« カラオケでリボーンのエンディング、『friend』を歌ってみる | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「私もスキーに連れてって!」 他1本 »

ハヤテのごとく!第42話「それは犬と鼠とブルドッグのように」

絵がニセモノだと即座に見破るハヤテ。
ハヤテはなんでもスピーディーかつきちんとこなしてしまうが、弱点や苦手なものがあるのではないかとさぐり出そうとするナギとマリアだが・・・・・。

で、そこに咲夜、伊澄も加わります。この2人もハヤテの弱点に興味を持ちます。

そして、そのまま「第一作戦開始!」とばかりハヤテにいろいろ各自しかける展開になっていくと思ったんですが、学年末試験の話となり、話は違う方向へと。
結局、「ハヤテの弱点は乙女心に鈍感」というオチだったんですが・・・・・これって弱点?・・・といえば、弱点かもしれませんが・・・・。というか、どちらかというと『お嬢様 ナギ』が弱点!?
なんだか話が流されている感じがして、テンポが今ひとつのような気がします。
個人的には、「ハヤテの弱点は?」を主流とした展開にしてほしかったですね。

それにしても、みなさん、多国語を話せるようで・・・・・。

それにワタルが白皇に行きたい理由があるとか、いろいろ伏線がでております。
(この時点で、ワタル、伊澄も飛び級と判明。白皇に本当は咲夜と伊澄が行く予定だったが、咲夜はワタルにそれを譲ったことも判明)。

「ハヤテ」という名前の由来・・・・・借金取りからハヤテのように逃げられる強い子に育ってほしい・・・・って・・・・・。
この両親の言葉を聞いてて、呆れるというより、憤りを感じました。

|

« カラオケでリボーンのエンディング、『friend』を歌ってみる | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「私もスキーに連れてって!」 他1本 »

コメント

原作見読者は今週の話で伊澄、ワタルが飛び級したことを知ったでしょう

今回はA、Bは別々の話で前者は弱点探しで後者が学年末試験となってます

軍曹のようなかえるは原作を読んでいたときも笑いましたし、映像化すると面白さが倍増

真贋を見分ける能力、原作はクラウスが調査していたので、ハヤテのお手柄とならず
大工の源さん(原作は鳥山明風)

伊澄のこわいもは原作はなんだからわからんかったがアニメはモスラーだな

咲がワタルに飛び級枠を譲った話は原作はコミック第8巻の扉絵で本編で詳しくやってません

ドイツ語で数学の問題・・・

投稿: りあん | 2008年1月20日 (日) 21時12分

>今週の話で伊澄、ワタルが飛び級したことを知ったでしょう
それと、ワタルの飛び級に関し咲夜が関連していて、それをワタルが気にしているということもわかりました。

後は原作と微妙に違っていたりしているようですね。

>ドイツ語で数学の問題・・・
学生の頃音楽の授業はハ長調とかそういうのを全部ドイツでの音名で呼ぶ授業があったのですが、その試験では「○○(←ドイツでの呼び方)の短調はなにか」という問題がありました。
もちろん、イ短調とか日本で呼ばれている解答を書くと×で、ドイツでの音名を書かなくてはならず、ドイツ(問題)→日本(問題)→日本(解答)→ドイツ(解答)と答えを導き、答案用紙に記入していたのを思い出しました。
(あ、問題文は日本語ですよ。いわゆる「ドレミファソラシド」→「ハニホヘトイロハ」になり、それをドイツでの呼び方「CDEFGAH」で答えるということです。もちろん私はドイツ語はできません)。
だからハヤテは問題文のドイツ語を日本語に訳し、日本語の解答を書くのだろうか。それとも解答はドイツ語だろうか・・・・と思ってしまいました。

投稿: みかりん | 2008年1月21日 (月) 21時10分

ドイツ語を習得すべき人は医者とか、カルテはドイツ語で書くみたいだし

投稿: りあん | 2008年1月21日 (月) 22時00分

ドイツ語由来の言葉とかありますし、結構日本にドイツ語は浸透しているようです。

投稿: みかりん | 2008年1月22日 (火) 21時04分

こんばんわ~(≧v≦)
おれは、ドイツ語はグーデンターク(あまり自信なし)、シュロス、デル、ヘンゲルぐらいしか分からないので問題外です(ToT)
【↑最後の2つはロクない実ではないじゃん!!】

ワタルの過去話は扉絵でしたか~。
どうりで記憶にないはずですな~(ToT)
不覚……。


そしておれが年末の頃から楽しみにしてた話が、ついに来週実現しますな~(≧v≦)
これでよりあの話が放送される可能性が高くなりましたね\(^o\)(/o^)/
でも問題は、シスターの父親が三千院家の執事(実は、ハヤテだったのにはビックリでした!!!)に倒された話はアニメで放送してくれるかどうかは分かりませんが……。

投稿: シュージロー | 2008年1月23日 (水) 01時16分

こんばんは。

ドイツ語はコーラスで(アカペラで)よく歌いますが、ほとんど日本語(カタカナ)発音で意味もよくわからず歌っております(←おい・・・)。
ドイツ語って英語とまた違った発音があり、難しいです。

次回の話はおもしろいといいですね!

