« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的123)「剣帝の教え」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「トランクス対ブリーフ」 他1本 »

「遊戯王GX」(再) ターン30(続:ダークネスVS十代) 感想

カギをかけ、デュエルするダークネスと十代の話。

なんと!ダークネスは明日香の行方不明の兄、天上院吹雪でした。
吹雪の体にダークネスの魂が入り、そしてそのダークネスの魂が封印されたため、吹雪本人に戻ったということ。
またカギは共鳴するようです。

始まった闇のデュエル。
ダークネスは強く、十代は苦戦し、また隼人と翔の命も危なくなります。
それを見ていた明日香は、自分の持っているカギを渡し、また自分の魂を封印するかわりに皆を助けてほしいと申し出ます。
「天上院明日香」と名乗った明日香の言葉に、「あ・・す・・か」と反応するダークネス。
明日香がこの危険な闇のデュエルを止めようとしますが、十代がそれを遮り、デュエルは続行。
最後は十代が勝つのでした。
場所が移動し、倒れている十代とダークネス。
気を失っている十代に翔、隼人、明日香はかけよります。
そこへカギの共鳴もあり、この場所にカイザー亮、三沢、万丈目が現れます。
そして・・・・明日香が倒れているダークネスの方へ行くと、ダークネスは行方不明で探していた兄の天上院吹雪と気づくのでした。

「遊戯王GX」は本放送ターン1から180まで全部みており、またGXの漫画の方のコミックスも買って読んでおります。
せっかくの再放送なので、「当時思ったこと」「今思うこと」とわけてみました。

●当時思ったこと
カギって共鳴するのね、と吹雪兄が登場だわ!!
・・・・ぐらいかなぁ・・・・・なんだかこのターン30は「天上院吹雪の登場」というイメージが大きい他は特に当時何を思ったのか、思い出せないです。
(ということは、それほど印象がなかった話かも・・・・)。

●今思うこと
明日香が自分の名前を言った時、明日香という言葉に反応したのは今はダークネスでも吹雪の魂もあるからなんでしょうね。

予告。
翔「次の相手はボクにまかせて」
十代「え・・・・」
翔「いざという時は強いんだから」
・・・・・え!?翔がデュエル?・・・・と思わせぶりなセリフでしたが、「次の(セブンスターズと戦う)相手(を選ぶの)はボクにまかせて」という意味のようです。
その相手はクロノス教諭だそうですが・・・・・。
翔が「いざという時」・・・そう、翔はクロノス教諭を「いざという時強い」って思っているのが驚きでしたよ。
というと、普段は弱い?(まぁ・・・・十代に負けたことありましたけどね・・・・)。

ということで、次回はクロノス教諭のデュエル。
確かいつもの「ドロップアウトボーイ!」と生徒をバカにするクロノス教諭と違い、先生らしいことを言っていたような・・・・・。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的123)「剣帝の教え」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「トランクス対ブリーフ」 他1本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44283432

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊戯王GX」(再) ターン30(続:ダークネスVS十代) 感想:

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的123)「剣帝の教え」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「トランクス対ブリーフ」 他1本 »