« アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG10.0)「あたしの中の・・・・・」 | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG11.0)「おしまいの日」 »

アニメ・ケロロ軍曹「めぐり愛ペコポン」/「女の戦い」

ペコポンを去ることにしたプルル看護長。彼女に想いを寄せるバリリ准尉は・・・・・。

ガルル中尉から新しい任務地への赴任を誘われたプルル。
プルルはもともとガルル小隊所属であり、またこの移動は自分のキャリアアップにも繋がると、プルルはペコポンを離れることを決意し、それをケロロに告げるのでした。
驚いたケロロはさっそく会議を開き話し合いますが、その場にバリリ准尉が登場。
どうするか決まる事なく結局、そのままプルルのお別れ会へとなるのでした。
何とかプルルがペコポンに留まるよう思い出のビデオ、ペコポンの食事等いろいろ会では行われますが、クルルの陰謀等もあり、かえって逆効果になるのでした。
そして去る当日・・・・・告白し散るのもいいのではないかというギロロの言葉により告白の決意をしたバリリ准尉は、宇宙船に乗って行ってしまったプルルを追います。
しかし、宇宙でトラブルに巻き込まれバリリは気を失い、それを救ったのはプルルでした。
バリリの想いが伝わったのか、プルルとの食事の約束は得ましたが、ペコポンに任務を遂行せず長くいた為、バリリは軍法会議で遠い星へ左遷されてしまうのでした・・・・・・。

あいも変わらず空回りしてしまうバリリ准尉。
ギロロが「別れを受け入れるのも大切」「告白して美しく散るのも美学」と助言しますが、それは”好きな人がいる”という同じ立場でどことなくアドバイスしたい気持ちもあるのでしょうか。
というか、ギロロはこの言葉をバリリに言いながらも自分に言い聞かせているような気もします。
ペコポンを去るときはギロロも夏美に告白するのか?
・・・・そんな考えも浮かんでしまいます。

ケロロたちがプルルに残って欲しいと思うのは男のエゴでは?と思ってしまいました。
この赴任はプルルにとってキャリアに繋がるもの、しかもプルル本人も行くのを希望しています。
(少なくても迷っているようには見えませんでした)
そんな彼女の希望なら応援するのが彼女のためになるんじゃないかな・・・・と思いますが。

後半。

アイススケートに行こうとする日向一家(冬樹は留守番、秋ママは仕事で行かない)とケロロはオカルトグッズを冬樹にプレゼントに来たアリサと遭遇。
話を聞いたアリサは冬樹を伴い、アイススケート場に行きます。
冬樹とラブラブ留守番を期待していた桃華はアリサと冬樹が一緒と聞き、アイススケート場へ。
そこで冬樹と仲の良いアリサを見た桃華は女性のみ参加できる障害物レースを開催。
優勝者は北海道ペア旅行、という賞品に来ていた夏美、小雪、アリサ、桃華、そして女性ペコポンスーツのケロロ、ギロロ、タママも参加。
アリサに負けないと桃華は頑張りますが、トラブルに巻き込まれた桃華をアリサは助け、その結果2人ともコースからはずれ出場権利を失います。
結局優勝したのは小雪。
桃華は今回は完敗したと認め、アリサはこのレースが楽しかったのもあり、楽しかったと笑顔を浮かべるのでした。

アリサ、初めてのアイススケート。
という話です。
彼女が日向家との付き合いによりいろいろ「初めて」を経験する”初めてシリーズ”(かどうかは不明/笑)。

レースの障害物をそれぞれのやり方で乗り越えるのはいつものようなパターン。
のせいか、特に目新しいものはありませんでした。
桃華が嫉妬する気持ちもわからなくもないですが、あそこまで嫉妬するとかえってあまりいい感じしません。
最後素直に「負け」を認めるのはさすがに君臨する西澤グループの一人、という気もしました。
人間あまり素直に負けは認めたがりませんから。

それぞれ優勝賞品への欲望を持つ中、あまりよくわかっていない小雪のズレている感覚が面白かったです。

でも秋ママの見事な障害レースクリアを見られなかったのは残念。
秋ママ参加すると、優勝確実だから?
モアちゃんも参加したら優勝候補・・・かな?

|

« アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG10.0)「あたしの中の・・・・・」 | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG11.0)「おしまいの日」 »

コメント

こんばんは。

>でも秋ママの見事な障害レースクリアを見られなかったのは残念。
>秋ママ参加すると、優勝確実だから?

私も同感です。レースに参加はしなくてもいいから
秋ママも一緒に行ってほしかったです。
それでは。

投稿: MIST | 2010年12月19日 (日) 17時33分

こんばんは。

秋ママは夏美よりも余裕でレースをクリアしてしまいそうで、その様子を見たかったですよね。
でもそうなるとアリサVS桃華よりもそちらに注目がいってしまいそうな気もしますけど。

>レースに参加はしなくてもいいから秋ママも一緒に行ってほしかったです。

参加せず、レースの解説者となるのも面白いかもしれませんね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2010年12月19日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/50290759

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・ケロロ軍曹「めぐり愛ペコポン」/「女の戦い」 :

» ケロロ軍曹 第344話 [Brilliant Corners]
「プルル めぐり愛ペコポン であります」 微妙にサブタイに偽りあり、実はバリリ準 [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 15時46分

» 恋するチカラ [マイ・シークレット・ガーデン]
{/hiyo_do/}リサイクル! 今日は、真冬並みの寒さだったそうです>< ぁぅぁぅ・・ 簡易感想で失礼! 『ケロロ軍曹』 第344話 【プルル めぐり愛ペコポン であります】 プルル看護長がペコポンを引き揚げることになりました。 遠くへ行って欲しくないと泣くバリリ准尉の為に、 ケロロたちはプルル引き止め作戦を決行しますが、 それはことごとく裏目に・・ つか、 サイアクな送別会で、プルルが気の毒でした^^; めでたしめでたしな終わりになりそうと思ったのに、 バリリ准尉左遷とはまた、お気の毒... [続きを読む]

受信: 2010年12月16日 (木) 22時28分

» 『ケロロ軍曹』 プルル、めぐり愛ペコポン [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメプルル看護長に突然ザワトコロ惑星への転属命令が。ガルル小隊から臨時にケロロ小隊へ配属されていたにしては長かったものの・・・。いざこの時がくると、ケロロたちも驚きです。しかし、もっと全身で驚愕するケロン人が会議室に乱入。もちろんバリリ准尉であります。相変わらずほとばしる情熱と、意味不明のたとえ話(今回は中華料理)で、熱すぎ。プルルを引き止めてくれるようケロロにも哀願しますが・・・・・・。小隊に日向家の面々まで加わった送別会で、あの手この手の作戦です。が、思い出映像もグルメ... [続きを読む]

受信: 2010年12月17日 (金) 20時12分

» ケロロ軍曹 第344話 [Anellia Neo]
8年使っていたパソコンが壊れたため、新しいのを買うまで一週間ほどパソコンから遠ざかっていました。 プルル めぐり愛ペコポン であります 惑星ザワトコロへ転属することなったプルルをバリリ准尉たってのお願いでケロロは引き止めようと画策する。やはり「ギロロ 旅立ちの時」と同じようなパターンだった。バリリは職務怠慢で左遷されたけど、プルルへの恋煩いによる胃痛で使い物にならなくなっていたんじゃ? バリリに「何も言わなくていいのか」と尋ねるギロロも「旅立ちの時」では地球人には何も言わずに去ろうとしたでしょ... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 17時28分

« アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG10.0)「あたしの中の・・・・・」 | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイ(FLAG11.0)「おしまいの日」 »