« 漫画「遊戯王GX」第5巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的132)「最終防衛区画」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「愛しの看護長」 他1本

プルル看護長のもとに負傷し連れてこられた中隊の隊長は、以前プルル看護長がお見合いをしたバリリ准尉で・・・・・という前半。

以前、お見合いで断ったバリリに一瞬気まずさを感じるプルルでしたが、仕事は仕事とわりきってバリリに接します。
そして、この負傷はバリリのミスで侵略作戦が失敗し、中隊が負傷したことがわかります。
落ち込んでいるバリリに声をかけるケロロ。
その時バリリは今でもプルルが好きなことを告白するのでした。
プルルがバリリを気にかけていないと、この恋をあきらめさせようとするケロロでしたが、いきなり556が登場。
556の「愛はあきらめないこと」という言葉に感動したバリリがプルルにもう一度ぶつかる(アタック)!と(何故か)ケロロボで暴走。
結果、ケガが悪化するのでした。
ケロロからまだバリリはプルルのことを・・・・と聞いたプルルはそんなバリリに不器用な人、と思います。
その後バリリが退院する時、バリリはプルルを食事に誘い、プルルもその申し出を承諾したのでした。
が・・・・・バリリからの毎日によるメール、花が送られる、おやすみコールにプルルはうんざりしたのか、この食事は御破算となったのでした。

プルル看護長とかってお見合いをしたバリリ准尉の登場。
かって交際を断った相手だけにプルルは接しにくそうでしたが、仕事は仕事、と割り切ります。
最初私はバリリが落ち込んでいるのは、自分のせいで中隊に迷惑をかけたという責任感で落ち込んでいると思いました。
それをプルルが自分がふったことが関係していると思っているようなので、その違い(誤解)による話の展開になると思いました。
ほら、以前プルルの誤解で「私のために争わないで!」(ジョリリVSガルルという勘違い)という話がありましたし。
でも、バリリが落ち込んでいるのはまだプルルへの未練のよう。

なんでも「さくらんぼのような・・・・」とフルーツに例えて表現するバリリ・・・・・・変なクセがついたなぁ・・・・・(プルルを忘れる為のカウンセリングで教えられたらしいが・・・・)。

556が途中で現れ、またややこしくなると思いましたが、思ったほどにはややこしくなりませんでした。
(といっても、「愛はあきらめないこと」とか「見守る事」という助言を、変に理解したバリリ・・・というややこしさはありましたが)
状況が状況ならここはジョリリが言いそうな言葉のような気もしますが、ジョリリとの恋を認めたこともあるバリリなのでここは556が登場したのでしょうか。

一生懸命なバリリに好感を感じたプルルは、バリリとの食事にOKをだしますが・・・・・バリリのメール等攻撃にうんざりして、断ったよう。

後半。

いきなりケロロの母親がペコポンに現れて・・・・・・という話。

冬樹たちがピクニックに行くとケロロに声をかけますが、仕事があるからと断るケロロ。
そのケロロの前に突然現れたのはケロロの母親でした。
日向一家、ギロロたち・・・・・と挨拶にまわり、一通り終えると、ケロロとともにペコポン見学へ。
何かと挨拶するケロロの母親に恥ずかしい、もう子供じゃない、とケロロは怒り、仕事もあるからと帰っていきました。
そして、ケロロの母親が帰る時間が近づいても見送ろうとしないケロロでしたが、お土産の「お弁当」で見て母親を見送る決心をし、見送りにいくのでした。
(ケロロが駅に着いたときはすでに列車は発車していました)

息子、ケロロを心配して会いに来たケロロ母と、そんな突然訪問してきた母親を疎ましく思い邪険に接してしまうケロロ・・・・・・まあ、母の日も近いというのもあり、親の心子知らず、というところでしょうか。
ケロロ母とケロロの会話や雰囲気が現実でもありそうな母と息子のようでした。
どことなく専業主婦っぽい感じのするケロロ母。
そんなケロロ母と秋ママの会話は、主婦(子を持つ母親)の会話らしい気がしました。
それにしても息子が侵略目的に行った場所の住民とこういう、わきあいあいとした会話をするのって・・・・・・どうなんだろう。

