« ワタミ 第24期 株主総会(2010年) | トップページ | アグレックス 第46回 株主総会(2010年) »

アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的189)「ファミリーの覚悟」感想

10年後の世界に戻り、ラル・ミルチの病室にいるユニとリボーン。
ユニがラル・ミルチに預けたおしゃぶりを受け取り、リボーンが初代守護者たちの継承試験をラル・ミルチに説明。
まず、誰が誰の家庭教師になったかを説明し、雨の守護者、雷の守護者、嵐の守護者、雲の守護者&晴の守護者そして霧の守護者&大空の守護者の試験の状態を説明した。
話し終わった後、これからのことを考えるラル・ミルチに「ツナ達が白蘭を倒すと信じてる」と言うユニ。
今回は初代守護者継承試験の総集編。

試験内容のシーンが少しと継承シーン・・・・うまくまとまっていたと思います。
でもあまりにも大雑把で(山本の悩むシーン、クロームの状態等カット)、精神的な面の成長ぶりもラルに伝わってるのかな?と思いました。
まあ、あの時間であれだけのストーリーをまとめるのだからしかたないのかもしれませんが。
それにしても・・・・・継承試験の様子が懐かしい気が(笑)
自分にとってはすでに過去の出来事?

リボーンが今までの他の守護者への試験は、ツナの試験でもある説明をラル・ミルチにしますが・・・・・。
やっぱりという気持ちが倍増。
私も途中から、「これってツナの試験でもある?」と思ったんですよ。
大空の守護者の継承試験・・・・つまり、ボスとしての器を試されているのであって、正直、この試験事前に「こういう試験をするよ」と伝えるレベルでないと思います。
的確な判断力、行動、ファミリーへの気持ち・・・・・これらは事前に試験内容が伝えられて試されるのはどうかなぁ?と。
というか、もし試験内容とわかっていたら、意識してしまい、本音が出ずらいですしね。
仮に一番最初にツナの試験内容を宣告されていたら、きっとツナはいつもそれぞれの守護者試験において意識してしまい、「これはオレへの試験でもあるんだ!」とギクシャクしていたと思います。

ユニはすでに普段着ではなく・・・・・普段着は似合っていたので、ちょっと残念な気もします。
・・・・・なんて思いますが、今後白蘭との戦いへの覚悟を感じる衣装とも思いました。

<怪物づかいツナ!>

今度はクロームにツナたちへの攻撃命令をするムクロ。
が・・・・・・クロームの脳みそ「ドクロちゃん」が外に出てしまい、動かなくなります。
残るはムクロ・・・・・とその時、ムクロは白旗を提示。
これにより、ヒバリン退治はツナたちに決まったのでした。

絶対ありえな~~~~~い!!!
と思ってしまったこの話でのムクロの白旗(笑)
こういう本編では考えられない性格も面白みの一つ・・・・かなぁ?
本編では考えられない意外な行動は、これはこれでまたムクロの魅力かも。

脳みそ「武」同様、脳みそ「ドクロちゃん」の声がかわいいです♪

|

« ワタミ 第24期 株主総会(2010年) | トップページ | アグレックス 第46回 株主総会(2010年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/48677099

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的189)「ファミリーの覚悟」感想 :

» 家庭教師ヒットマンREBORN!#189... [おぼろ二次元日記]
ツナたちは10年後の世界に戻った。ラルに語られる継承の経緯。「ファミリーの覚悟」あらすじは公式からです。無事に継承を終え、未来に戻ってきたツナ達。ユニとリボーンは、ラル... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 23時08分

» オランダに惜敗&リボーン [別館ヒガシ日記]
はW杯の2戦戦で1対0と負け 予想以上抑え1失点なの大きく 2戦で1勝1敗の勝点3となったけど... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 19時28分

« ワタミ 第24期 株主総会(2010年) | トップページ | アグレックス 第46回 株主総会(2010年) »