« 漫画「遊戯王GX」第2巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的44)「奪われた大空のリング」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「ヤマトとカプー」

カッパがでるという池に出かけた冬樹。
そんな彼を追ったケロロでしたが、その地で『カプー』という未知なる生物に間違えられ・・・・・という1本。

ヤマトとカプー。
彼らは出会い、ヤマトの友人らとともにいろいろな冒険を繰り広げる・・・・という世界観に紛れ込んでしまったケロロと冬樹、という印象を受けました。
カプーとはこういう人物、というのはヤマトたちの会話でなんとなくわかりますが、今ひとつこの世界観に入り込めませんでした。
どちらかというと、30分じゃあ短い内容の気がします。
(というより、ヤマトとカプーの話の後日談、またはいなくなった時のエピソード、といったところでしょうか)。
未知なる生物との出会いにより始まるストーリー、という設定がある意味「ケロロ軍曹」に近いので、ヤマトがカプーを気にするのを、冬樹とケロロを重ねてしまい、その気持ちはわかるような気がしました。
いつか本物のカプーが出てきて、ケロロと間違えられる話もみてみたい気がします(笑)。

さて、内容。
カッパのでる池に着くためのバスは、2時間に1本しかでていなかった!!
・・・・ということで、歩き出した冬樹(徒歩2時間らしいので、バスとあまりかわりないようです)。
陽射しの強い中、歩く冬樹・・・・冬樹くん、夏は帽子を持参したほうがいいよ!と思ってしまいました。
余談ですが、この時期、日傘は私の必需品。

冬樹を追ってきたケロロを見つける冬樹。
と、急にケロロを連れ去る男の子(ヤマト)が!!
ケロロ「敵の捕虜になったでありますか」
・・・・・そういえばギロロが最初ケロロを見つけ出した時掃除等しているケロロを見て、捕虜になったと思われたんですよねえ・・・・。

そして、ケロロを返してもらうべく、池に飛び込む冬樹。
冬樹はこういうやる時はやるんですよね。
・・・・・で、ケロロとともに帰っていった冬樹でした。
(実は最初から、ヤマトはカプーではないとわかっていたようです)。

ヤマトの声って松本さんなんですねえ・・・・・途中から気付いたのでケロロを連れ去る時「カプー、ゲットだぜ!」とでも言ってほしかった(笑)。

次回、2本です。

|

« 漫画「遊戯王GX」第2巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的44)「奪われた大空のリング」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/16076056

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「ヤマトとカプー」 :

» ケロロ軍曹 第173話 [ACGギリギリ雑記]
『ケロロ ヤマトとカプー でありんす』 カプー、ゲットだぜ!?(マテ おもいっきりサトシなヤマトと、謎の河童カプーとの友情物語・・・ に、巻き込まれた軍曹と冬樹の夏の思い出w めずらしいお話だったんで、原作の中でも... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 04時09分

» ケロロ軍曹 第173話 [ GREENRoom内]
「ケロロ ヤマトとカプー」 見ながら書いてゆきます。でありんす。後悔のノート。ケロロがケンシロウ。胸の☆も七つ。自分の宝物を壊されたら…コロス。怒った冬樹くんは激恐い。恐れるケロロかわいい。あれは冷や汗?失禁したのかと思っ。夏は帽子を被ったほうがいいぜ、冬...... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 14時25分

» 8/11ケロロ軍曹173話 [144分の1から]
「ケロロ ヤマトとカプー」でありんす 原作コミック14巻 百拾弐話「暑中物語混線模様・・・」をほぼ忠実に再現。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 21時44分

» ケロロ軍曹 第173話「ケロロ ヤマトとカプー でありんす」 [■■テラニム日記2■■]
15巻 シリーズ内ではけっこうある「ちょっとしんみり系」のハナシ。 感想は書きづらいw 「ちょっとした出会いと別れ」ですな。 なお、原作マンガにあるエピソード。 カッパ池のヌシはケロン人でした〜... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 00時36分

« 漫画「遊戯王GX」第2巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的44)「奪われた大空のリング」感想 »