モアちゃん、せっかくの「大好きなおじさまの母親」と接っするので、もっと自分をアピールするかと思いましたが、思ったより大人しかったです。

気になったのがケロロ母が「つまらないものですが・・・・・」と言って手土産を渡していること。
私はかってお世話になったと「つまらないものですが・・・・・」と言いお菓子を渡そうそしたら「つまらないものですか?」と嫌な顔をしながら受け取られました。
まあ・・・・この”つまらないもの”は謙遜を含んだ言葉でもありますが、「つまらないものを、わざわざくれるのですか?」とはっきり言われた人もいたという話を聞いた事があります。
だから「つまらないもの」ではなく「これをどうぞ」とか「皆さんで召し上がって下さい(←お菓子の場合)」とかそういう表現にする、というのを聞いた気がしますが・・・・・・最近はあまり直接こういう貰ったり贈ったりすることがないので、今どうなんでしょうか。

次回2本です。

|

« 漫画「遊戯王GX」第5巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的132)「最終防衛区画」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/44955178

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「愛しの看護長」 他1本 :

» おふくろの味 [マイ・シークレット・ガーデン]
{/kaeru_fine/}特別なご馳走でなくても、おいしいんですよね・・ 『ケロロ軍曹』 第262話 【バリリ 愛しの看護長 であります】 バリリ准尉って誰?と思ったら、 (准尉って聞こえたケド、EDには准将とあり。どっちが正しいの?) 前にプルルとお見合いした相手だったんですね。 怪我人続出! どんなに激しい戦闘があったのか?!と思ったら、 あれってどんな作戦なんだい☆ せっかくプルルとのデートを約束出来たのに、 556のアドバイスがなかったら、もっと上手く付き合えたかな? 「愛、... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 12時00分

» 親孝行だョ!侵略者 [銀河後悔日誌]
 5月9日放送の『ケロロ軍曹』は、第262話「バリリ 愛しの看護長 であります」と「ケロロ 宇宙を見上げりゃお袋さん であります」が放送された。  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  サンライズの公式ページ  角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]  ・「愛しの看護長」  前にプルルとお見合いして振られたバリリ准尉が、作戦で怪我をして搬送されて来た…というお話。今回急に出て来た緊急搬送ネタでも、まるでいつもの如く感じられるところは、長寿作品ならではというか、何でもありの適当さ加減と... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 13時21分

» ケロロ軍曹 第262話 [Anellia Neo]
バリリ 愛しの看護長 でありますバリリをカウンセリングしたのはクルル? 556はバリリの背中を押したところは評価していいのだろうか? そのせいでバリリはストーカーのようになってしまいましたからねえ。 プルルは今回の件で仕事に生きることにしたと思うようになったりして(^_^;)ケロロ 宇宙を見上げりゃお袋さん であります久々の秋ママ登場にまず一安心。冬樹君と並んだショットもあったのも良かった。しかし、この次に秋ママが出てくるのはいつになるだろう去年、6日に母が亡くなり母の日がお通夜だったんですが、その... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 17時16分

» ケロロ軍曹 第262話(5.9放送) [まりねこの足あと]
小学校時代は日本に居なかったのもあって、私のお弁当歴はかなり長いです。 そんな母は、お弁当作りが超苦痛だったようです・・・ ワンパターンだったけれど、とっても美味しかった{/hamster_2/} 「バリリ 愛しの看護長 であります」 バリリ准尉、久々の登場! 名前の通り、侵略もスマートなんだろうな、と思ったけれど・・・ ケロロの立てる作戦と、大して変わらんな! 救護のため、てきぱきと指示を出すプルルちゃんを見て、 急に戦争が現実的なものとなりましたよ。 宇宙で派手にドンパチやられるよりも、訴... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 22時27分

» 『ケロロ軍曹』 愛しの看護長&おふくろさん [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ他の惑星侵略中に事故にあい、負傷者多数をだしたバリリ准尉の中隊が、急遽ペコポンへ到着。ケロロ小隊は全力で救助と治療にあたれ、との指令ですが・・・。バリリ准尉といえば、かつてプルル看護長とお見合いしてフラれてしまったケロン軍のエリート。また顔を合わせてはきまずいのでは、と思う間もなく治療の陣頭指揮にあたるプルルと会いました。ケロロは、いまだ傷心のバリリに「ボス」みたいなケロン人顔の缶コーヒーをおごり、隊長同士の会話をかわします。案の定、まだプルルに未練たっぷりのバリリは、... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 22時56分

» ケロロ軍曹 第262話 [パズライズ日記]
今回は諦めない恋と母親訪問の話。 バリリはあの様子を見る限り優秀と思えないんですが(笑)。 Aパートは、バリリ小隊が進めていたあの作戦は一体・・・(笑)。 556のアドバイスは正しい気もしますが度合によりますよねぇ。 かくして諦めないバリリは折角一歩....... [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 09時22分

« 漫画「遊戯王GX」第5巻 感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的132)「最終防衛区画」感想 »