« アニメ・ケロロ軍曹「556」 他1本 | トップページ | 風邪ひきました »

「遊戯王GX」(ターン180・最終回)感想

「素直にデュエルを楽しむ気持ちを」

・・・・十代が失ってしまったもの、それはワクワクデュエルだったようです。
なんとなくそんな気がしましたが(明日香とペアでデュエルしたときも言われてましたし)、表くんとのデュエルでその気持ちを忘れないことを確信させたようです。

ブラックマジシャンガール、登場!
いや~~~、やっぱり彼女は『華』がありますね~~~~。その場が明るくなる感じです。

十代「翔に見せてやりたかったぜ」
・・・・たぶんこのアニメをみているほとんどの人はそう思ったと思います(笑)。
思った以上にブラックマジシャンガールの登場シーンは普通でした。
結構今まで「魔女ッ子アニメ風」の登場とかありましたから。

終わりの方は闇サマまで登場。
途中で現れ、表くんと替わるのですが、なんだか最後のいいとこをもっていってしまったような気もします(苦笑)。
彼には「神のカード」を召喚させる役?・・・・というか、表くんが召喚するよりやっぱり闇サマのほうがいいかな、と思いましたけどね。
「相棒」「もう一人のボク」・・・・う~~~ん、懐かしいです。
もしかしたら表くんは十代とのデュエル中も「相棒、気を抜くなよ」「うん、わかってるよ、もう一人のボク」とか会話していたのだろうかと想像してしまいました。

そして、デュエル終了。
・・・・気付くとどこか知らない場所にいた十代。
背負った荷物の中でファラオを発見!(と、大徳寺先生も)
明日香、翔らの寄せ書きもありました・・・・って、三沢はいないのね・・・というか彼はどうしているのか?

最後のデュエル相手は遊戯という旧主役キャラとのデュエル、フアンサービス?も含まれている気がしました。
3年半、「GX」をその前は「遊戯王」をみていながらいまだにデュエルがよくわかりませんが(←おい・・・)、それなりに楽しんでおりました。
この「遊戯王GX」は『十代の成長』でもありますが、同時にKENNさんの声優としての成長がわかるアニメだったと思います。
最初十代の声を聞いたとき「ずいぶん少年っぽい声だな」と思ったんですが、途中で「おっさんっぽい」になり、現在に至っていると思います。
第1話はとにかく一生懸命という感じが、いまでは勘やコツというか技術で声優をしているような。
それだけ慣れた、うまくなった、ということでもあるのです。

ガッチャ、楽しいデュエルだったぜ!・・・・このセリフをもう聞けないかと思うと寂しい気がします。
スタッフの方3年半、お疲れ様でした。

|

« アニメ・ケロロ軍曹「556」 他1本 | トップページ | 風邪ひきました »

コメント


来週からはファイブディーズですね。
GX終了したのでGXのほとんどの1期キャラについて言いたいと思います。
彼等は1期~4期通してデュエル回数が少ないだけでなく
KY、デリカシーがない、暴力的、ヒステリー、カクシターズ、センスゼロ寧ろマイナス
面白くない上に下らない、全く何のための主役側のレギュラー?ってことになってしまいましたよね。
1期~4期全般(セブンスターズ編~4期最終決戦まで)の働きは勿論ですが個人のキャラ話でも三沢は2期で自己顕示欲の強い
十代のデュエルをコケにする輩だと判明してしまいましたし。エドにその欠点を指摘されました。
まあ三沢は3期で多少男を見せましたが。翔については成長フラグリセットされるわ万丈目も悪い意味で変なキャラになって
プロデュエリストネタでも明日香も兄からみやペアデュエルでも、そして万丈目や明日香や翔の心の闇ネタ・・・ect
どれも酷い代物でした。言い出すとキリがないので以下省略。彼らのテーマBGM(GXサントラに収録)のかっこよさ
かわいさの面影もありません。そんな彼等も本来の設定というか初期設定だけならそんな反感を買ようなキャラではないはずです。
何だかんだで良い面もある、反感を買うにしても今ほどではないキャラのはずなんですがね。
しかしスタッフは何を考えたのか結果的にあのような有様にしてしまいました。
彼等は勿論だけど一番いい加減にして欲しいのは本来の設定というか初期設定のプラス面を無視して粉々にしたスタッフです。
折角、原作者の高橋先生がキャラデザ&キャラ設定を考えたのに。自分の考えたキャラ設定を粉々にされた高橋先生が可哀想でなりません。
管理人さんはキャラと脚本、どちらに反感や疑問を覚えやすいですか?

