« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的194)「決戦開始」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的195)「Gの弓矢」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「バージョンアップモデル」 /「お化粧するは我にあり」

「あの存在感があった(第1話)の自分よ、再び!」と存在感をアピールさせるケロロ小隊ですが・・・・・。

事のおこりは、同じ部屋にいながらもケロロに冬樹と夏美は気付かず、夏美は自分と冬樹の分の飲物を作りに部屋をでていったことにより始まります。
スルーされている自分・・・・あまりにも日常生活に馴染んでしまい、昔のような存在感のなさに危機感を感じるケロロ。
そこで、ギロロ、タママ、ドロロに声をかけ、機械で「リアルタイプ」に変身(クルルは機械操作の為?特に変身しておらず)
派手なメイク(らしきもの)をつけ、冬樹と夏美は驚きます。
が、やがて夏美と冬樹はそんなケロロに慣れてしまい、再びケロロをスルー。
再びバージョンアップ!とメッキバージョンにしますが、それも最初だけで、またしても時とともにスルー状態。
またまた多色を用い、さらなるバージョンアップを目指すケロロたちでしたが・・・・・・結果、物凄い色となり、力を無くし、弱りきるケロロ。
そんな弱々しいケロロに優しく声をかける冬樹と夏美。
存在感がまたでてよかった・・・・・のだろうか?こんな状態になってまで・・・・・。

いわゆる目立ちたい!とばかりに、いろいろするケロロ。
どちらかというとバージョンアップ、というより子供が親に「かまって、かまって」とばかりいろいろ悪さをするパターンのように思えました。
結局、存在感を得たい!というより、自分をかまって欲しいという気がします。

・・・・といっても、同じ部屋にいながら冬樹は「軍曹は?」と気付かず、夏美も気付かないとは酷いような。
でも、視点を変えると存在感ない方が侵略活動はしやすいのでは?
と考え、内密に侵略活動を進める・・・・ことをしないのはケロロっぽい思考。

今回のことでいつもスルーされているドロロの悲しさを知ったと思われるケロロですが、今後もケロロはドロロをスルーするんだろうな・・・・。
また、今回で「これでスルー(無視)される者の心境がよくわかったでござるな?」と普段の存在感の薄さを訴えることをしないドロロもドロロらしいような・・・・・。

後半(8月8日(日)追加)

夏美が購入したリップから、ある行動を思いつくケロロでしたが・・・・・。

その行動とは、メイクのでき具合により感情が上下する女性陣とそれに振り回される男性陣、つまりメイクを制すればこの世のすべてを制するのでは?と、ペコポン人のメイクを派手にするもの。
ペコポン化粧品を汚染する作戦です。
夏美が周りを見ても女性のメイクは奇抜化し、この異常さはケロロのしわざかと思いケロロに文句を言いますが、確固たる証拠もなく、夏美は引き下がります。
一週間後・・・・・・。
メイクの奇抜さはナチュラル化し、自分に合ったメイクがいいと思うようになったのでした。
しかし・・・・ケロロ小隊はメイクにはまってしまい、言葉も「~~ねぇ」言葉になっていたのでした。

今回の話で「メイクを制するものはすべてを制する」の論理がいまひとつわからないので、いまひとつでした。
結局、しかけたケロロたちはメイクにはまり、しかけられたペコポン人は本来のナチュラルの良さに気付くということでしょうが。

まあ、メイクは気持ちも明るくなるという、感情に直結する部分もありますが・・・・・・。

ケロロのしわざかと思いケロロのもとへ行く夏美を言葉で退かせるケロロをみて、前回の「押すな!」の話もそうだったと思いました。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的194)「決戦開始」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的195)「Gの弓矢」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/49017987

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「バージョンアップモデル」 /「お化粧するは我にあり」:

» 存在感の耐えられない薄さ [マイ・シークレット・ガーデン]
{/hiyo_oro/}省エネ! やっぱ最強は冬樹ですよね。 スゴイなと思いましたョ^^; 『ケロロ軍曹』 第325話 【ケロロ バージョンアップモデル であります】 雑誌をながめている夏美のすぐそばにケロロがいるというのに、 夏美も冬樹も気づきません。 自分の存在感の薄さに、 なんとかせねばと思うケロロでありました・・ 冬樹の、 「あ、じゃ僕の分もお願い」 のひと言で夏美が飲み物を用意するという展開に、 ケロロは(汗)だったのかと思いましたョ。 リアルタイプモデルって、どんなんですか?... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 12時01分

» ケロロ軍曹 第325話 [Anellia Neo]
ケロロ バージョンアップモデル であります ケロロは日向姉弟への自分の存在感が希薄になっていることに危機感を覚え、ガンプラを参考に、カラーリングをして存在感をアピールすることにした。 最初はリアルタイプ(って、何?)で存在感をアピールすることに成功。しかし少し時間が経てば元の木阿弥、次は金メッキにするもやはり同じ流れ。やけを起こし、いろんな色を混ぜて、とんでもない色になり身体も弱ってしまい、夏美と冬樹君に心配されてしまうケロロでした。 結果的に狙い通りになりましたけど、それでいいんでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 16時11分

» ケロロ軍曹 325話 [ホビーに萌える魂]
今回のケロロ軍曹。Aパートはリアルタイプ(大河原邦男氏イラスト調)塗装、Bパートは女性のメイクでの侵略作戦。 [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 18時03分

» 『ケロロ軍曹』 ケロロ、バージョンアップ! [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ夏美と冬樹にスルーされ、おのれの存在感を危惧したケロロ。今日のアイデアは、それを高めることです。でも、ガンプラの片手間に考えたものなので、せいぜいカラーチェンジ?まずは色よりもガンプラでおなじみのデカール貼りです。他の小隊メンバーも同様に貼りますが、なんだか変なメイク状態。ギロロは猫にひっかかれ、ドロロは頭に矢がささっていますが・・・・・・。お次はメタリックカラーを身体に吹きつけ、イメージカラーと違ってきます。しかも、ギロロはまた猫にひっかかれているし。ひとりチェンジし... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 22時59分

» ケロロ軍曹 第325話(8.1放送) [まりねこの足あと]
小学生の図工の時間、「どどめ色」を作ることに熱意を燃やしていたような・・・ 「ケロロ バージョンアップモデル であります」 お茶の間に居ても、存在感の薄いケロロ{/kaeru_shock2/} 存在感を高めるべく、リアルタイプ→メッキタイプ(百式)と進化するも、 いやー慣れって恐ろしい。 色を混ぜすぎて「どどめ色」になって初めて心配されるなんて{/face_z/} ということは、どどめ色は矢張り、究極の注目色なのか? 「ケロロ お化粧するは我にあり であります」 新しいコスメを買うと、うきうき... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 23時45分

» ケロロ軍曹 第325話 [Brilliant Corners]
「ケロロ バージョンアップモデル であります」 ケロロ小隊の見た目を派手にグレー [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 05時44分

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的194)「決戦開始」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的195)「Gの弓矢」感想 »