« 吉野家ホールディングス 第53期 株主総会(2010年) | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的186)「幻惑の霧」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「私は軍曹?」/「宇宙からの侵略者」

冬樹と宿題をする約束をした桃華が日向家に来た時、目の前にあった「キケン!まわすな」という装置をまわしたら・・・・・・という話。

なんと、ケロロになってしまいました。
ケロロの精神が桃華に、桃華の精神がケロロに変わったのです。桃華の近くにはケロロとタママが桃華に気付かずに話をしておりました。
この装置は、精神と体を入れ替えるものでした。
桃華はケロロが桃華になったら、西澤家の財閥を使いガンプラ工場だらけにするとか、その軍事力を使いペコポン侵略をするとかいろいろ考え、慌てて日向家を飛び出します。
が、そこを夏美が今日は当番とケロロの姿の桃華を捕まえ、桃華は掃除機をかけることに。
その時冬樹が現れ、一緒に掃除、ゲーム等し、帰ろうと思いつつも冬樹と一緒にいることに幸せを感じる桃華。
自分をケロロと思い、自分に接する以上に優しい冬樹・・・・・桃華はこのままでもいいのでは?という気持ちと桃華になったケロロの策略を阻止すべき!という気持ちが葛藤します。
そして、冬樹と風呂に入る事になった桃華・・・・・。
先に風呂に入る桃華・・・・そして冬樹が風呂場に現れた時、桃華姿のケロロが現れて、事は意外な結末に。

・・・・ということで、最後のオチはちょっとよめなかったので、ここから先はそのオチを知っている方はお読み下さい。

確かにあの時タママはおりましたが、タママは無事なのだろう、ぐらいにしか思いませんでした。
でもやたら冬樹は必要以上にケロロに密着するし、というよりベタベタしているし、何かと一緒にいたがるし・・・・・・で変だと思ったんですよね。
とはいえ、そういうのもありかも?と思うほど、冬樹が普通すぎる!(笑)
ある意味、中に入って冬樹になりきるタママの演技力の勝利というか(爆)
つい口癖でケロロを「軍曹さん」と呼ぶこともなく、冬樹のように「軍曹」をつらぬくタママ(ラストは除く)。
あの場では夏美がケロロを捕えて以来出てきませんが、もしいたらケロロ&冬樹(中身は違う)の様子に違和感を感じるか、感じないか・・・・?

桃華が「このままだといつも冬樹くんと一緒♪」「このままだとケロロさんのやりたい放題」と乙女心と理性を葛藤させる気持ちの表現はよかったです。

それにしてもケロロ姿の桃華が風呂で見た、帽子をとったケロロへの驚きよう・・・・・視聴者にははっきり見せないため、「謎」の部分として残すシーンとなりました。

まさか、冬樹の中身は実はタママだったとは・・・・!ちょっと気付かなかったです。
最近先が読めるパターンが多いだけに、こういう良い意味での予想外は嬉しい限りです。

後半(6月4日(金)追加)

夏美から自分たちはペットとしか思われていないのでは?と思ったケロロは、自分たちは侵略者という威厳を夏美に与えるべく夏美を恐怖のどん底に陥れる作戦を開始し・・・・・。

その作戦とは「宇宙からの侵略者」という映画を参考。
①ペコポンの言葉を話せない侵略者
②昆虫のような外形の侵略者
③呼吸できないのでヘルメットを着用する侵略者
・・・・を用い、冬樹と夏美の前に現れます。
最初は一見昆虫風の着ぐるみを着てわけわからない言葉を発するケロロ、ギロロ、タママを呆れていた夏美と冬樹ですが(クルルは効果音等舞台裏担当)、次第に恐怖を感じ始めます。
(ドロロは不参加、というか作戦を知らない様子、冬樹と夏美の前に現れますが”邪魔な人物”としてケロロに消されてしまいます)
そして、流れは映画「宇宙からの侵略者」と同じような流れに・・・・・。
しかしそこに季節はずれの蚊がケロロのヘルメットの中に!
ギロロ、タママの中にも蚊がいて、ヘルメットを脱げないケロロたちは蚊にさされ、この作戦は失敗します。
後に、この映画「宇宙からの侵略者」を最後まで知らなかったケロロに冬樹は最後を教えます。
「微生物」により、侵略が失敗するということを。また、侵略者は火や水に弱い場合もあることをケロロは聞かされます。
そう、結局侵略者はすべて失敗しているのでした。
尚、消されたドロロは宇宙でのゴミが運ばれる宇宙墓場に送られておりました。

