« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

アニメ・ケロロ軍曹「誕生!ジャージマン冬樹」/「素敵なのど飴」

日向家で冬樹が受け取った荷物は、ケロロが注文した着ればヒーローになれるジャージで・・・・・。

しかも装着者のサイズになるというフリーサイズで、ケロロは大喜び。
そんな時、携帯電話がなりギロロから強化合宿に行くのが今日だと言われ気付いたケロロはジャージをそのままですぐ出かけます。
そしてそのジャージに触れた冬樹は・・・・。
その後、世の中ではジャージを着た少年(通称、ジャージマン)がUMA関連の事件等に現れ解決し、空を飛んで行くというニュースが増え始めました。
やがてそのジャージ少年は冬樹であり、ジャージを着た冬樹はUMAという夢のために動いていることを合宿から戻ったケロロ小隊は気付きます。
暴走している冬樹はいつもの冬樹と違っており、何かに取り憑かれているような感じでした。
冬樹に攻撃をしかけ、何とか冬樹のジャージを取り上げたケロロ小隊。
(その騒動で夏美が外に出てきますが、物がぶつかり気絶します)
そして気を失った冬樹はベットで気がつくのでした。
実はこのジャージは装着者の邪悪な心を引き出すようで、自分の未熟さを冬樹は感じるのでした。
その頃・・・・外で気付いた夏美が落ちているジャージに触れ、冬樹のようになってしまい・・・・というオチ。

自分がヒーローとなり、世間を騒がせ注目され、気持ちが結果的に方向を見失い「悪」の方へと突き進む・・・・というのかと思っていたら、単に冬樹の邪悪な気持ちが増長されたよう。
自覚しながらの方向転換、というより自分の邪心に操られていたという感じでした。

このジャージは伸縮自在・・・・ある意味、サイズ間違い注文もなくて注文しやすそう。
というか、大人も子供も自分のサイズに合ってしまい着ることができる洋服というのは便利そうです。

ギロロ「年に一度の強化合宿で今日から・・・・」
・・・・は一瞬、ダジャレかと思ってしまいました(笑)

夏美が気付きジャージに触りますが、あれから夏美はこの場所(日向家の庭。しかも夜)にずっと気絶した状態でいたのかと思ってしまいました。
ギロロとか気を回して夏美を自宅に入れそうな気がしますが・・・・。
女の子をそのままとは!・・・ってそれどころでなかったのかもしれないけど、なんかね・・・・・。

後半。

今日も夏美に叱られるケロロ。
あの声を聞くと身動きできないというケロロは夏美が語尾になにかしら言葉をつけるようになり、怖さを感じなくなればいい、と小隊に話すと・・・・・。

クルルがそれを可能なのど飴を出します。
ギロロが実験台となりますが、最後にはケロロ小隊全員&モアちゃんが言葉のあとに語尾をつけるようになりました。
さっそくその飴を夏美に食べさせようとしますが、冬樹とたまたまその時帰ってきた秋ママがその飴を口に入れます。
すると2人は語尾に言葉をつけるように・・・・・。
変なものを食べさせようとしたと怒る夏美でしたが、冬樹と秋ママには「面白い」と好評。
そしてその飴は24時間で効果がきれるとわかるのでした。
夏美はその場を離れ、みんなは楽しい団欒。
その時、ケロロにはケロロ小隊戦記の電話インタビュー(生放送)の確認電話があり、秋ママには担当の漫画家、冬樹には桃華から電話があります。
語尾に言葉をつける変な話し方なので困惑する一同。
でも、相手には好評の結果となります。
そして一人仲間ハズレ気分の夏美は・・・・・その飴を大量に摂取。
飴の影響で言葉の語尾に多くの語尾をつけるようになったのでした・・・・・。

秋ママ、翌日休みでよかったね・・・・・と思いました。
仕事だったら問題ありだし、その場合「風邪で声がでない」とかにして話さないのかな?
アニメでも乾燥が続き風邪になりやすい、というニュースが流れてましたし。

この飴は語尾だけでなく、その語尾を言う時ある一定の行動をしてしまうようです。
体を大きく動かす語尾だと話すたびにその行動をとってしまうので大変そうな気がしました。
ケロロなんて飴2個を口に入れた影響で2つの行動を続けてたし・・・・そういえば夏美は語尾の多さが続く、続く・・・・・。飴の影響がなくなるころは筋肉痛になりそう!?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

アニメ・ケロロ軍曹「侵略者のオーラ」/「ん?タママ君」

ケロロたちの前にオーラがものすごいオララが現れて・・・・・・。

突然現れたオララはそのものすごいオーラを出しながら、日向家にきました。
「オララは電話1本で侵略完了するカリスマ侵略者」という話をクルルから聞いたケロロは、さっそくオララになりすまし侵略電話開始(オラオラ侵略)。
しかし、そんなことはうまくいくわけなく・・・・・という時、OKの返事。
電話で侵略が完了したと喜ぶケロロでしたが・・・・。
いきなり日向家の上空に船が登場し、ナンク星人が登場。
彼らは何かと難癖をつけ侵略する星人でした。
そして電話して侵略した、という電話をした侵略者のいる星を次々と侵略しているのでした(オレオレ侵略狩り?)
このままではペコポン侵略される~~~~!!!!
・・・・・という時、オララが現れ、戦いますが敵もやられません。
そしてオララにオーラをわけ、そのオーラを受け取ったオララは敵を攻撃、こうして敵は倒れ今まで侵略された星も解放されたのでした。
実はこのオララ、格闘家であり、ペコポンの宇宙人街で開かれる格闘の試合に参加しにきただけでした。
いわゆる「カリスマ侵略者」も都市伝説だと判明されるのでした。

