« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的200)「欲望に満ちた大空」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的201)「全てが大事な時間」感想 »

アニメ・ケロロ軍曹「怒ってはいけない一週間」/「侵略はベツバラ?」

家事をサボるケロロを怒る夏美、なかなか侵略活動を決行しないケロロに怒るギロロ・・・・・”怒りW攻撃”を受けた心身消耗気味なケロロが思いついた作戦とは?

怒りのエネルギーの凄さを実感したケロロは、夏美の怒りエネルギーを集め、それを利用して侵略作戦をするという案を提案。
ギロロ、タママ、モアちゃん(クルル不在、ドロロは板に描かれた絵)に説明しますが、その装置はあまりにもただの水槽すぎて疑問を感じるギロロたち。
そして、夏美には「オコランボウ星人」が来ていて、怒りをエネルギーにするからオコランボウ星人がペコポンを去るまで数日怒るな、と説明します。
その後・・・・・夏美はケロロを怒らないようになります。
そして、視界に入ると文句を言いたくなるからと、ケロロを無視するような状態になりつつあるのでした。
ケロロの策略を見抜いていた冬樹は、夏美は「怒る」ではなく「叱る」であり、もとのケロロと夏美の関係に戻って欲しいとケロロに伝えます。
納得するケロロ。
結局この作戦は中止・・・・とケロロはギロロ、タママ、モアちゃんに説明しますが、実はこの作戦の装置はただの水槽だと判明。
怒るギロロたちと、オコランボウ星人がウソと知り怒る夏美に追い詰められたケロロは、ある水槽に入ってしまいます。
その水槽こそ、クルルが作った怒りのエネルギーをためる装置(発注はなかったけど、クルルは面白そうだと作っていた)。
怒りエネルギーにやられるケロロを助けたのは夏美でした。
その後、家事をきちんとこなすケロロを「ご褒美」として買い物に連れて行き、何か買ってもいいと夏美は言うのでした。

夏美にウソをつき、ギロロに侵略作戦を遂行しているように見せかけるケロロ。
どちらも浅はかな行動ですが、ケロロらしいという気も。
想像していたオチは「怒る」は「叱る」でもある、と知ったケロロは、ガミガミ言われながらも「皆に叱られているのであります・・・・・これこそ愛!?」(「叱る」のは好きだからすること、ということを認識したケロロなので)と思いますが「でもやっぱりあまり叱られたくないであります」というので終わりかと思いました。
でも、実際はやるべき事をやったら、叱りではなく、ご褒美を貰えるケロロというオチ。
ある意味道徳的なストーリー。

「怒る」とは感情的に文句を言う、「叱る」とは相手のことを考え言うこと、というのを聞いたことがあります。
子供の頃は叱られるのを嫌がりますが、逆に大人になって叱る立場になるとこれはこれで結構難しい。
「怒る」か「叱る」の違い・・・・・これは「しつけ」か「虐待」かという線引きと似ているかもしれません。

ラスト、家事をこなしたケロロにご褒美で買い物に連れて行き、何かを買ってもいいという夏美。
叱るだけでなく、誉めることもする夏美・・・・・・・どことなくケロロとの関係は母子関係に近い。
見方によっては、今回の話は「子育て 叱り方、誉め方」の一例の気もします。

後半(9月14日(火)追加)

