« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的128)「風紀委員長、来る」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「サクラ大変!」 »

ハヤテのごとく!!(第2期)第2話「マネーのとら」

マラソン大会は2位で、1位になれなかったナギ。
約束通りハヤテは執事を辞めることになり、クラウスがある場所へ行き修行をすれば辞めなくてもいいチャンスをハヤテにだす。
その場所には、その場へ向う途中でハヤテが出会ったシスターがいて・・・・・・。

第1話はメインキャラ集合という感じでしたが、第2話からはストーリーが進みます。
第1期のあのテンポに慣れているせいか、少しスピードが遅く感じられます。
まあ、これはこれでいいのかもしれないと思う部分もありますが・・・・・・第1期とは別物と考えてみたほうがいいのかもしれません。

修行をしに行った場所に泊まった時、このままもう執事に戻れないのではないのかというハヤテの不安感が良く描かれていました。
またナギから電話がかかってきて、ナギの優しさに触れて(「早く帰ってきて」という言葉やナギが気にしてくれているという気持ち)、不安感が落ち着く描写が好きでした。

ある場所へ向うため、電車に乗ろうとするハヤテ。
「敗北原因はお金への執着」と思いながら駅を歩くのですが、その背景のポスターは普通すぎました(笑)
いえ、第1期ならきっとポスターにはアニパロがあるのではないかと・・・・・・と、第2期は第1期とは別物、別物・・・・・(苦笑)

そこで見かけたシスターと同じ電車にのり、失業・借金のある男にハヤテはからまれ、それをこのシスターが止めます。
気分を害した男はシスターを殴ろうとしますが、それをかわすだけでなく、その男を倒すシスターなのでした。
・・・・・・女性を殴ろうとするこの男は何て奴!と思いましたが、それよりハヤテが「女の人になにをするんですか!!」と男の前に立ちはだかってほしかったです。

そのシスターを再び目的の場所で再会するハヤテ。
生まれがギリシャということもあり、日本語に慣れていないようで、明確な言葉(執事として無能とか)傷つく言葉を述べてハヤテの胸にグサグサとささります。
(特にハヤテに言った「女の子みたいな顔のくせに」はきついと思いましたよ)

そして、修行内容は「執事クエスト」でメダルを取りにいくということ。
さっそく?仲間を集め始めたハヤテはナギ、雪路を仲間に。

ナギは「勇者」、雪路は「エルフ」と言って登場しますがゲームに詳しい人にとっては「お約束設定」かもしれませんが、知らない人にはよくわからない設定だろうなあ、と思いました。

ハヤテはヒナギクを仲間にしようとしますが、ヒナギクはマラソン大会で高いところに連れてこられたことを怒っているようでした。
ぐちぐちと迫力のあるヒナギクに対し、仲間は無理と察したハヤテは「すみません、出直してきます」と退場。
結構ヒナギクは、ナギのためにやったことをロリコンと言ったり、ちょっと言いすぎな感じがしました。
どちらかというと、ハヤテが出ていく前にクスクス笑いながら「これで勘弁してあげるわ」とかハヤテに言うだろうと思っていただけに、そうしないヒナギクを残念に思います。

今回はシスターやヒナギクと、グサグサつきさされる役のハヤテ。

そして、頼りがいのある人を探していると、サキさんに遭遇し、ワタルが頼りになるということで、ワタルが仲間に加わります。
でも頼りがいのある人、としてマリアさんには声をかけなかったののかしら?(または断られたとか?)

かくして、ハヤテ、ナギ、雪路、ワタルでメダルを取りに行きます。

その頃、伊澄の元へ悪霊退治の依頼が・・・・・その依頼者はハヤテが出会ったシスターと同名。
ハヤテが出会ったシスターは本物ではない?・・・・・と謎を残し、次回へ。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的128)「風紀委員長、来る」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「サクラ大変!」 »

コメント

シスターは、原作ではコミック6巻目に登場しました
既出のメンバーのなかでテレビアニメでの登場は遅くなってしまった

原作該当部分はコミック6巻4話~6話と8話
間の7話目の西沢家で執事学習の回がかっと、次の8話目の最初の部分もカット

次回はついに幽霊神父が初登場
中の人が大変きになります

原作ハヤテは遺産相続にはハヤテのもっているペンダント王玉を破壊すればで咲の兄さん現われてで次週


投稿: りあん | 2009年4月17日 (金) 08時22分

原作では、他の客に迷惑掛かるからぼくがで、そのあとにシスターの一連の行動
アニメは終始素手ででしたね、原作は素手のあとにナイフです

投稿: りあん | 2009年4月17日 (金) 09時20分

パロはいろいろと、削られているけど、原作では、パロを入れつつキャラで笑わす、前期は、パロで壊滅的なっていましたが

未読と既読でかなり温度差があります

投稿: りあん | 2009年4月17日 (金) 11時33分

こんばんは。

シスターは原作では早めの登場なんですね。
他に牧村嬢の出番が遅かったり、ヒナギクが早かったり、アニメはアニメで順番がかなり違うようです。
シスターが今後ハヤテたちにどう関わってくるか、楽しみです。

第1期でもキャラは多かったですが、第2期でも初登場キャラが多そうですね。

>西沢家で執事学習の回
アニメでみたかった気がします・・・・。

>原作は素手のあとにナイフです
世間ではナイフ持参が問題視されているし、カットしたんでしょう。

>パロ
今回パロがありましたが、どことなく意図的に入れたパロディ、という感じがして素直に笑えませんでした。
というか、自分の中ではスルーしているというか・・・・・・。
テンポが遅いせいかノリが悪く、パロディがあっても笑うというより・・・・・やっぱりパロディが意図的に思えるなぁ・・・という感じです。
全体的にメリハリがなく、なんとなくストーリーが流れていくという感じなので、自分の中ではパロディもストーリーの一部としてスルーしてしまうのかもしれません。

それでは。

投稿: みかりん | 2009年4月17日 (金) 21時54分

時間経過は数時間、数十分でうごいてます。この作品
原作が4年かかって4か月でいまのミコノス島編、前期最終回と番外編のその後ですね

パロを入れてもキャラで笑わす作品
パロを入れて壊滅しないです
原作読まないひとには理解されないのがちと残念です

投稿: りあん | 2009年4月17日 (金) 22時24分

執事学習をして、最終試験で執事クエストの流れだったのに対して、アニメでは地下迷宮にいきなり突入です
超圧縮な上に必要な部分まで削られすぎです

結論
原作が面白いです

投稿: りあん | 2009年4月17日 (金) 22時34分

第1期は現実の季節に合わせての展開だったので、今回は原作に合わせてゆっくり展開する内容なんですね。

>パロを入れてもキャラで笑わす作品
何故か第2話はキャラが大人しい感じがします。パワーがないというか・・・・・。
そのせいか、キャラで笑えませんでした。
次回は執事クエスト、ということで動きのあるパワー全開の彼らに期待します。

>執事学習をして、最終試験で執事クエストの流れだったのに対して、アニメでは地下迷宮にいきなり突入です
だから唐突な感じがしたのか・・・・・。
まあ、いきなりのクエスト展開だったので、それもありかな?とは思ったのですが、何か変な感じはありました。

アニメではアニメでのいい部分があるかと思いますが、原作のよさをも引き出してほしいですよね。

それでは。

投稿: みかりん | 2009年4月18日 (土) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44691167

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!!(第2期)第2話「マネーのとら」:

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的128)「風紀委員長、来る」感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「サクラ大変!」 »