« 「遊戯王GX」(再) ターン26(続:万丈目VS十代) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的120)「仮想空間」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「六の巻 蘇る勇者!!」

復活した魔獣を目の前にした武者ケロたちは・・・・・という、武者ケロ完結編の1本。

蘇ったナナマタノオロチは暴れまわり、武者ケロたちは捕まっていた人々を逃がしつつ戦闘。
また雪乃進の持っている4つの古代兵器を渡して欲しいと雪乃進に頼みますが、雪乃進は今の状態では発動しないこと告げ、5つめを探しに行きます。
ドロロも探しに行きました。
暴れまわるオロチに五右衛門も飛ばされます。
5つめの玉を探してたドロロと雪乃進でしたが、そこで雪乃進は古代兵器を発動するのに封印を解いたランスターの人間が必要なことを述べます。
その人とケロン人の気持ちが合わさって発動するとのこと。
つまり、現状況では冬吉、お夏、桃姫、623がここにいないため、古代兵器は発動しないのでした。
一生懸命5つめの玉を探す雪乃進とドロロは、ついに5つめの玉を発見し、発動、やがて他の4つの玉はそれぞれ発動に必要な人々のもとへ飛んでいったのでした。
その頃、ナナマタノオロチと武者ケロたちは戦い続けます。
そして、それぞれの玉を持った冬吉、お夏、桃姫、623がその場に現れ、5つの玉が一つになったとき、伝説の古代兵器の真の姿、武者ロボが現れます。
それでも苦戦する武者ケロたち。
そして武者ケロがあるボタンをおしたとき、武者ロボの手には時空を切り開く剣があったのでした。
この剣を使えばナナマタノオロチを時空の彼方に送ることができますが、と同時に武者ケロたちも一緒に時空の彼方へと。
時空の彼方へ行くことを決心した武者ケロに同意したギロロたちは、ナナマタノオロチとともに時空の彼方へ。
でも、冬吉、お夏、桃姫、623、雪乃進の願いで助けられ、武者ケロたちはもとの世界へ戻ったのでした。
オロチと古代兵器はランスターの過去に戻り、オロチは封印され、古代兵器は守られる(ここで守る事を決める秋ママに似たアキが登場)という・・・・・伝説の始まりです。
そして冬吉たちは古代兵器を守る一族の子孫で、また先祖の記憶を思い出したことを武者ケロたちに話したのでした。
ヴァイパーもいなくなり、この星の平和のために皆で力を合わせることを冬吉は告げます。
そして、武者ケロたちはペコポンへと戻っていきました。
古代兵器は過去にいってしまい手に入らなかったのですが、そのことは本部も承知していた(クルル談)ようで、このミッションは終了となったのでした。

六の巻で完結した武者ケロ。
古代兵器は過去へと行き、未来で復活したヤマタノオロチをまた過去へ送るために未来で古代兵器も復活、そしてまた過去へ・・・・・とず~~~~っと繋がっている無限ループのような終わり方でした。
まあ、うまくまとまっているといえば、うまくまとめたという印象でした。
この星に武者ケロたちが訪れ、古代兵器を守っていた一族を先祖にもつ者と出会い、やがて力を合わせてオロチの封印(過去へ)というこの一連の行為は偶然というより必然な気がします。
何だかこういう状況になるように古代兵器が導いたというか・・・・。

うまくまとまってはおりましたが、不満を言えば、おモアの存在。
結局彼女は何のために毎回出ていたのでしょうか?(←「意味はない」といえばそれまででしょうが・・・)
おモアが実はなにかしらこの古代兵器と関連があったから毎回でていた・・・・・ということであれば納得しますが。
毎回の登場・・・・偶然にしては偶然すぎるので、必然と思っていただけに特に何も関連していなかったのが残念な気がします。
実は、おモアは古代兵器を守る一族の長の子孫で、真の姿になるのに彼女の力が必要で、おモアが毎回でてたのは一族の子孫と接触するため、また武者ケロたちに古代兵器を託せる人物であるかどうか見定めるため等で毎回登場していた・・・・・・とかもう少し毎回登場に納得する設定にしてほしかったです。
もちろん、おモアはそんなことは意識していなく、無意識の部分で武者ケロたちに接していて、また武者ケロのいる場所へおモアが毎回いるのは、古代兵器の導きだから・・・・・とか。
でないとああも毎回出てくるのはある意味ストーカーととられてもおかしくない・・・・ような気が(←おい)

といっても、まとまりはよかったので、話そのものはよかったと思います。

武者ケロたちがペコポンに帰る前、冬吉が「これからはみんなで力を合わせて・・・・」と語っていた時の桃姫の冬吉を見つめる視線が気になりました(笑)
ここで冬吉と桃姫が初めて出会ったとしたら、桃姫の一目ぼれ?・・・・・なんてことはないと思いつつ気になります。
・・・・まあ平吉さんがいるし、そんなことはないでしょうけどね・・・・・。

