« 「遊戯王GX」(再) ターン39(黒サソリ盗掘団の首領VS万丈目) 感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「愛しの看護長」 他1本 »

漫画「遊戯王GX」第5巻 感想

コミックス「遊戯王GX」5巻、購入しました。

3巻が昨年5月頃、4巻が11月頃の約半年ごとにコミックスが出ているので、もうそろそろ5巻発売?と思っていたら、発売されてました。

さて、5巻はトーナメントの決勝戦、及びその優勝者とカイザーとのデュエル、そしてマックが響紅葉の姉のみどり(響先生)と闇のデュエルをする話です。
前々から何かしら企んでいたような気がしてたマックがついに、”やつ”への反逆を決意。
そして、その場にトーナメント決勝戦を終えて現れた十代。
4巻でデュエルアカデミアに乗り込もうとしていた人物が5名を伴い、デュエルアカデミアへ。
・・・・・カイザー戦が行われている中、いろんな動きが起こり、また起ころうとしております。
表紙は明日香。
同梱カードは「堕天使ディザイア」でした。

それでは感想へ。

マックの本性、発揮!(笑)というところでしょうか。
響先生に「紅葉をもとに戻す方法を教える」と言い、デュエルを誘いながら実はその方法を知らなかったというのは彼女らしいというか。
最初、読んでいて闇のデュエルをするということは負けるとその場で昏睡状態になるから、デュエルに勝っても相手は負けて昏睡状態だしどうやって聞くのかしら?・・・・・って思ったのですが、響先生はそこまで考えなかったようで。
というか、弟のこともあり、そこまで考えられなかったのでしょうね。

どのデュエルも実力あるデュエリストの戦い、という感じで迫力があってよかったです。
やっぱりドラゴンは圧倒されますねぇ・・・・・。
個人的には響先生のような罠・魔法カードの多いデッキが好きですが。

①十代VS万丈目
優勝した者がカイザーとデュエルすることができるという決勝戦。
十代のデッキが紅葉さんのデッキを引き継いだことに気づき、一瞬紅葉さんを思い出し、自分がデュエリストになる決意をしたことを思い出す万丈目。
そして、紅葉さんとデュエルした時に使われたカードをドローし、自分がデュエリストになることを決めたことを思い出す十代。
2人ともこのデュエルを通し、デュエリストになる決意した時を思い出しています。
結局十代が負けるのですが、何となく十代の敗因の一つに「精霊と共に戦う覚悟の差」というのがあるような気がします。
もちろん十代も覚悟はありますが、その想いは万丈目の方が強いような。
かって光と闇の竜を封印し、また覚悟を決めて共に強くなる決意をした万丈目の方がそれだけ覚悟が大きいと思います。

正直十代は勝つと「ガッチャ、楽しいデュエルだったぜ」と嬉しそうに言うのは好きじゃないんですよね。
負けた相手は「楽しいデュエル」って言われても嬉しくありません。
今回負けた十代に楽しいデュエルだったぜ、と仮に万丈目が言ったら十代はどんな気分だろうかと思いました。
デュエルに負けただけでなく、望んでいたカイザーとのデュエルができず、ショックを受ける十代。
・・・・・そんな時「楽しいデュエル」って言われたら、きっと言われる側の気持ちがわかるだろうにと思います。

②マックVS響先生
デュエルアカデミアの講師だし、かなり手強いはず・・・・・・と思っていたらマックの想像以上の強さの響先生でした。
そういえば、2巻で紅葉さんが引退する決意を姉に話していた時、プロになっても姉に勝てなかったのが心残りと言っていたのを思い出したのですが、マックはもちろんそのことを知りません。
2人とも必死さが増すとともに、顔つきが怖くなっていきます。
また、かって紅葉さんが闇のデュエルをした相手がマックのよう。

途中で十代がハネクリボーの導きによりこの場に現れますが、弟を助ける方法より十代にこの闇のデュエルをさせてはならないという気持ちでマックに反撃する響先生。
人は「自分を守る(自分がかわいい)」本能で追いつめられたときに攻撃に入る、と思うマック。
・・・・・響先生は弟や十代を思い攻撃をし、マックは響先生は自分の本能で攻撃をしたと思うこの違いは彼女たちらしい気がしました。

だけど、攻撃が遅く、負けてしまい気を失う響先生・・・・・ハネクリボーを賭け、十代はマックとデュエルすることに。

③万丈目VSカイザー
アカデミア火山の火口の決闘場でデュエルすることになります。
次々と攻撃をかける万丈目・・・・・カイザーは!?
と、次に話が続きます。

マックが紅葉とデュエルをしていたとか、マックの反撃の決意とか描かれてましたが、じゃあ、マックに”やつ”が呪縛したいきさつは?とか疑問をもちました。
これも、いつか解明されるでしょう。
そして、そして、アカデミアに乗り込む新たなる登場人物・・・・・ってアニメにでていた彼らの登場ですか!?
アニメとどこまで同じような設定なのか、また違うのか、楽しみです。
というか、漫画では彼らは出ないと思っていましたから。

<関連記事>

漫画「遊戯王GX」第4巻 感想

漫画「遊戯王GX」第6巻 感想

|

« 「遊戯王GX」(再) ターン39(黒サソリ盗掘団の首領VS万丈目) 感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「愛しの看護長」 他1本 »

コメント

漫画版の十代は一度もガッチャとは言ってないですよね

投稿: あかさたな | 2017年3月 3日 (金) 16時23分

アニメと漫画の違いの一つですね。アニメとの違いを比べて読んでいくのも面白いと思います。
コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2017年3月 4日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44943959

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画「遊戯王GX」第5巻 感想:

« 「遊戯王GX」(再) ターン39(黒サソリ盗掘団の首領VS万丈目) 感想 | トップページ | アニメ・ケロロ軍曹「愛しの看護長」 他1本 »