« ハヤテのごとく!!(第2期)第15話「下田温泉湯けむり旅情」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的145)「守護者対決!雲と霧」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「ケロン式ゴルフ」 他1本

テレビでゴルフをみていた夏美がゲームではなくちゃんとしたゴルフをしたいと言い、それを聞いたケロロはゴルフ場に招待すると言い出し・・・・・・という前半。

登録完了、ゴルフ用具をケロロから借り、ゴルフ場へ現れた夏美と冬樹。
ケロロ小隊とモアちゃんも参加します(クルルはキャディ)。
でも、このゴルフ場は556らしき声が聞こえたり、どことなく変・・・・だけど、ケロン式ゴルフの開始。
各自独特の打ち方でボールを打ち、やがて終了。
1位はケロロで、ビリがタママ、そしてブービー(ビリから2番目)は夏美でした。
夏美に与えられたブービー賞は・・・・・実はこのコース上は556の身体で、夏美たちは小さくなり、前回ブービーだった556そのもののゴルフ場のコースでゴルフをしていたのでした。
従って、夏美は次のゴルフ場コースとなってしまうのででした。
(夏美のゴルフクラブにはブービーになるようにケロロが事前に細工していました)
夏美にかわり、556がゴルフに参加、そして夏美ゴルフ場でのゴルフが開始されます。
強制的にゴルフ場となり嫌がっていた夏美でしたが、ケロロたちのゴルフの動きがマッサージとなり思ったより悪くないと思っていた所・・・・・ボールが飛んできて鼻の穴に入り、思わずくしゃみをする夏美。
すると、ケロロたちはその風に飛ばされ・・・・・・ネコの上に落ちたのでした。

ゴルフはやったことないですが、ゴルフ=得意先との接待、というイメージがありますねぇ。
バブル時代によく営業の人が「今度の日曜は得意先とゴルフ」・・・・という話を結構聞いてましたので。

さて、ケロロは最低限のルールは夏美に説明した・・・・と何かいわくつきな表情をしてましたが、これはブービーだと、次のゴルフコースになるという説明はしていないということだったんですね。
まあ、そんなこと聞いたら、夏美は参加しそうもないですが。

556の声が聞こえたり、叩くほどコースも喜ぶ(マッサージ効果のため)ということで何かあるとは思ってましたが、556の身体とは思いませんでした。
人の身体でゴルフ・・・・はちょっと気持ち悪いです。

ケロロの技、「旗つつみ」はプロゴルファー猿の技でもあり、懐かしかったです。

後半。

水道光熱費節約のため、電気の節約開始をする基地内。
そんな時、贈り物(エアロバイク)が届き、試しにギロロがこぎ始めます。
そのバイクからスポーツドリンクがでたり、カラオケマイクがついてたり、夏美、冬樹、タママ、ギロロ、モアちゃんは楽しむのでした。
でもこのバイクはヴァイパーからのもので、夏美達が行っているのを止めると爆発するというものでした。
爆発を防ぐ方法を知るため、この贈り物をしたヴァイパーを探しにケロロは外へ飛び出します。
寄り道や違うヴァイパーからの攻撃等でやる気をなくすケロロですが、自分を待っているギロロたちを思いだし、頑張るのでした。
やがて、発見し捕らえようとしますが失敗、そこにドロロが現れてヴァイパーを捕らえ、一同基地内に。
でもそのヴァイパーは違うとわかり、またギロロたちは限界でそれぞれの行動をやめてしまいます。
爆発!!!・・・・・と思ったら、被害者はギロロだけというものでした。
そして、この贈り物をした張本人は・・・・・・クルルと判明。
実は発電機としていたのでした。
それを知ったケロロたちはクルルを追い詰め・・・・・・で終了。

タイトルの「走れケロロ」は「走れメロス」からとったものでしょうが、「戻ってくるという事を信じる仲間(友人)を思い出し、挫折を経験しながらも目的を遂げ、戻ってくる」という共通点でしょうね。

光熱費が通常の3倍のため、節約体制。
そしてメタボだと、ケロロとタママを指摘するギロロ伍長。
・・・・・・どちらかというと、タママはメタボよりも血糖値を心配した方が・・・・と思ってしまいました。

ヴァイパーを捕まえられず、落ち込むケロロはギロロたち仲間のありがたさを痛感します。
でも彼らはみんな、爆発の巻き添えに?・・・・という状態。
ナレーター「あの--、誰か一人忘れていませんか?」
・・・・・クルルかと思ったらドロロだった・・・・・。

