« ハヤテのごとく!第48話「ヒナラブ」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「激闘!最後のお仕事人」 »

「遊戯王GX」(ターン177)感想

ダークネスの真相・・・・それは、デュエリストたちが生みだした世界。現実社会を表とした場合、ダークネスは裏の世界。

やっとダークネスそのものが現れ、その説明が話されているというのに「そうか、そうだったのか!」と思えないのは何故?
結局、みんなの思念が生み出した世界・・・・そして彼らをダークネスの世界に導いた理由というのもなんだか希薄な感じです。

やたら十代にミスターTとしてデュエルをしかけていたし、美寿知を人質にしてまで斎王を利用して十代をダークネスの世界に引き込ませようとしていたのに、ダークネスは失敗しております。
最後の最後に残った十代との決着にダークネスは決断した模様。ダークネスは十代にデュエルを申し込みます。

圧倒的な力に追い詰められていく十代。そんな十代一人しか残ったというわけではない、とユベル登場。
この2人、「絆」があるようですが、何故か絆をあまり感じません。
ヨハンや翔、明日香、万丈目らとの絆ならわかる気がするんですが・・・・もどうかなあ・・・・。
どうも十代ってどちらかというと一人でつっぱしるイメージがありますよね。
そういえば、十代とユベルの絆を感じる話とかありませんでしたね。

ダークネスの世界にいる万丈目、翔、明日香の光景を十代がみます。
今ひとつ納得できないのが、万丈目です。
彼は十代に負けても復活してますし、エドのマネージャーとなった時も、最終的には自力でプロへの道を切り開いてます。
かって兄らとデュエルしなくてはならない時、いろいろ他の生徒から嫌味を言われたこともありました。
そんな経験をしている彼がそう簡単に闇に落ちるのか・・・・?と思ってしまいます。

それとヨハンと藤原・・・・どこに行ったのですか?
非常に気になってます。

|

« ハヤテのごとく!第48話「ヒナラブ」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「激闘!最後のお仕事人」 »

コメント

みかりんさんへ虚無(はてしない物語で人々の夢と希望でできた世界ファンタージェンを消し去ろうとした人々の悪意から生まれた存在白い竜に乗った少年が戦うなのはではエリオちなみにキャロはモモだとうちのメンバーがおとぎ銃士ファンダヴェーレなどミヒャエル・エンデさんの意思おとなも子供も夢や希望をもてる世界に未来がなってほしいとか)遊戯王などコナミ関係は影響をうけているようですまあ物語に終わりはない人々の夢や希望があるかぎり

投稿: O-ヴァン | 2008年3月 8日 (土) 01時34分

それとオトメディウス吉崎観音さんのツインビーはゲームの中で復活してますマドカクリックゲームで話がhttp://www.konami.jp/am/otome/character/index.html

投稿: Oーヴァン | 2008年3月 8日 (土) 01時41分

「はてしない物語」の映画化「ネバーエンディングストーリー」は観たことがありますので、その世界観はなんとなくわかります。
確かに、夢や希望のある世界を望みデュエルをしている今の十代は、世界観が重なる部分がありますね。
私は遊戯王、コナミ関係に限らずそういう世界観を描く内容(ストーリー等)は多い気がします。

>吉崎観音さん
ゲームのキャラクターデザインをしたゲームがあるようですね。
サイトを見てみましたが、残念ながらゲームに興味がない私には専門用語に思えて、意味がわからない部分が多かったです。
そういえばスク・エニの株主総会で、株主からの質問内容がゲーム関連の質問の時、周りが頷いているのに対し、私は全然意味がわからなかったよな・・・・というのを思い出しておりました。

投稿: みかりん | 2008年3月 8日 (土) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/40385123

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン177)感想:

« ハヤテのごとく!第48話「ヒナラブ」 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「激闘!最後のお仕事人」 »