知世さんがやってたら・・・それも一興でしょうが。
「転校生」のマンガがあるそうですが、本屋さんで探しても見つからないんです(涙)
では、また~

投稿: ゲロロ艦長 | 2007年7月25日 (水) 22時30分

ゲロロ艦長さん、コメントありがとうございます。

「時をかける少女」は5月に放映された「ブレイブ ストーリー」を観たばかりなので、そんなに期待しないで観ておりました。
でもその完成度の高さに驚きました。それぞれのキャラクターも魅力的に描かれておりましたよね。
私も和子の声を原田知世さんが演じてほしかったです。

「転校生」の漫画って、三国桃子さんで角川から出ている本でしょうか?
知らなかったですよ。
私の記憶の「転校生」の漫画って、以前なかよし(講談社)に連載されていた「なんとかしなくちゃ」(いでまゆみ)なんですよね(笑)。
この頃、「なかよし」を買ってたので、よく覚えています。
「転校生」は2007年、「転校生 さよならあなた」を公開してますが観ておりません。
大林監督なんですが、場所が尾道から信州に変ったそうですし、どうかな、と思いましたから。
やはり自分の中では転校生=尾道のイメージが残っているようです。

それでは、トラックバック、ありがとうございました。

投稿: みかりん | 2007年7月26日 (木) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/15866358

この記事へのトラックバック一覧です: 映画・アニメ「時をかける少女」感想:

» 時をかける少女 [Anellia Neo]
20日(金曜日)の深夜に実写版、21日(土曜日)の夜にアニメ版をやっていた「時をかける少女」。何か時間がなくて日曜日に実写版、月曜日にアニメ版を観ました。ちなみに、アニメ版だけではなく実写版を観るのも今回が初めてでした。 実写版 放映枠の時間の都合らしく編集版ということなので、機会があったら編集されていないバージョンを観たいと思います。アニメ版の宣伝も兼ねていました。 尾道の風景が古き良き日本の原風景を感じさせるノスタルジックなところが良かったんですけど、ただ、「バイビー」... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 16時02分

» 時をかける少女 [144分の1から]
土曜プレミアムで昨年公開されたアニメ「時をかける少女」が地上波初登場。 日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞をはじめ数々の賞を総ナメにした本作。我輩不覚にも観てませんでした。(ゲド戦記は見たんですけど・・... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 21時56分

» [映画]時をかける少女 [落とし穴には気をつけろ!]
見たい見たいと思っていたら、TVでやってくれました。ありがとー すっごくよかった まず設定がいいよね。男の子二人と女の子の3人組ってのが凄くうらやましい。それに、主人公が元気のいい女の子なのが現代風でいいです。 最初、タイムリープの能力を手に入れた時には、割とくだらないことに能力を使って楽しんでたのに、途中から深刻な事態を回避しようと必死になって。。。坂道を下る自転車を必死で追いかけるあたりは、ドキドキしました。 真琴はタイムリープ能力を得たことで、何度でもやり直せると天狗になっていたけれど、... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 00時27分

» 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる [はらやんの映画徒然草]
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 09時36分

« ハヤテのごとく!第17話「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »