« スレイヤーズREVOLUTION 第4話 「Drifter どっちが追うか追われるか!」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的93)「緊急警戒レベルD」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「雨の日はせんべい釣り!」 他1本

秋奈おばあちゃんの家に着くケロロ小隊(クルル&ドロロは除く)と日向一家。
その日は雨であり、何をしようかと思うケロロたちは、せんべい釣りをする事となり・・・・・という前半。

今回前半も後半も夏休みで秋奈おばあちゃんの家でのお話です。
クルルはケロロに無断で夏休みをとり不在、モアちゃんはお家でお留守番。
あれ?ドロロは?・・・・・と思ったら後半で登場(あいわわらず声をかけられなかったよう・・・・)。
クルルは前半の終わりの方で登場します。

ソースせんべいを糸のついた針を投げて釣り、その釣った枚数分だけ食べられるというのが「せんべい釣り」のようです。
口にくわえてアヒルさん・・・・ということもでき、やる気をおこすケロロたちでした。

みんなそれなりに取ったりしますが、ケロロは磁石を使ったイカサマをし、1回休み。
しばらくしてケロロは「とてつもなく大きいもの=トイレ掃除一週間」を夏美と賭けます。
ケロロが勝ったら夏美がトイレ掃除一週間。
夏美が勝ったらケロロが掃除・洗濯一ヶ月。
・・・・何気に夏美のほうが掃除・洗濯と2つで、しかも期間が長いのを提案しているのには笑いました。
これって不公平なのでは・・・・。

結局、ケロロは邪念が強すぎて一つも取れず、夏美の勝利。
せんべいもなくなり嘆くケロロに秋奈おばあちゃんは買ってきたソースせんべいを差し出します。
足りないと思い、秋ママと2人で雨の中買いに行ったのでした。

・・・・そんな夏休みの雨の日の出来事でした。

「今回はちょっと懐かしい遊びのお話」・・・・・ということですが、私はせんべい釣りをしたことはないです。というか、せんべい釣りという遊びがあることを知らなかったです。
ま、ソースせんべいといえば子供の頃は近くの駄菓子屋でソースせんべいと梅ジャムまたはオレンジジャムを買ってよく食べておりました。
今ではお祭りの縁日等で売られているのを見かけます。
ケロロの放送でせんべいを釣った数だけ食べられるというのをみて、思わず縁日の屋台でくじ引きやルーレットとかで数が決まり、その枚数をもらえるというのを思い出しました。

でも針を投げるのは危ない、と思ったのは私だけでしょうか。
みんな割とソースせんべいが置いてあるざぶとんの近くにいたし、間違って誰かに針が飛んだら・・・・・。
それとこういう遊びってあまり深く考えずに楽しんだ方が変に力が入ったりしなくてうまくいきそうな気がしますね。

ソースせんべい・・・・・何だか、子供の頃公園でよく鈴?を鳴らし屋台をひいたおじさんが水飴を売りに来て、そういえばあんず飴とかよく買ったよな~~~~というのを思い出していました(注:紙芝居はないですよ)。
その時ソースせんべいもあったような、なかったような・・・・記憶がちょっとあいまいです。

後半。

その日は花火大会ですが、今年から違う場所で打ち上げることとなり、秋奈おばあちゃんの家からは見られないことを知ったケロロは・・・・という話。

冬樹と夏美は川遊びに出かけようとしますが、ケロロたちはどこかに行ったのか、見つかりません。
その後もケロロたちとはすれ違い状態で、やっとみつけたケロロたちでしたが(ドロロもここで登場)、実は秋奈おばあちゃんの家でも花火大会が見られるようにする作戦の準備をしてたのでした。
(サプライズ狙いで冬樹と夏美には内緒で行います)。
秋奈おばあちゃんの許可(その作戦を実行する許可)を得に、秋奈おばあちゃんのもとに行くケロロたち。

考えてみると、いきなり秋奈おばあちゃんの許可もなく事を進めたということは、事後許可を狙ったのかなあ(というか、そこまで深く考えていないような気がする・・・・)。
でも、もしかしたら秋奈おばあちゃんのことだし、どことなく許可をだした様子を見ていると、「ケロロたちは何かしようとしている」と秋奈おばあちゃんは事前に何かを察していたような気もします。

そして、クルル曹長の協力のもと作られた装置(夏美が機械の安全性を疑うのが可笑しかったです)により秋奈おばあちゃんの自宅は空中に昇り、皆で縁側にて花火大会を見ることができたのでした。
作戦、成功!・・・・ですね。