投稿: アブ | 2008年3月27日 (木) 20時57分

結論を先に述べれば、確かに反感を感じますが、キャラにしろ、脚本にしろ「GXアニメとはこういうもの」と結構割り切っております。

すみません、時間の関係上、明日また続きのコメントします。

コメント、ありがとうございました。

投稿: みかりん | 2008年3月27日 (木) 21時44分

管理人さんはこう思った事全くありませんか?本来の設定を生かして欲しい、もっと十代以外にも活躍させて欲しい等
仮にもメインキャラですから。ファイブディーズのメインキャラ達は彼等みたいな風になって欲しくないですよね?
それに彼等なんてファイブディーズの方が御免でしょう?続きのコメントをまってます。

投稿: アブ | 2008年3月28日 (金) 09時56分

投稿内容をまとめると
①1期キャラの描かれ方
②アニメスタッフの彼ら(1期キャラ)の扱い方
③キャラと脚本どちらに反感や疑問を感じるか
④本来の設定を生かしてほしい、十代以外にも活躍してほしいと思ったことあるか?
⑤5D’S(ファイブディーズ)に対する期待
という内容でコメントしてよろしいでしょうか。

①1期キャラの描かれ方
彼らは主役側レギュラーとは思えない性格、というご意見ですね。
でも私はちょっと違っていて、彼らの性格はああいう性格と割り切っております。
確かに反感を感じそうな態度やセリフとかありますが、それほど不愉快にはとらえておりません。
ただスタッフの方でそういう性格を生かしきれなかった、というかキャラの性格設定が安定されていないという印象はあります。

アブさんと同様意見がターン166のコメントでもあり、似たようなコメントを書き込みましたので、よろしければ参照してみてください。
(右端の検索で検索できます)。

②アニメスタッフの彼ら(1期キャラ)の扱い方
明日香や万丈目その他1期キャラに関して最初の性格と違った性格に扱われています。
それは、自然にそうなったのか意図的にそうしたのかはわかりません。
私もどちらかというと初期の性格のほうがいいと思うのですが、①でも書いたように「そういう性格」と受け入れております。
その後にでてきたエド、ヨハン等に比べ、確かに扱いが「ぞんざい」にされていますが・・・・。
彼らの扱いは2期以降のキャラに比べよくないです。

③キャラと脚本どちらに反感や疑問を感じるか
キャラに関しては①、②でお答えしたとおり、わりと受け入れております。
どちらかというと、脚本のほうでしょうか。
せっかく「学園もの」という設定なので、もう少し学園生活内での内容にしてほしかったです。
例えば生徒会とか・・・・。
レイちゃんが再登場したときは「もしかして、ラブコメ?」と期待したのですが、そんなこともありませんでした。レイちゃんに想いを寄せる男の子が登場し、一方的に十代を敵視するとかという設定もありえましたのに。
そういえば、レイちゃんが途中で「十代」と呼び捨てになり、また「十代さま」と”さま”をつけ始めるというのもありましたねぇ。
2期で急に遊戯王の「オレイカルコス」を彷彿させる内容となり、やがて覇王十代へ、心の闇へ・・・・という展開ではあまりにも話が暗すぎてみてても嫌になっておりました。

