« 2009年 明けましておめでとうございます | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン22(続:十代VS三沢) 感想 »

「遊戯王GX」(再) ターン21(十代VS三沢) 感想

ノース校の代表者とデュエルをする代表者を決める為、三沢と十代がデュエルをする話。

国崎康介登場。
アカデミアでの生徒行方不明事件の特ダネをとろうと、アカデミアに侵入。
また、前回鮫島校長が言っていた姉妹校のノース校の生徒とデュエルする代表者を決めるデュエルを三沢と十代がします。
三沢は十代とのデュエルを知った段階では十代用の7番目のデッキたまだ完成されていませんでしたが、デュエル当日までには完成させます。

ノース校とのデュエルにおいて、ノース校代表者が1年生とわかり、デュエルアカデミアでも1年生をだすことになりました。
デュエル対戦者として予定していたカイザーは1年生が出ることに承諾し、十代を推薦。
レッドの十代が代表者となることに納得しないクロノス教諭は三沢を推薦します。
そして、三沢と十代のデュエルで勝った者が代表者となることになりました。
7番目のデッキを完成した三沢はそれで十代とデュエル。
最初は十代が優勢と思われましたが、三沢はキーカード誘いを行い融合カードを使った十代に対し、融合カードを無効、破壊し、もうこのデュエルでは融合カードが使えないようにしてしまいます。
融合を封じられた十代。
デュエル前日にアカデミアに入り込んだ国崎は情報を得るためレッドの制服を着用。
情報を得ようとしますが、レッドの生徒と思われイエローやブルーはまともに会話をしません。
十代、翔、隼人は国崎に気付き、寮で食事をしたり自室に連れて行ったりします。
(十代は国崎を万年落第生と思います)
翌日、三沢と十代がデュエルをしている中、行方不明の生徒の特ダネを得るため、手薄になったアカデミアのパソコンに接続して情報を得ようとします。

「遊戯王GX」は本放送ターン1から180まで全部みており、またGXの漫画の方のコミックスも買って読んでおります。
せっかくの再放送なので、「当時思ったこと」「今思うこと」とわけてみました。

●当時思ったこと
デュエルアカデミアに侵入する国崎。
侵入できるということはデュエルアカデミアのセキュリティは大丈夫なのかと思ってしまいました。

国崎はデュエルアカデミアのパソコンに接続して、情報を得ようとします。
だから・・・・・このアカデミアのセキュリティって・・・・・。

●今思うこと
ノース校の代表者は1年生。
・・・・・この1年は誰で、またどういう過程でノース校の編入したのかわかっているだけに微妙な感じです。

行方不明の生徒に関連した場所として今は使われていない寮があることを知った国崎。
その場所に行くと明日香がいて、行方不明者の知り合いかなにかと、明日香に尋ねます。
その言葉をきつい口調で否定する明日香。
あいかわらず女の子一人で、あんな人のいない所に行くのは・・・・危険だわ、と思ってしまいます(明日香の気持ちもわからないでもないですが・・・・)。

十代に融合封じをする三沢。
「オレの計算に間違いはない」
・・・・と言ってますが・・・・・彼は負けます。

これから先がわかっているとまた感想も違ってきますね・・・・・。

|

« 2009年 明けましておめでとうございます | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン22(続:十代VS三沢) 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/43614843

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(再) ターン21(十代VS三沢) 感想 :

« 2009年 明けましておめでとうございます | トップページ | 「遊戯王GX」(再) ターン22(続:十代VS三沢) 感想 »