« 「遊戯王GX」(再) ターン9(隼人VS熊蔵) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的103)「第一関門」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「編集者は強し!」

ケガをした編集者の替わりに日向秋が担当した新人漫画家。
でも彼の作品をいい作品にしたいとまず、環境を変えるため自宅へ連れて行く秋だが・・・・・という1本。

ほとんど強引にバイトの556に手伝ってもらい、新人漫画家、八八十(ハヤト)を自宅に連れて行く秋ママ。
きちんとした食事をと、プロ級?の料理を作りハヤトに。
一体このアニメをみてどれくらいの人が秋ママの手料理を食べたいと思ったのだろうか・・・・と思ってしまいました(笑)。

その後、秋ママは仕事で出かけてしまいます。
残った夏美、冬樹とケロロ小隊たち(秋ママのお願いにより、ハヤトが自宅にいる事は承認済)。
う~~~ん、年頃の娘(夏美)がいるのにハヤトを自宅においていいのか?と思っていたら、ギロロも同じような事を考えているので笑ってしまいました。
といってもギロロの場合、ほとんど嫉妬心ですけど。
一般的に、何か間違いがあったら・・・・と思うのは親心。

日ごろ秋ママにお世話になっていると、ケロロたちはいろいろハヤトに対しておもてなしを考えます。
①ハヤトの頭の中にあるアイデアのもとを利用。
といっても、これはすでに発表された他作者の作品のいいとこ取りの漫画(=盗作)のため×。
②妖精さんとなったモアちゃんとタママによるネタ提供。
といっても、ネタが「少年誌ギャグ漫画」に合わず×。
③ギロロ扮する鬼編集者。
ギロロが銃を乱発して、×。
・・・・・・・結局、全部×。

その後、ガンプラをハヤトが知っていることを知ったケロロはハヤトと話し込み。
ケロロは久しぶりにガンプラ話ができる相手が見つかった嬉しさを感じました(笑)。
でも最初乗り気でなかったハヤトがそのうちケロロとガンプラに関してはまりだした時は、ハヤトとケロロの表情が子供の表情のようにみえました。

そして、帰ろうとした時秋ママに会い、喜んでもらえることを想像したら頑張れることを聞きます。
「ケロちゃんは人に喜んでもらいたくて一生懸命」・・・・・ハヤトはエネルギーをもらったり与えたりする大切さに気づくのでした。
ハヤトの漫画が完成した時、私は「エネルギーか・・・・」と思っていたら556が登場して、ハヤトを前の編集者のもとへ連れて行きます。
エネルギー・・・・556のエネルギーはある意味、ケロロ以上・・・・ですよね!

作品にOKが出て、その帰り道・・・・・電車にのっていたハヤトに車で会うケロロ小隊、日向一家。
感動的な場面・・・・なのですが、「窓から外に顔をだすのは危ないよ!」と思ってしまいました・・・・・。
よいこのみんなは、マネしないでね♪

八八十→緒方恵美さん
八八十の母→滝沢久美子さん
今回ゲスト声優さんは随分豪華~~~~~。

今回、久しぶりに秋ママの話・・・・・かと思ったら、そうでもなく、どちらかというとメインはこの新人漫画家でした。
タイトルが「編集者は強し!」なので秋ママが新人漫画家を振り回す(といっても、強引に自宅へ連れてきたりとか振り回してますが)秋ママ大活躍の話かと思ってました。
でも押さえる所はしっかり押さえていて、この話のテーマである(と思う)「相手を想う気持ち」「エネルギーはもらったり伝えたりする大切なもの」という内容をハヤトに気づかせたりしております。

冒頭で漫画家を目指していても、行き詰まったようなことを考えているシーンがあります。
「こういうのってあるよね」と思いながらみておりました。
経験からいって、こういう迷った場合は『初心に戻る、基本に戻る』をお勧めします。
自分が何故それを始めたのか、またそれに関しての情熱(気持)を思い出すことにより結構自分の今後の歩み方がみえてきますから。
それによって、続けるか、止めるか判断材料になります。
本当は何かを始める時、そのときの気持ちを何か書面に残しておくといいんですよね。
そして、迷った時それを読み返すと、より記憶が鮮明になりますから。