・・・・・よくよく考えると、「どちらかというと脚本に反感や疑問」というよりどうやら「キャラより脚本に反感や疑問」という答えのようです。

④本来の設定を生かしてほしい、十代以外にも活躍してほしいと思ったことあるか?
これはありますね。
1期キャラの性格がもっと描かれていれば、アニメスタッフももう少し扱いが違ってくると思います。

⑤5D’S(ファイブディーズ)に対する期待
予告を見る限りではなんだか「ハイテク駆使」したデュエルという気がして、見るのをやめようと思っています。
もともと「GX」も「遊戯王」繋がり(遊戯王キャラがでる期待)で見ていた部分もありますから。
設定が段々大掛かりになっているような・・・・見る予定ではないので、コメントしづらいですが、楽しい内容であればいいですね。

投稿: みかりん | 2008年3月28日 (金) 20時48分

その1期キャラについてはコメントを読みましたが管理人さんも「彼等の本来の設定をスタッフが生かさず粉々にした」という
事を言いたいんでしょうか?ただそれだけです。ありがとうございました。

投稿: アブ | 2008年3月30日 (日) 07時50分

>「彼等の本来の設定をスタッフが生かさず粉々にした」

「生かさず」は思っておりますが、「粉々」までは思っておりません。
「粉々」・・・・強いて言えば、三沢でしょうか。1話のころ好きなほうだったので、よけいそう思います。
といっても、最後には「ああいう人物」と思ってしまいましたが。

「GX」に関する掲示板、サイトは見ていないです。時間的にも見る時間がありませんので。
だから、結構こういうキャラに関するコメントを見ると、相当キャラの扱い方に不満を感じている人がいるようだ(ターン166のコメント以外にも明日香に関する不満コメントありましたので)、と気付きました。
ストーリーはもう少し明るいのがいいとか、結局十代とユベルの過去話の説明があまりなかったとか、三沢やアモンはどうしているのかとかいろいろ気になってましたが、キャラに関してはそんなに気にしておりませんでした。
(あ、すみません、翔のあまりにも成長していない様子は気になってたことを思い出しました・・・・)。
それだけ自分の中では受け付けてしまったのかもしれません。

最終的にキャラ、脚本、演出・・・・すべて総合的にはスタッフの実力のレベルが関連しているのでしょうけど。

投稿: みかりん | 2008年3月30日 (日) 20時40分

みかりん、お久しぶりです!
ついにGXも終了ですね。3年間、あっという間だったような気もしますし、長かったような気もします。遊戯登場も最初のころなら、大騒ぎですが、3年たつと落ち着いて見てしまうのに月日を感じました。「遊戯王」に
はまって、毎週アニメや原作を真剣に見ていたころが懐かしくもあります☆
最近は多少はしょって見ていたので、あまり詳しくない中、最終回近辺はまじめに見ようと思っていたのに、録画に失敗し残念ながら最終話は後半のみしか見られませんでした~(泣)
闇様登場はうれしくもあるのですが、「遊戯王」のラストで成長した表くんを思うと、入れかわるのもどうかなぁとも思いました。成長して闇様のように強くなった表遊戯もみたかったです。
感想・HPとお疲れ様でした!4月からは新規感想予定は無いそうですが、また落ちついて、気合が入れられる作品があったら追加されるのを楽しみにしています。
また別の作品でみかりんと盛り上がれることがあったらうれしいですね!

投稿: pine | 2008年4月 1日 (火) 00時09分

3年間と思っていたら3年半でしたっけ?失礼しました!

投稿: pine | 2008年4月 1日 (火) 00時24分

pineさん、お久しぶりです!