投稿: みかりん | 2008年1月24日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/17764808

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!第42話「それは犬と鼠とブルドッグのように」 :

» 今週のハヤテのごとく!(アニメ第42話) [サクラ咲く夜に]
第42話 それは犬と鼠とブルドッグのように 5分に3回笑わせますって… 確かに笑いどころは多かったんだけど、 小さなお子様が見るような時... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 21時11分

» ハヤテのごとく!第42話「それは犬と鼠とブルドックのように」感想 [ネギズ]
ハヤテのごとく!第42話「それは犬と鼠とブルドックのように」の感想。 [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 21時25分

» ハヤテのごとく! 第42話「それは犬と鼠とブルドックのように」感想 [AAA~悠久の風~]
ハヤテのごとく! 第42話「それは犬と鼠とブルドックのように」感想いきます。 [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 23時28分

» ハヤテのごとく! 第42話 [アミューズエイド]
 借金取りから逃げれるように♪    願いを込めて父さんが♪  つけた名前だ♪  綾崎ハヤテ♪(字足らず  【ニコニコ動画】惑星ロボ ダンガードA 〜OPED(後期版)おまけ〜  第42話 それは犬と鼠とブルドックのように  綾崎ハヤテ・・・本編主人公。たまにヒロイン。アン●ロ軍団を倒さない不死身の身体を持つ男ってキャ●ャーン涙目wwww  でもキャ●ャーンはアンドロイドキャ●ャーンなんDA★ZE!  そんな完全無欠のヒーローイン、ハヤテに弱点を観察す... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 23時31分

» ハヤテのごとく! 第42話 「それは犬と鼠とブルドッグのように」 [アニメって本当に面白いですね。]
ハヤテのごとく!   お勧め度:普通+   [ラブコメ ギャグ漫画]   テレビ東京系 : 04/01 10:00   AT-X : 04/22 07:30〜   原作 : 畑健二郎(『週刊少年サンデー』連載中)   監督 : 川口敬一郎   キャラデザ : 堀内修   シリーズ構成:猪爪慎一・...... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 03時52分

» (アニメ感想) ハヤテのごとく! 第42話 「それは犬と鼠とブルドックのように」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ハヤテのごとく! 06 クラウスが知り合いからの肖像画をナギたちに見せていた。2億円の価値があるというその肖像画。ナギや咲夜、伊澄はそんな絵にはあんまり興味はない様子。そんなナギたちをクラウスが「本物」の良さが分かっていないと嘆いている。するとそこに、飲み....... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 11時56分

» ハヤテのごとく! 第42話 [のらりんクロッキー]
ドンペリこわい~ 雪路の扱いが… 執事通信がなかったらなばちゃんの出番これだけ… もしかするとAパート最後のカラスの声がなばちゃんか? 今回も食べてますハム沢さん。 意外や意外、西沢さんって勉強苦手だったのか… ハヤテの名前の由来が明かされまし... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 13時25分

» ハヤテのごとく! 第42話 「それは犬と鼠とブルドッグのように」 [日頃CALAMITY]
第42話 「それは犬と鼠とブルドッグのように」 ハヤテのごとくはやっぱりヤバイね 【fc2ランキング】 [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 22時44分

» ハヤテのごとく! 第42話「それは犬と鼠とブルドッグのように」 [SeRa@らくblog]
借金取りから疾風のように逃げれるよう名付けられたハヤテ(笑) そんな家に生まれたので、美術品の鑑定眼とか身につけた…。 売る時に偽物の絵とすりかえるのに本物と見分ける能力を身につけたって(^^; さまざまな特殊能力を持つハヤテに、ナギは弱点がないかと考える(笑) というか弱点が必要?(ぇ)... [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 00時10分

» ハヤテのごとく! 第42話「それは犬と鼠とブルドックのように」 [ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)]
今回のお話は、ナギさんがハヤテさんの弱点を探そうとするというお話でした。 しかし、今回のハヤテのごとく冒頭から、衝撃的な事実が発覚。ハヤテさんの、名前がハヤテなのは「何かあっても、ハヤテのごとく逃げられるように」ということから来ていたのでした。これは、さすがに寂しすぎ。本当に酷い話です。 なんでも無難にこなしてしまうハヤテさん。そんな彼に対し、ナギさんは何か弱点があるはずだと、彼の苦手なものを探そうと行動開始。まぁ、あの環境で育ってきたわけですからねぇ。そりゃ、強くたくましい子になるもの... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 00時05分

» ブルドッグは犬と鼠とそれのように [銀河後悔日誌]
 1月20日放送分、『ハヤテのごとく!』第42話「それは犬と鼠とブルドッグのように」のお話。  『ハヤテのごとく!』公式サイト  少年サンデーの公式ページ  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  インターネットラジオ「音泉」  「ハヤテのごとく! RADIO THE COMBAT BUTLER」(ハヤテ役白石涼子さん・ナギ役釘宮理恵さんがパーソナリティー)毎週金曜日更新  OP前。ハヤテが生まれた日のこと。ハヤテは、なぜ「ハヤテ」と言う名前がつけられたのか。涙なくしては語れない理由なのでし... [続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 03時08分

« カラオケでリボーンのエンディング、『friend』を歌ってみる | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「私もスキーに連れてって!」 他1本 »