冒頭のモノクロ映画風ケロロの侵略話、途中での「恐怖」を感じる夏美と冬樹のタッチ(楳図かずお氏調のタッチ)が可笑しかったです。
昨今ホラー映画は多いですが、やっぱりカラーよりモノクロ独特の雰囲気がより恐怖を感じる気がします。

最初はこの作戦を実行しているように思いましたが、途中で、これは「ケロロ軍曹版 宇宙からの侵略者」映画を作っている過程で、冬樹と夏美はニセモノかと思い始めました。
そして、ラストはこの映画をみていたケロロたちの前に夏美が乱入、「ボケガエル~~~~~、これは何なの?」とばかりに大変な目に会うケロロ・・・・・というオチかと思いました。

というのも、どことなく驚き方がわざとらしく、あまり2人が恐怖を感じているように思えません。
また「恐ろしい」という言葉が多く、いかにも「怖さ」を強調している演出のように思えます。
そして、クルル曹長による舞台裏・・・・・どことなく実際行われている作戦、というより撮影の舞台裏という雰囲気をかもし出してます。
だから何となく、冬樹と夏美は実は人形?で、これは撮影風景?と思ったんですよね。
冬樹「きっと言葉が通じたんだよ」・・・・・・冬樹は何かしらの異変でケロロたちに言葉が通じなくなったと思ったのかな?

冬樹「まるで宇宙からの侵略者じゃないか!」
・・・・・ケロロたちを侵略者として認めた、というよりも「宇宙からの侵略者」の映画を知っていて、それを再現しているケロロたちだからこういう言葉が出たように聞こえました。
実際、オカルト好きの冬樹はこの映画を知っていたようで、ラストをケロロに説明してますし。

|

« 吉野家ホールディングス 第53期 株主総会(2010年) | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的186)「幻惑の霧」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/48485360

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「私は軍曹?」/「宇宙からの侵略者」:

» ケロロ軍曹 第316話(5.30放送) [まりねこの足あと]
新宿のタイガースショップに行ったとき、お目当ての物がなく、 近くにあったドアラのガシャポンを回した私です{/cat_1/} (戦利品は、ペットボトルカバー) 「桃華 私は軍曹? であります」 久々に面白かったAパート! 懐かしのガシャポンが出てきた時点で、あー手抜き?と感じたけれど、 それを覆す面白さ{/hand_goo/} 「ポッキーゲーム」のように、冬樹が普段しないこと満載!だったけれど、 中の人がタママと分かれば納得{/face_nika/} タママはモモッチから制裁を受けたのは、間違いな... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 22時41分

» ケロロ軍曹 第316話 [Anellia Neo]
先月10日頃から続いている頭痛が今もすっきりしなくて感想が遅れ気味です。15日はそれに加えて胸に痛みを感じて救急外来に行ったくらい酷かった。検査の結果は少し水が溜まっているけど、それほど心配はないと言われたので一応、一安心してます。 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 02時41分

» 取り替えちゃった [マイ・シークレット・ガーデン]
{/hiyo_please/}エコマーク! さ、寒いぉ〜お日さまカモ〜ン {/fine_face/} 『ケロロ軍曹』 第316話 【桃華 私は軍曹? であります】 冬樹と一緒に宿題をする約束をしていた桃華が日向家に行くと、 <キケン!まわすな!> の張り紙をしたガチャガチャが置いてありました・・ どうして「まわすな!」と書いてあるのに回すんだ桃華^^; ガチャガチャマシーンのせいで、 桃華とケロロの、心と身体が入れ替わってしまったのでした☆ 最後のオチで冬樹の「あの」態度に納得。 しゃべ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 17時00分

» ケロロ軍曹 第316話 [Brilliant Corners]
「桃華 私は軍曹? であります」 冬樹x軍曹キタ━(゚∀゚)━! はたして、そう [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 18時57分

» 『ケロロ軍曹』 桃華が軍曹!? [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ懐かしいガシャポン販売機は、かつてケロロと夏美が入れ変わったもの。お古のメカを持ち出してヒソヒソ話をするケロロとタママは、玄関に桃華がきたことも気づきません。「さわらないで」の張り紙があるとさわるのが人情。うっかりスイッチをまわした桃華は、ケロロの姿になりました。事情を察したあと、ケロロなら桃華の姿になって西澤家の財力でガンプラ大量購入すると想像。それは間違いなくあたっています。ついでにその財力と武力でペコポン侵略するであろうことも。それは阻止せねば、でもいまは冬樹がゲ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 23時15分

« 吉野家ホールディングス 第53期 株主総会(2010年) | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的186)「幻惑の霧」感想 »