まさか、まさかの遊戯登場。
私も第1話に登場したときに比べれば、落ち着いてみておりました。
3年半は本当に長かったような、短かったような・・・・年月です。

終盤の「GX」は初期に比べ暗い展開なので、私も正直、見ていて気がめいってくるのでもう見るのをやめようかと思っておりました。
ま、結局は最終回まで見ておりましたが。
前回は卒業式や「GX」メンバーが十代に別れを告げるシーン(本人不在)と、遊戯とのデュエル。
今回前半はデュエルの続きという状態でした。

私も闇サマと入れ替わったのを見て「おいしいところをもっていくのね~~~」と思ってしまいました(笑)。
強くなった表遊戯って、年月がたった(現代の)遊戯ですか?
・・・・・モクバ同様、年月が経った遊戯は見たいような、見たくないような・・・・。

「GX」の世界では3年ですが、放送は10月~なので、3年半となります。

それと、こちらこそ、また同じ作品で盛り上がりたいです。
いままで、コメントをありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしております。

・・・・と、今日4月2日の遊戯王5D’sを6時20分頃テレビをつけてみたのですが、なんかバイク?に乗っていてのデュエルで、落ち着いて見ていられない気が・・・というか、ついていけない部分を感じました(笑)。
すぐチャンネルをかえてしまいました。
やっぱりアナログ世代ですわ。
シンプルに向かい合ってデュエルするほうが好きですね。


投稿: みかりん | 2008年4月 2日 (水) 21時56分

遊戯王GX(アニメも漫画も)を一応全部見て思ったのですが、はっきり言ってアニメGXのレギュラーキャラについて色々言いたい事が出ました。

初期からのお馴染みのレギュラーキャラの数名ほどが、立ち位置に割には存在意義を疑う代物だと思ったからです。

何故なら主に精霊とか闇とか異変関係で、精神面でも戦力面でも「こいつがいて良かった」って役割をやったのは大抵、他のキャラだったからです。
この他のキャラとは、途中から出てきたレギュラー、学園通ってないプロ、そこまで出番多くないキャラの事を言っています。出番多く無いキャラは三沢も含みます。
三沢は、元お馴染みの初期レギュラーですが、一時期フェードアウトしたり、4年目からは一切出なかったので出番多く無いキャラだと思います。
しかし、十代の同期のキャラでは比較的功績を残した方だと思います。異世界関係で十代に叱咤激励するという役割もあったり早く自立しましたので。

製作側としては、例の「お馴染みの初期からのレギュラー」より、他のキャラの方が十代の仲間として動かしやすかったのかもしれませんが、それなら例の「お馴染みの初期からのレギュラー」は失敗だと思います。

例の「お馴染みの初期からのレギュラー」は異変絡みの出来事で、十代の仲間として釣り合うほどの見せ場を作る気がないなら、おとなしく隼人のようにリストラにするか、レイちゃんのような一般生徒ポジションに置いた方がマシだと思いました。
「そんなにメインレギュラーポジションに置きたいなら、このキャラ達にも仲間らしい活躍をさせろ」
「そうする気がないなら、リストラするか一般ポジションに格下げさせろ」って見てて思いました。

漫画版GXも精霊や闇等の異変絡みでは十代(主人公)、万丈目、響みどり先生、留学生あたりがいれば成り立つ物に感じたのですが、こちらはアニメほど不可解な感じはしませんでした。
何故なら、こういう異変絡みで直接関わらせてるのは、上述の必要なキャラだけに留めていて、他キャラも特に足を引っ張るって事もなかったからです。
漫画作者がその辺の身の程を知って必要キャラと不要キャラを動かしてるって感じがしました。

それに漫画版はずっと学園物でトーナメントの最中だったので、異変に絡まないキャラもトーナメントのデュエルも披露する事が出来ました。
もっとも漫画版はストーリーも設定も色々と違ってるので比べる事自体がおかしいのかもしれませんが。

投稿: バトル | 2013年8月 8日 (木) 23時49分

<アニメに関して>
結局はメインキャラをうまく生かしていない、ということでしょうね。
確かに、異世界での十代を精神的に戦力的に高めたのは初期のメインキャラ以外。ある意味初期のメインキャラの時代は終わり、次のキャラの時代に、といっても過言ではない気がします。
そう思うと、隼人のように十代と離すほうがよかったのかもしれません。

