« 「遊戯王GX」(ターン166)感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的62)「駆け引き」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「あいつとララバイ伝説」 他1本

最新式の掃除機に買い換えようかしら、と秋ママが話しているのを聞いたケロロ。
そして、ケロロは心の相棒(掃除機)を改造するが・・・・という前半。

最初題名から「あいつとララバイ」と「バリバリ伝説」を思い出していたんですが、調べてみるとこの2つは劇場用アニメとなっており、しかも併映作品でした。
アニメ映画化はなんとなく覚えてましたが、併映は覚えておりませんでした。
2つともバイクの作品なので、バイクのように掃除機を乗り回すケロロ・・・・ということでこの題がついたのでしょうか。
私はこの作品は観ていないので、はっきりとはいえませんが・・・・。

「結局メーカーが買い替えさせたいわけでしょう」とケロロが使い捨て・大量生産社会を批判している場面は頷いておりました。
最近テレビのデジタル化移行は、今あるテレビをそのままなにもしないで使う事は出来ないので、国家ぐるみような気がしてしかたないことを思い出してました。

結局、買い替えをやめ、壊れた掃除機を「普通の最新式くらいに直す」とクルルに頼む秋ママ。
え!?クルルの「普通」って、とんでもない掃除機じゃぁ・・・・・と思ったんですが、秋ママからの依頼のせいか?まともな掃除機になってました。

後半。
ガンプラ作りを冬樹に勧めるケロロ。
でもあんまり専門的(細かい)すぎる要求にやめてしまう冬樹を嘆くケロロの前に現れたのは、プラモ大魔王であった・・・という話。

最初、プラモ作りを競い合い(プラモ対決)、作る事に対する専門的知識や用語が連発する話かと思っておりました。
プラモに興味がない私はつまらない話だろう・・・と軽く思いながら見てたのですが、いえいえ、実は「楽しく作る事が大切」という意味のある内容でした。
ガンプラに限らずなんでもある程度の技術を得ると、どうしても段々と専門的になりがちなんですよね。「こだわり」もでてきますし。
高レベルの技術は芸術的でもあり、それはそれで大切ですが、「楽しんでやること」も大切です。
楽しまないと、長続きしませんしね・・・・・そんなことを思い出させる話になっておりました。

その後、それを悟ったケロロは専門的なことを気にせず冬樹にプラモ作りをまた勧めます。
一度断った冬樹でしたが、ケロロがあまりにも楽しそうに作っているので、冬樹も作りたくなったのか、ケロロと作る事にしました。

ちなみに、プラモ大魔王は未来のケロロ・・・・・一生プラモ作りを続けるようです。
そこまで続けられるということは、本当にプラモ作りが好きなんですね、ケロロ軍曹。

次回は2本です。

|

« 「遊戯王GX」(ターン166)感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的62)「駆け引き」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/17455700

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「あいつとララバイ伝説」 他1本 :

» ケロロ軍曹 第191話 [落とし穴には気をつけろ!]
Aパートは「ケロロ あいつとララバイ伝説 であります」。 いつも何かにつけさぼろうとする割に、実は家事にやりがいを見出しているケロロ軍曹。旧式の掃除機を相棒と呼び、大事にしていますが、その相棒が買い替えの危機に。 パワーアップさせてまだまだ使えることを見せつけようという思いつきはいいと思うのですが、そこはケロロ、掃除機なのに何故だかバリバリ伝説で走り屋に ケロロ目がクルル目になってるのが可笑しいです ナッチーに「くだらない」と言われて逆ギレしたケロロは何でもかんでも掃除機で吸い込みはじめます。... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 18時20分

» ケロロ軍曹 第191話「ケロロ あいつとララバイ伝説であります」「ケロロ プラモ王大決戦!であります」 [TV雑記]
来年の話。 ゲロゲロ30分とかやるみたいですねえ~。 いや~来年のケロロも楽しみですねえ。 [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 04時33分

« 「遊戯王GX」(ターン166)感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的62)「駆け引き」感想 »