EDは『聖バレンタインだヨ!ケロロ軍曹!』
放送日の今日は2月14日。
今までのバレンタインの話が編集されてました。

次回は556の話で1本です。

<追加>

もう一度みなおすと、冬吉たちに助けられた後、武者ケロは「冬吉殿も、お夏殿も・・・(略)・・・一族の子孫」と言ってますので、「皆」の中にはおモアも(平吉も?)含まれているのかもしれません。だから一族の子孫なので毎回おモアは登場?

|

« 「遊戯王GX」(再) ターン26(続:万丈目VS十代) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的120)「仮想空間」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44057889

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「六の巻 蘇る勇者!!」 :

» 時空を越えて [マイ・シークレット・ガーデン]
{/kaeru_love/}子どもがニヤニヤしながら、小さな袋を私に手渡す。 なにかしらん? もしかして、 こないだ作ってた友チョコの中に私の分も入ってたとか?! そーっと中のものを出してみたら・・ 『 黒執事 ? 』 だったー!! {/hiyo_en2/} (友達から借りてきたものを私に読ませてくれたの☆ チョコよりうれしかったり♪ 『ケロロ軍曹』 第250話 【武者ケロ 六の巻 蘇る勇者 でござ候】 やっと集めた4つの水晶を雪乃に奪われ、 伝説の魔獣・ナナマタノオロチに襲われるケロロ... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 20時17分

» ケロロ軍曹 第250話 [Anellia Neo]
nbsp;前回のケロロはBSジャパンで録り直したんですが、でも画面が狭いのでDVDに落とす用にAT-Xで再度、録り直しをすることにしました。 武者ケロ 六の巻nbsp;蘇る勇者で ござそうろう 冬吉君、お夏、桃姫、六二三、雪乃の5人が守人の子孫というのがご都合主義にも見えるのは気のせいですか(^_^;) ナナマタノオロチを倒す伝説の古代兵器はロボット、 最終奥義は時空を切る剣。 しかしそれを使った者たちもまたほかの時空に飛ばされる代物。それを承知で使うことにするケロロ小隊。... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 00時04分

» 『ケロロ軍曹』 武者ケロ六の巻 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメついに魔獣ナナマタノオロチが出現し、局面はいっきに最終決戦へ。その恐るべき破壊力の暴威に、ラン星の住民だけでなくヴァイパーの配下や、はてはヴァイパー五衛門自身もふっ飛ばされてますが、そもそも魔獣を掘り出すだけで、どうやって操るか考えてなかったんでしょうか?武者ケロ小隊も必死に防戦しますが、足止めさえも困難。しかし、ラン星のために戦う彼らの姿を見て、ようやく雪乃も心を開いてくれました。ドロロと協力して5つ目のお宝を探すあいだ、ケロロたちがナナマタノオロチをひきつけます。そ... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 13時04分

» ケロロ軍曹 第250話(2.14放送) [まりねこの足あと]
プルルちゃんとかアリサとかジョリリとか、 他のキャラinラン星も観たかったな{/cat_4/} 「武者ケロ・六の巻 蘇る勇者 でござ候」 先週の続き〜 オロチは、まずヴァイパーを攻撃{/ee_2/} うん、ヤツの最期は、意外とあっけなかった・・・ 改めて、オロチvsケロロ小隊の最終決戦{/v/} ケロロたちは5つ目の玉も手にしたけれど、それだけでは古代兵器は発動せず{/down/} 玉自らがキーとなる人物を呼びに行ったとは、何て便利な{/up/} 期待していた古代兵器は・・・ケロロロボとあんま... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 22時31分

» そして伝説へ [銀河後悔日誌]
 2月14日放送の『ケロロ軍曹』は、第250話「武者ケロ 六の巻 蘇る勇者 で ござそうろう」が放送された。記念すべき話数で、武者ケロシリーズは完結。  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  サンライズの公式ページ  角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]  ・「蘇る勇者」  完結編ということで、伍の巻の雪乃も含め、過去4回のゲストキャラが総出演。これは、古代兵器を使うには、兵器を守って来た一族の力も必要…ということだった。そして、ご先祖様は、まさかの秋ママ(に似た人)。  ナナ... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 02時45分

» ケロロ軍曹 第250話 [パズライズ日記]
今回は戦国ランスター編完結の話。 伝説の古代兵器は次元ループしまくるものだったみたいですね。 ヴァイパー達はナナマタノオロチにやられてあっさりと退場。 案の定自滅でしたが早い早い、もはやそれ自体がギャグでした(笑)。 雪乃登場でドロロと協力しての古代....... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 19時11分

« 「遊戯王GX」(再) ターン26(続:万丈目VS十代) 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的120)「仮想空間」感想 »