初期のころとは話の雰囲気も終盤では違うので(ただ楽しくデュエルを楽しんでいた十代だったのに、終盤ではそうではなくなる)、初期メンバーキャラでそれぞれの役割の対応ができなくなったのかもしれないとも思ってしまいます。

<漫画に関して>
それぞれのキャラを生かし成長していく様子が描かれていて面白かったと思います。
キャラ設定も漫画の方がよかったように思えます。

アニメはアニメ、漫画は漫画ですが、どうしても比較してしまうのはしかたない気がしますが・・・・人により捉え方もいろいろありますしね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年8月14日 (水) 22時26分

<アニメGXのお馴染みの初期レギュラー数名について>

お馴染みの初期レギュラーは、そもそも初期設定からして「重要な場面ではいらない、寧ろいない方が良いキャラ」だったのでしょうかね?

もしもの話、それが本当だったら、スタッフor高橋和希先生には申し訳ありませんが、もはや彼等は設定からして失敗だったと思います。

「主人公側のメインレギュラーなキャラ」と「肝心な場面ではいらない、寧ろいない方が良い」はどう考えても噛み合ってません。

三沢は元初期レギュラーの一人で、奇行に走った時期もあったり、4年目では一切出番がなかったとこれだけ聞くと悲惨な感じはしますけど、これでも十代の同期のキャラの中ではマシな方です。

というか、こんな風に奇行に走ったり4年目で出てこなくなったり出番の少ないキャラの方が十代の同期のキャラの中では健闘した方なんですから凄い話ですね。3期後半で十代に叱咤激励をして異世界で一足早く自立するという役割だったので。

<漫画版GXについて>

漫画版GXは高橋和希先生は、あれこれ注文せずに、その作者(漫画版GXの作者は影山なおゆき先生)に好きなように描かせている、ほとんど影山なおゆき先生の作り上げた物だと判明したのであまり当てになりません。

漫画GXのこの話は原作の文庫16巻のあとがきに書かれていました。
この話がよると漫画版GXはほとんど影山なおゆき先生の感性って事になります。

念のために言っておきますが、漫画GX自体は素直に好きです。

投稿: バトル | 2013年8月15日 (木) 01時14分

<アニメGXのお馴染みの初期レギュラー数名について>

>重要な場面ではいらない、寧ろいない方が良いキャラ
そういう見方もできますが、私はいらない、とまでは思いません。
ただ、彼らの性格は少し初期から変わってますがその後(2期以降)の展開に見合う性格、思考に育てきれなかった・・・・つまり必要なキャラに育たなかった部分も大きいと思います。
例えば翔や万丈目もその時点でその役割を担えるキャラに成長していればもっと覇王十代に対し重要な役を担ったかもしれません。

でも、彼らにはその役目は役不足・・・・で新しく登場したキャラがその役を担ったということでしょうか。

レギュラーではあるけど、その存在を生かし切れていない(または必要な存在に成長していない)為にいらない存在と感じられるようになってしまったという見方もできます。

まあ、結局は初期は必要だけど、その後はそうでもなくなったキャラ・・・・という結論にもなりますけど。

>(三沢は)これでも十代の同期のキャラの中ではマシな方です。
三沢に関しては私は「待遇が悪い」というイメージが強かったのですが、そういわれてみればそうも思えるな、とも思いました。
彼がああいう悲惨な目にあったからこそ、今の彼に成長したとも思えてきます。

でもそれならそれで「ああいう経験をして乗り越えたからこそ、今の彼がいる」というのをもっと感じられる存在感をだしてほしかったです。

<漫画版GXについて>
影山先生の感性、が大きいでしょうね。
と、それに加えて高橋先生の自由に描かせている自由さ、も大きいと思います。
やはりあれこれいろいろ注文(規制)があるとやりにくいと思いますしね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年8月21日 (水) 21時16分

