« アニメ・ケロロ軍曹「機械化大作戦」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第32話「魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン」 »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的56)「ごくでらのはなし」感想

今回は獄寺がランボさんにリング戦に関して、今までのいきさつ及び守護者同士の戦いを語る話。
本人はよくわかっていないようですが、雷の守護者なのでどういういきさつや他の守護者の戦いを知る権利はあると思い獄寺は話していると思いますが・・・・。
私には、単に獄寺が誰かに10代目の素晴らしさを語りたいだけ(笑)のように聞こえました(特にランボを助けるツナや自分に優しい言葉かけをしてくれた場面とか)。

というか、ランボさんは気がついたとはいえ、まだ完全によくなっていないのです。
そんな状態のランボさん相手に長々?と語るというのも・・・・いかがなものでしょうか、獄寺くん?

総集編も含んだ守護者同士の戦い。
長い戦いなのでどんな風にまとめるかと思ったら、まあまあうまくまとめたと思います。
でも、戦いの終わりのほう(嵐のリング戦あたり)から時間の関係なのか戦いが短いような・・・・(獄寺の戦いは短すぎるし←きっと負けたので、あまり話したくないに違いない/苦笑)。
バジルやスクアーロとの出会いシーンが長かったような気がするのでそれをうまく調整すれば、守護者同士の戦いをもっと長くできたのではないかと思いました。

最後に、病院を訪れるツナ・・・・学校帰りなら、京子ちゃんやハルと一緒に来ればいいのに、と思いました。
あんなにランボさんを心配していた京子ちゃんとハル。
きっとケーキ持参で病院にくるんでしょうね。

<おまけ>

獄寺:リ、リボーンさん!?いつからそこに・・・!!!!
リボーン:最初からだ。
   (誰もいないと思いランボに話をしていた獄寺)
   (でも、そこには花瓶に変装したリボーンがいた)
リボーン:・・・・と、ここまでが守護者同士の対決話だ。
   (その後も話続けるリボーン)
獄寺:あ、あの~~~リボーンさん、誰に話しているんですか・・・?

・・・・って、獄寺はそう思ったに違いない。
リボーンの視線も変っているし(笑)。

次回はいよいよ大空戦。

|

« アニメ・ケロロ軍曹「機械化大作戦」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第32話「魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/16962993

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的56)「ごくでらのはなし」感想 :

» REBORN!#56「ごくでらのはなし」 [Sweetパラダイス]
今回は総習編でした。大空の守護者対決をひかえ、ランボが目を覚ましたと聞いた極寺くんは差し入れを持って入院先の病院へいつもはけんかばかりする極寺くんとランボ。極寺くん、いいところあるじゃないぎゃ〜〜〜〜〜極寺くんに食いついちゃダメ!!何!極寺くんが持って...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 21時19分

« アニメ・ケロロ軍曹「機械化大作戦」他1本 | トップページ | ハヤテのごとく!第32話「魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン」 »