ケロロたちにまた夏休みの思い出ができました。

次回2本です。
今回もそうですが、次回も夏美水着シーンがあります。

|

« スレイヤーズREVOLUTION 第4話 「Drifter どっちが追うか追われるか!」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的93)「緊急警戒レベルD」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/41974930

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「雨の日はせんべい釣り!」 他1本:

» ケロロ軍曹 #222ケロロ雨の日はせんべい釣り!&ケロロ思い出と花火 [才谷屋DIARY]
Aパートせんべい釣りなんて初めて見たふうん、そういう遊びがあるんだねぇケロロって [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 21時39分

» ケロロ軍曹 第222話 [パズライズ日記]
今回は煎餅釣りと花火大会の話。 ソースせんべいは初耳、ミルクせんべいって呼んでた気がします。 Aパートは、煎餅釣りはしたことないですねぇ。 針を投げて刺すのって地味に危ないとか言われてしまいそうな感じ。 何事も邪念が強すぎると上手くいかないもの。 そ....... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 01時40分

» ドンと出た花火だ、きれいだな… [銀河後悔日誌]
 7月26日放送の『ケロロ軍曹』第222話は、「ケロロ 雨の日はせんべい釣り! であります」と「ケロロ 思い出と花火 であります」の2本。  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  サンライズの公式ページ  角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]  バンダイビジュアルのラジオページ(ケロロとギロロの地球[ペコポン]侵略ラヂオ)  今回は、2本ともおばあちゃんの家にて。ママも久しぶりに観たような。  ・「雨の日はせんべい釣り!」  煎餅は釣るものではないなあ…と思ったら、「ソー... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 02時09分

» ケロロ軍曹 第222話 [Anellia Neo]
ノスタルジックな話はやっぱり良い。 ケロロ 雨の日はせんべい釣り! であります日向家&ケロロ、ギロロ、タママは秋奈ばあちゃんの家へ。しかし雨が降っていて外では遊べず不満を募らせる夏美たち。じゃあ、冬樹君が得意なかくれんぼをすれば良いのにと思ったんですけど、でも冬樹君だけはゆっくり読書できると不満を感じていなかったですからね(^_^;) 彼がケロロに薦めていた2冊の本はなかなか面白そう。タママが虫捕りがしたかったと言った時、虫嫌いの冬樹君が拒否反応を示さなかったそこへ秋奈ばあちゃんがせんべい釣り... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 17時15分

» ケロロ軍曹第222話[感想] [さとぴーの選択範囲]
「ケロロ雨の日はせんべい釣り!であります。」 「ケロロ思い出と花火であります」せ [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 20時55分

» 帰省の楽しみ [マイ・シークレット・ガーデン]
{/kaeru_night/}週末不規則な生活(いつもだろ!)で、 なんかいつも以上にだらだらと過ごしてしまいました・・ ※油断してるとイヤ〜ンなスパムが入るので、 ずっとコメントは事前承認制にさせて頂いてます〜 {/dogeza/} 『ケロロ軍曹』 第222話 【ケロロ 雨の日はせんべい釣り! であります】 おばあちゃん家って、敷地が広いんですね。 車が家に横付け出来ないというのはちょと不便。 あらかじめタオル(名入れタオルが並んでるのエライ☆) を用意してくれる気遣いはさすがでありま... [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 00時31分

» ケロロ軍曹【ケロロ 雨の日はせんべい釣り!】【ケロロ 思い出と花火】感想 [La Bella Stella]
[E:clover]ケロロ 雨の日はせんべい釣り ほのぼの回。 [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 13時27分

» ケロロ軍曹 第222話(7.26放送) [まりねこの足あと]
田舎では、都会と違って時間の流れが緩やか〜{/s2_sum_mount/} 「ケロロ 雨の日はせんべい釣り! であります」 今年の夏休みも、秋奈おばあちゃん(提督殿)の元へ! しかし、あの古い家で365日を過ごすおばあちゃんて、何げに凄いかも。 雨で暇をもてあましていたとき、おばあちゃんが提案したのは「せんべい釣り」でした{/hamster_2/} 「せんべい釣り」の遊び方は、初めて知りましたー。 皆上手く針を刺して、次々とせんべいをゲットしていたけれど、 実際やってみると、針の先がせんべいに... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 01時54分

« スレイヤーズREVOLUTION 第4話 「Drifter どっちが追うか追われるか!」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的93)「緊急警戒レベルD」感想 »