初期レギュラーへの意見がありますが、それを言ったら隼人も似たような感じでもあります。隼人も明らかに初期用のキャラという感じですね。隼人も、闇のデュエル等とか何かの事件で活躍するようなキャラではありませんでした。

しかし、隼人は1年目の中で自分の道を見つけて退場しただけに、他の初期レギュラーより潔く感じます。

引き際をわきまえたせいか、「重要な場面ではいらない、寧ろいない方が良いキャラ」って感じが薄れていると思います。

いっそ、他の初期レギュラーも隼人と同じくリストラした方がマシだったのでは?と思います。

投稿: 斜線 | 2013年8月22日 (木) 10時18分

漫画GXとアニメGXの比較もありますね。

漫画GXも闇のデュエルやら深刻な事件で活躍するのは、十代やら万丈目やら響みどり先生やら留学生の誰かで絞られてる感じですが、
これって言いかえればその場面に必要なのがこのメンツだけって事ですよね。

ただ漫画版はその場にいれば足りるキャラに絞ってるのはお荷物もなくて印象が良いのかもしれません。

アニメGXと漫画GXの違いは、その場面に不要なキャラを出すか、出さないかの違いもあると思います。

投稿: 斜線 | 2013年8月22日 (木) 10時24分

上の方でGXアニメの初期からのレギュラー数名ほどへの意見がありますがスタッフの腕でああなったのか、そもそも原案からしてああいう感じだったのか我々には不明です。

前者なのか、後者なのかで状況が違ってきます。

前者だと「単にスタッフの腕が追いついてない」って結論になりますけど
後者だと「どんなに優秀なスタッフがやっても不可解さは残る」って結論になります。

スタッフの腕でああなっただけなら素材は決して悪くないとも擁護できますけど、そもそも原案からしてアレなら素材が良くなくてどうしようもありません。

原案を考えたのは原作者の高橋和希先生なのか、スタッフなのか知りませんが
原案からして悪いなら誰が生かそうとしてもマトモな物にはなりません。
料理で言うと優秀な料理人でも素材が悪かったら上手くいかないのと同じです。
上に出てる意見と被っててすみません。

投稿: 斜線 | 2013年8月27日 (火) 14時50分

多忙とADSLモデム故障でネットができなかった状態もあり、返事が遅れました。

>隼人
正直最初隼人は早々といなくなってしまったので、「なんで?」という気持ちが強かったです。
でもやる気のなかった生徒が十代の影響でやる気になった・・・というある意味一つの役目を終えたという考え方だと、去ってしまったのはそれもありなのかと今は思ってます。

>いっそ、他の初期レギュラーも隼人と同じくリストラした方がマシだったのでは?
う~~ん、他のキャラもみんな去ってしまうのは個人的にはなんだか寂しい気がしますね。

>漫画
漫画の方は必要最低限に絞っている感じですね。
1巻で各メンバーの性格を描きながら今後の伏線を描いている感じがします。

>スタッフの腕でああなったのか、そもそも原案からしてああいう感じだったのか我々には不明です
自分のコメントを改めて読み直すと、どちらかというと私はスタッフの腕のように感じていたのを思い出しました。
(すみません、もう何年もたっているので結構忘れてます)
初期のころは学園もの、という感じで(文化祭あり等)いろんな生徒が登場してのストーリーで彼ら(翔、三沢など初期メンバー)のような性格でも問題なかったのですが、その後のストーリーではその性格は合っていない気がします。
原案か、スタッフか・・・・確かに不明でもあります。
ただ、料理でいうと優秀な料理人は素材が悪くても素材をいかした調理をし、美味しくしてしまう場合もあるとは思ってます。
(料理上手の主婦は冷蔵庫の中のあまりもの食材でもおいしい料理にしてしまう、という話もありますし)。
だから、原案が例えよくなかったとしても扱いによっては面白くなる場合もあると思うのですが・・・・。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年8月28日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/40656626

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(ターン180・最終回)感想 :

« アニメ・ケロロ軍曹「556」 他1本 | トップページ | 風邪ひきました »