結局このエアロバイク=発電機はクルルの仕業でした。

ナレーターが「やっぱり」と言ってましたが、やはり途中でクルルのしたことだと気付きました。
前半の556がゴルフコースとわかりにくかったのに比べ、後半はあまりにもオチガわかりやすかったのでもう少しヒネリがほしかったような・・・・・。

次回は2本です。

|

« ハヤテのごとく!!(第2期)第15話「下田温泉湯けむり旅情」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的145)「守護者対決!雲と霧」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/45869208

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「ケロン式ゴルフ」 他1本 :

» ケロロ軍曹 第275話 [Anellia Neo]
ケロロ ケロン式ゴルフ でありますスポーツ嫌いの冬樹君もプレーに参加するのは意外だった。ケロロをずっと観ていると何か球技は好きなような気がする。温泉卓球は自分から誘っていたくらいですからね。nbsp;プロゴルファー猿を観ていたので旗つつみは懐かしかった。一応、チャー・シュー・メンも分かりましたが。nbsp;暑苦しい笑いが聴こえた時点でオチがみえてしまいましたが、夏美がゴルフコースになる展開は読めなかった。うっかり夏美のクラブに細工したのがばれてお仕置きされるパターンだと思っていた... [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 16時38分

» 『ケロロ軍曹』 ケロン式ゴルフ&走れケロロ! [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメテレビのゴルフ中継で有名プレーヤーをみて、「自分もやってみたい」という夏美。そんな希望にお答えして。ケロロがゴルフ場に招待すると言います。自前のゴルフコースまで持っているって、侵略予算が足りないとかいいながら、どれだけケロロ小隊って恵まれた待遇の部隊なんだと思ったら・・・。たしかにグリーンもバンカーも池もある自然のコースなんだけど、なんだか556の声がするし、不気味な感じ・・・。第1シリーズ以来(?)ひさびさに「わいはケロロや!」が聞けたし、お約束の「チャー・シュー・メ... [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 22時36分

» ケロロ軍曹 第275話 [パズライズ日記]
今回はゴルフと発電の話。 ケロン式って色々と凄いですねー。 Aパートは、何故にいきなりゴルフ、しかもケロン式。 叩けば叩くほどコースが喜ぶの仕組みは分かりましたが、まさか体そのものだったとはねぇ。 パー5で実質ホールインワン、コンドルだったかもしれな....... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 20時52分

» ケロロ軍曹 第275話 [落とし穴には気をつけろ!]
「ケロロ ケロン式ゴルフ であります」 みんな楽しそうだし、それぞれのスタイルに特徴があって、なんとも和やかな話だなあ 。。。と思ったら 妙にエロい展開だったね ナッチー本人が意外と喜んでたので安心したけど 女体盛りって言葉が頭に浮かんだのは、私だけではないに違いない 「ケロロ 走れケロロ であります」 バイパーの仕掛けた罠にはまって、今している作業をやめることができなくなったギロロ達を救うために、そのバイパーを探すケロロ。クルルを頼ればいいのにぃ〜、と思って見ていましたが、そこにオチがあった... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 22時54分

» ケロロ軍曹 第275話(8.8放送) [まりねこの足あと]
遼くんって、とても17歳とは思えない{/cat_5/} 「ケロロ ケロン式ゴルフ であります」 テレビゲーム以外でゴルフをやりたいっ!という夏美の要望に応え、 さっそく「ケロン式ゴルフ」トーナメント開始! でも、折角の娯楽なのに、よりによって556の体の上なんてイヤーン{/ase/} ゴルフネタは、やっぱり「プロゴルファー猿」メインなのねー 私はゴルフを知らないのですが、ゴルフ場で、 「チャー・シュー・メーン!!」と叫ぶおじさまはいるのかしら・・・ いないかっ{/star/} ブービー賞にな... [続きを読む]

受信: 2009年8月13日 (木) 21時26分

» 誘惑の 甘い罠だよ 侵略者 [銀河後悔日誌]
 8月8日放送の『ケロロ軍曹』は、第275話「ケロロ ケロン式ゴルフ で あります」と「ケロロ 走れケロロ で あります」が放送された。  テレビ東京の公式ページ(あにてれ)  サンライズの公式ページ  角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]  ・「ケロン式ゴルフ」  ゴルフでは、若い選手が活躍中。やってみたいと言う夏美に、ケロロがプレーに誘うのであった…というお話。まあ、ケロロ主導では、何もないわけがない(笑)。  ゴルフと言えば、「わいは猿や…」というアレ。これって、今の子ども... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 16時56分

« ハヤテのごとく!!(第2期)第15話「下田温泉湯けむり旅情」 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的145)「守護者対決!雲と霧」感想 »