今回EDはラビーでした。

次回2本です。

|

« 「遊戯王GX」(再) ターン9(隼人VS熊蔵) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的103)「第一関門」感想 »

コメント

初めまして。VAIPARと申します


今回のケロロは色々と考えさせるいい話でしたね^^

それでは♪

投稿: VAIPAR | 2008年10月12日 (日) 19時44分

初めまして。

今回は日向家に来た漫画家に対し、ケロロがいろいろ何かをするという話(ギャグ)と、人に喜んでもらう嬉しさ、何のためにそのことをしているか(または始めたか)という話(シリアス)をうまく混ぜてメリハリのある考えさせられる話になっておりました。

ラストでハヤトが自分の作品を誉めてくれた人は誰だったか・・と気づく部分はよかったです。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2008年10月12日 (日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/42764353

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「編集者は強し!」 :

» ケロロ軍曹 第233話 [VAIPAR日記]
OPがJAMになったり、冬樹の声優が変わったりと最近革命の多いケロロ軍曹ですが… 今週は 「秋 編集者は強し! であります」 いや〜、実にいい話でした^^ ケロロ軍曹久々の大当たりの話だったと思います 次回も期待してるであります!... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 19時36分

» ケロロ軍曹 #233秋 編集者は強し! [才谷屋DIARY]
手塚治虫のような見た目の、マンガ家を目指すハヤト少年と秋ママの話ハヤトの声が緒方 [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 21時45分

» ケロロ軍曹 第233話(10.11放送) [まりねこの足あと]
ハヤト役のCVが緒方恵美さんだったので、 てっきりエヴァネタがあるのかと思いましたー{/face_ase2/} 「秋 編集者は強し! であります」 なかなかデビュー出来ない漫画家の卵・岡本ハヤト君。 秋ママは、そんな彼を自分の家に招きます。 しかし、ママはいつ556をバイトに雇ったのかしら{/face_sup/} ママの運転するバイクのスピードに自転車でついていけるのは、彼しかいないからなのか? で、ハヤト君を金づるにしたいケロロの活動{/arrow_r/}夏美による粉砕{/ee_2/} 鬼編... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 23時25分

» ケロロ軍曹 第233話 [Anellia Neo]
2年前、七夕の回の感想で書いた私の願い事「秋ママで30分1本」がようやく叶った。でも73話「冬樹 198? 僕たちの夏休み」で実質、叶っているし、この時のほうが今回よりメインぽいですけどね。前回、ED画が予想外の秋ママでテンションが急上昇、しかし予告で556が見えた時点で秋ママメイン話なのにテンションが急降下してました。... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 00時08分

» ケロロ軍曹 第233話 [Brilliant Corners]
「秋 編集者は強し! であります」 ハヤトって、ハヤト・コバヤシ?(^▽^;) [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 07時54分

» 『ケロロ軍曹』 秋・編集者は強し [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ冬樹の声が、川上とも子さんのご病気で桑島法子さんに替わりましたが、しだいになじんでいるのは流石ですね。でも、やっぱり川上さんに早く良くなっていただけるよう祈っております。どうみても若き手塚治虫先生みたいに見える漫画家志望の青年の名は八八十(ハヤト)。角山書店の編集部で原稿を見てもらったけど、「いまひとつエネルギーが足りない」とベテラン編集者にいわれて落ち込んでいます。そんなハヤトを秋ママがアパートまで追いかけてきて、担当が怪我で自分が替わることになったと宣告。とまどうハ... [続きを読む]

受信: 2008年10月14日 (火) 22時00分

» その強きこと風の如く [銀河後悔日誌]
 10月11日放送の『ケロロ軍曹』第233話は、「秋 編集者は強し! で あります」が放送された。  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  サンライズの公式ページ  角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]  バンダイビジュアルのラジオページ(ケロロとギロロの地球[ペコポン]侵略ラヂオ)  先週から変わった、JAMのOP。熱い曲が内容とあまり関係ないようで、逆に『ケロロ』らしかったりして…。  ・「編集者は強し!」  秋ママが某ミサトさんに見えるような、そうでないような。  ... [続きを読む]

受信: 2008年10月15日 (水) 03時01分

« 「遊戯王GX」(再) ターン9(隼人VS熊蔵) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的103)「第一関門」感想 »