自宅で食後、お腹が一杯と言っていた夏美ですが、デザートがでたとたん食べ始め、「ベツバラ」なるものの存在を知ったケロロは・・・・・。

「ベツバラ」とは?・・・・と、ケロロ小隊集合。
タママも自分は甘いものは無限にOK、と言いますが結局「ベツバラ」は何だかわからず、調べることにしました。
桃華、小雪、サブロー先輩、モアちゃん、プルル看護長と話を聞き、ペコポン人女子のみの特有なものでないことを知ります。
結局ベツバラとはパワーの源(夏美等、ベツバラを持っている女子がパワーがあるため)と思い込んでしまったケロロ。
さっそく、ベツバラを持てばパワーアップ!?・・・・と、ベツバラ取得の訓練を。
そして大食後に果物を食べるという訓練にチャレンジしますが、お腹が一杯でとても食べられない状態に。
そこへクルルが現れ、よく食べる植物生物を寄生させて「ベツバラ」獲得を提案。
そして、寄生されたケロロたちは夏美と冬樹を攻撃・・・・しますが、ケロロたち本人は弱々しい体力不足となっていて、ヘロヘロになってました。
実は今まで食べたもののエネルギーは寄生生物が奪っていたのでした。
プルル看護長の診断では、寄生生物が枯れるのを待つしかないとのこと。
そこにドロロが小雪の忍者秘伝?ベツバラ(ベツバラを尋ねた時、小雪は食べると一週間食事しなくても大丈夫なものをケロロたちの言うベツバラと勘違い)をもって現れます。
それに飛びつく寄生生物でしたが、あまりの不味さに枯れてしまいました。
こうしてケロロたちは助かります。
そしてケロロは後に冬樹からベツバラとはお腹一杯になっても好きな食べ物は食べれる事と聞きます。
それを聞いたケロロは「ベツバラ」はどんなにやっても飽きる事がないという自分にとっての「ガンプラ」と同じだと冬樹に言うのでした。

前回の小雪のカレーじゃないけど、ベツバラの存在を秋ママから聞いた時点(「ベツバラ」という言葉を言ったのは冬樹ですが)で秋ママに「ベツバラとは・・・・なんでありますか?」と聞いていればこんな騒動は起こらなかっただろうと思った話。

途中で寄生されるシーンや、夏美たちを襲おうとするシーンはホラーになってました。

今回は助けてもらったドロロ、いえ小雪に感謝するべきですよね。
・・・・・っていっても、何も知らずにドロロのもってきた「ベツバラ」をもしケロロたちが食べたら不味いものを食べる被害者?になるところでした。
あ、でもその方が寄生されるよりまだまし?

前半、後半ともクルルが絡んでケロロが酷い目に会うお話でした。

|

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的200)「欲望に満ちた大空」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的201)「全てが大事な時間」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/49414378

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「怒ってはいけない一週間」/「侵略はベツバラ?」:

» ケロロ軍曹 第331話 [Anellia Neo]
夏美 怒ってはいけない一週間 であります 夏美は何かおかしなことが起きたりすると、まずケロロを疑うのに、何故、オコランボウ星人の話は割と素直に信じたんでしょうか。困惑をエネルギーにするラビリン星人の標的にされた経験があるからか? ところで冬樹君はいつからケロロの嘘に気がついていたんだろう。まさか初めからってことは……ないかな。 顔を見るとつい文句を言いたくなるからと夏美に無視されるようになったケロロはそれを寂しく感じていたが、怒られるうちが花ということですね。怒るのと叱るのとは確かに違うだろうけ... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 00時27分

» 怒っちゃやーよ☆ [マイ・シークレット・ガーデン]
{/kaeru_night/}省エネ! 友人のコのリアルけいおんを見に行って、 楽しかったけど、疲れマシタ^^; 本当にひと言感想で失礼致します {/dogeza/} 『ケロロ軍曹』 第331話 【夏美 怒ってはいけない一週間 であります】 ケロロが何をしたかったのかよくわかりませんでした^^; 夏美にもギロロにも怒られないような、自分の為だけの作戦だったのかな? 『ケロロ軍曹 乙』 第24話 【ケロロ 侵略はベツバラ? であります】 ※感想は明日以降追記の予定です☆    ↓ 13... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 11時29分

» ケロロ軍曹 第331話 [Brilliant Corners]
「夏美 怒ってはいけない一週間 であります」 複雑なお話だった てゆうか本当は単 [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 08時59分

« アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的200)「欲望に満ちた大空」感想 | トップページ | アニメ・家庭教師ヒットマン リボーン(標的201)「全てが大事な時間」感想 »