« アニメ・ケロロ軍曹「戦場はメリークリスマス」 | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン20(レイVS十代) 感想 »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的113)「電光、再来」感想

ツナたちがメローネ基地に入った場合、戦うであろう(使えそうな)人物名をマシュマロを駒のごとく置きながらあげていく白蘭。
その中に、γの名をあげる。
そのγは了平、獄寺と遭遇する。
彼は司令室に向っていたことを述べ、またこの基地が正方形の部屋でできていて、まるでパズルのように移動できることを話す。
最初、かって負けたこともあり、そのリベンジと獄寺がγと戦おうとするが了平が獄寺を動けないようにしγと戦う。
了平がγから攻撃を受けたころ、京子の持っていた了平のボクシング部グローブに異変が起きる。
不安を感じた京子だったが、古いグローブだからと思うのであった。
(この時、その場にはハル、イーピン、ランボさんがいた)。
その頃ツナはミニ・モスカが地震の揺れで倒れ、動かなくなったのを機に逃げようとするが、それをスパナに察しられる。
しかも、ジャンニーニから渡されたヘッドホンには別の機能があり、3D映像のリボーンが現れる。
そしてここでXバーナーを完成させたほうがいいとツナに話すのであった。
また、ボンゴレアジト内は今のところ無事な事と、山本らの状況を話すのであった。
一方獄寺と離れた山本は役に立たなくなった地図に頼らず、勘で先に進むことを決め、雲雀は戦闘中。
そして入江はγと獄寺たちが遭遇したことを知る。
(γと獄寺たちの遭遇は入江の差し金と考えるγ)。

今回は白蘭、獄寺&了平と遭遇するγ、ボンゴレアジト内(京子ちゃんらも)、入江、ツナ&スパナ、山本と雲雀・・・・・・と、同時進行中の各場面が入ってました。
かってあまりなかった雲雀さんの様子も少しありました。

マシュマロを駒のようにテーブルに置いて行く白蘭。
思わず食べ物で遊んではいけないよ!と思ってしまいました(笑)
γの名前をあげるとき、妙にもったいぶって名前を上げたような気がしました。

リボーンの映像がツナの前に現れ、会話をしたのには驚きました。
しかもそれにあまり驚いていないような?スパナ。
スパナは技術者としてこういう装置に興味ないのかな?とも思いました。
スパナと普通に話しているリボーンも凄いと思いますが、そのリボーンとこれまた普通に話しているスパナも凄いと思います。

~~ハルのハルハルインタビュー でんじゃらす~~

今回はディーノさん。
とってもフレンドリーな好印象を与える話し方です。
でも、近くにディーノさんのことをよく知っているリボーンがいてどことなくディーノさんはやりにくそう。
しかも部下が心配して顔をのぞかせます。
そんなディーノさんのダメダメな写真を披露するリボーン。
焦るディーノさん落ちてしまい・・・・・・ゲストがいなくなったのでハルハルインタビューは終了。

ディーノさんの登場ですね。
この様子だと、Dr.シャマルやママン、山本父とかも出てくるかもしれないと思ってしまいました。

|

« アニメ・ケロロ軍曹「戦場はメリークリスマス」 | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン20(レイVS十代) 感想 »

コメント

こんばんは。

>こういう装置に
私は逆に、スパナにとってはごく普通のシステムだから
ホログラムで驚くツナが新鮮なぐらいなんじゃないかと思いました。

もうちょっと後の話になりますが、方向性はともかく(笑)
スパナとジャンニーニのメカ魂は同じぐらい熱いという描写も
出てきますし……、スパナもああいう装置、作れるんじゃないかなと。

>Dr.シャマル
出てくると思いますー、コミックスでも出てたし。
山本父は、コミックスの山本インタビューの時、
寿司屋でインタビューしてたので、

山本父が小学生ぐらいの山本の写真持ってきたり、
となごやかな展開になってました。

それでは。

投稿: 宵里 | 2008年12月20日 (土) 22時11分

こんばんは。

>スパナもああいう装置、作れるんじゃないかなと。
なるほど。装置を作れるのでしたら、別に普通ですよね。
時間の流れ、というか10年後の世界はツナのいる世界に比べより科学が進歩しているでしょうし・・・・。
現実でも10年・・・・はそうでもないか・・・・えっと、20、いや30年前の人間が連絡をとるのにカバンから携帯電話を取り出し、話し始める人を見かけたら驚くだろうなあ、というくらい進歩してますし。
ツナにとっては驚きでもスパナにとっては当たり前のこと・・・・という違いですね。

