« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的119)「戦いの狭間」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「六の巻 蘇る勇者!!」 »

「遊戯王GX」(再) ターン26(続:万丈目VS十代) 感想

ノース校の代表、万丈目とデュエルする十代の話の続き。

デュエル中、現れたおジャマ・イエローを精霊が見える十代にも見える模様。
この対抗デュエルの勝利者がいる学校の校長への褒美は、トメさんのキス。
しかも、トメさんは「ミス・デュエルアカデミア」でもあるよう。
「やり残したことがある」とデュエルアカデミアに戻る万丈目は進級に必要な出席日数の関係でオベリスクからオシリスへ変わります。

十代と万丈目のデュエルは拮抗。
そんな時、どことなく自分ではなく兄からのプレッシャーと戦っているように思える万丈目に気づく十代。
「勝ち負けよりデュエルは楽しいからするもの」と十代は思います。
そして、勝負は万丈目の敗北へ。
万丈目グループのためこのデュエル大会をテレビ中継させてました万丈目の兄たちでしたが、万丈目が負ける瞬間、番組は急遽天気予報へと変更になりました。
自分達の用意したカードを使わないことも含め、負けたことに対し万丈目を責める兄2人。
その2人に万丈目は兄からのプレッシャーと戦ったことを十代は告げます。
結果がすべてという兄たちに帰ってほしいと万丈目は言い、また周りの観客からの喚声もあり、兄たちは帰っていきました。
デュエルが終了し、ノース校へ帰る準備が整った頃、万丈目は「やり残したことがある」とデュエルアカデミアに残ると言います。
ノース校の生徒たちが驚いた後、勝利者への褒美として、ミス・デュエルアカデミアでもあるトメさんからお祝いのキスが鮫島校長へと。
褒美はトメさんのキスでした。
そして、出席日数の関係でオシリスレッドになった万丈目に「一、十、百、千、万丈目サンダー!!」コールが響き渡るのでした。

「遊戯王GX」は本放送ターン1から180まで全部みており、またGXの漫画の方のコミックスも買って読んでおります。
せっかくの再放送なので、「当時思ったこと」「今思うこと」とわけてみました。

●当時思ったこと
トメさんってミス・アカデミアなの!?と思ったのと同時に、褒美をもらえて喜ぶ鮫島校長と悔しがる市ノ瀬校長から考えて、もしかしたらこの2人昔トメさんを巡っての恋のライバル?と想像してしまいました。
トメさんもかって若かりし頃はかなり美人でスタイルもよかったのではないのかと思ってしまいました。

万丈目サンダー!!と叫ぶ中に明日香の姿が!
・・・・イメージ的に、冷静な彼女がみんなと一緒になって叫ぶ姿はなんともいえませんでした。
そういえば明日香は以前万丈目を嫌っていたはず・・・・・どの辺りで万丈目の印象が変ったのだろうか、と思ってしまいます。

●今思うこと
「デュエルはワクワクするもの」「勝ち負けよりデュエルは楽しいからするもの」
こんなことを言っていた十代が異世界に行った後は・・・・・。

「結果こそすべて」と言う万丈目の兄。
そして「勝ち負けだけじゃない」と言う十代。
これらの言葉を後に勝利に拘ったヘルカイザー、いえ、カイザー亮はどう思ったのだろうかと思いました。
たぶんこの頃はこの言葉をあまり深くとらえていないと推定しますが、後に勝利に拘るようになる者がこういう場面に接していたと思うと、なんともいえませんでした。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的119)「戦いの狭間」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「六の巻 蘇る勇者!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44009930

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(再) ターン26(続:万丈目VS十代) 感想 :

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的119)「戦いの狭間」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「六の巻 蘇る勇者!!」 »