>山本父が小学生ぐらいの山本の写真持ってきたり
じゃあアニメでは赤ん坊の山本や幼稚園の山本の写真をもってきたりして(笑)
本編は戦闘で殺伐としてますからハルハルではなごやかな展開にしてほしいですね。

コメント、ありがとうございました。

投稿: みかりん | 2008年12月21日 (日) 19時57分

みかりんさん、こんばんは~♪
やっとγが出て嬉しいさくらこです^^

ミニモスカ可愛いので早く直ってほしいです
一家に一台あったら便利かも
雲雀さん喋らなかったですがちらっと出てましたね~

久しぶりに見れたディーノさん。
ばらされそうで嫌だったんでしょうね

リボーン記事でお世話になりました
来年もよろしくお願いします^^

では、失礼しました^^

投稿: さくらこ | 2008年12月25日 (木) 20時54分

こんばんは。
オリジナルのミルフィオーレファミリーは戦うのに役不足を感じてましたので、私も見応えありそうなγの登場は嬉しいです。

>ミニモスカ
「一家に一台、ミニモスカはいかがですか?」
・・・・なんてCMになりそうな(笑)ミニモスカはかわいいですよね。

>雲雀さん
・・・・フアンサービスのためにも話してほしいですよね。

>ディーノさん
あまり出てこなくなった人物がでてくると嬉しかったりします。
山本父もでる可能性があるとか!?
どうせならコロネロをだしてほしいですが(笑)

コメント、ありがとうございました。
私の方こそお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
それでは、よいお年を。

投稿: みかりん | 2008年12月26日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/43476380

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的113)「電光、再来」感想:

» あにめりぼーん113話「電光、再来」 [獄ツナBlog5927]
アニメリボーン第113話は、コミックス21巻,SISTEMA C.A.I.来る!の 標的190「vs,γ」から標的191「笹川了平vs,γ」の途中までがアニメになってました! 冒頭、イタリア本部の白蘭がマシュマロで「正ちゃんの助けになるのは」 と... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 22時06分

» 家庭教師ヒットマンREBORN!#113「電光、再来」感想 [おぼろ二次元日記]
基地の配置が変わってしまった!獄寺と了平の前に現れたのはあの男!!!「電光、再来」あらすじは公式からです。入江により再びメローネのブロックが移動され、獄寺とγは、因縁の再会を果たした。獄寺の脳裏に、γに惨敗した記憶が蘇る。一方γは、メローネ基地のからく...... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 16時22分

» 家庭教師ヒットマンREBORN 「電光、再来」 [自由で気ままに]
因縁の再会 [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 18時54分

» 家庭教師ヒットマンREBORN! 第113話 [SOLILOQUY]
家庭教師ヒットマンREBORN!第113話「電光、再来」今回から原作に戻りました!そしていよいよ、待ち望んだあの男の登場だ!公式HPより入江により再びメローネのブロックが移動され、獄寺とγは、因縁の再会を果たした。獄寺の脳裏に、γに惨敗した記憶が蘇る。一方γは...... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 03時58分

» リボーン&ガンバ3位&マンUとノンスタ制覇 [別館ヒガシ日記]
は了平対γ開始&の前にの展開も 今回は制止で了平対γもアッサリと流れたし はディーノで部下イラズ駄目イマイチだったし はパチューカ3位決定戦で1対0勝利して 決勝はキド対マンUの決勝はマンU1対0で勝利し 3位&マンU制覇でクラブW杯は終了だよ M-1はクラ... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 20時11分

» 家庭教師ヒットマンREBORN! #113電光、再来 [才谷屋DIARY]
γ戦、開始~vvまずは了平が戦うも、あっさりダウン早すぎっ(@@)!雷の属性「硬 [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 21時33分

» REBORN!#113 [Sweetパラダイス]
待ってました〜私の大好きなγ登場ですきゃ〜〜〜〜〜γきゃ〜〜〜〜〜和彦さんγ&和彦さんヴォイスを楽しみたいと思います雲雀さんが2人いても勝てないだと?雲雀さんは最恐なんだから縄プレイのごっきゅん。きゃは〜縛られてる縛られてるやっぱREBORN!は腐女子...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 20時46分

« アニメ・ケロロ軍曹「戦場はメリークリスマス」 | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン20(レイVS十代) 感想 »