「オッス、オラオララ」
・・・・ドラゴンボールの主役のようなセリフだけでなく声まで一緒のオララの声を聞いたとき、爆笑。
まさかこんなところで姿はケロン人だけど性格・声が某漫画の主役と同じ人物が出てくるとは思いもしませんでしたので。
まるで悟空がケロロ軍曹に友情出演(というか共演)したような展開でした。
しかもバトルとなり、途中で主役がオララに変わったような雰囲気になりましたが、何故か違和感なし。
いや、というか楽しめました。
これは、もはやオララから出ていたのは格闘家オーラではなく主役オーラ?とも思えるようなキャラクターのせいでしょう。

「みんなのオーラをわけてくれ」もパロとはいえ、楽しめました。
逆にこんな風にオーラをみんなからもらっているから、オララのオーラって強いのかな・・・・とも思いました。

「オラオラ詐欺」もとい「オラオラ侵略」等「オラ」に関するものも混ぜてうまくまとまっていたと思います。
オララの活躍シーンで以前影山さんがケロロのOPで歌った歌を流してほしかったと思ったのは私だけ?
(さすがにドラゴンボールのOPは流せられないし、せめて歌う人が同じ人の歌でも流してほしかった)

後半。

ケロロのおもちゃを壊してしまったタママは接着剤で直そうとしますが・・・・・。

たまたまそこに現れたドロロとひょんなことからくっついてしまったタママ。
タママの頭部にくっついたドロロは帽子に変身します。
ケロロに嫌われたくないと、タママはケロロに素直に謝る事を拒否し、同じものを得て交換しようとします。
でも、なかなか同じ物は得られないのでした。
ドロロも説得しますが、タママは断ります。
そんな中、ケロロがその壊れたおもちゃを鑑定するというテレビ番組にでていました。
そして、テレビ内でおもちゃが壊れている事をケロロは知り、恥をかくこととなります。
しかも日向家に帰ったケロロはドロロのマスクを発見したことにより、ドロロが壊したのではないかと疑い始めました。
他人に罪をなすりつける・・・・でもドロロが本当の事を言ったらと心配するタママでしたが、そんなタママにドロロは無言でした・・・・。
そして、会議にて(ドロロには連絡しない)ケロロはドロロへのおもちゃを壊した不満をぶつけます。
ドロロではないのでは、と異論を告げるギロロにより、流れはもともと壊れていたのではないかという方向に。
このまま黙っていれば自然に壊れていたとなりそうな所、ドロロの説得を思い出すタママ。
やがてタママは自分が壊した事をケロロに謝るのでした。
ケロロはその正直さを認め、許す事にします。
が、実はそのおもちゃはもともと子供の頃ドロロから借りたものだと判明。
接着剤が取れ帽子からもとに戻ったドロロは怒るのでした。

正直に謝ったほうがいい、とごまかす悲しさを諭すドロロ・・・・・という教訓話でもあります。
「うそをついたまま皆といる」辛さとかドロロの話は説得力あります。

ドロロのせいと思い込むケロロに異論を唱えるギロロ。
これはドロロの性格をよく知っているギロロだからこその言葉のように思えます。
結局日頃の行いがものをいっているように思えました。

ところでドロロの帽子を見て「ドロロンえん魔くん」のえん魔くんの頭にいたシャポーじいを思い出していました。
姿形は、まさにそのもの・・・・・これはえん魔くんのパロでもある?
それを意識しているのか「ドロロ~~ン」の文字が何回かありましたし、ドロロが変身する時「シャッポ変化」とか言ってましたしね。
タイトルの「ドロロ ん?タママ君」にしても「ドロロ ン?タママくん」→「ドロロン タママくん」となって、「ドロロンえん魔くん」に似ております。
(このアニメ、当時好きだったんですよね。雪子姫とか、カパエルとか。雪子姫の着物の裾が短かったのが印象的。OPも印象深いです)

ちなみにアニメ放送されていた時、主役のえん魔くんの声は野沢さん。
オララにしろ、今回2話は野沢さん繋がり?とも思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

アニメ・ケロロ軍曹「ボツ作戦大作戦」/「拝啓、夏美殿」

明菜おばあちゃん家に向う日向一家を襲う怪獣が現れ・・・・・。

ケロロたちに連絡が入り、ケロロ小隊はその場所に向います。
しかし、戦うギロロやタママは「くしゃみがでそうででない」「足のニオイがくさくなる」という症状を怪獣のビームを受けて発症。
そして、この怪獣はケロロたちのボツ侵略作戦が実体化したということがわかりました。
日向一家が襲われたのも侵略作戦の実験は日向一家で最初に試してみる・・・というパターンのため。
ビームをあびるとそれらのボツアイデアを経験することになるのでした。
責任を感じたのかケロロはあえてそのビームをあびボロボロ状態に。
(このボツアイデアの中にはギロロやタママのアイデアも含)
ラストは「この怪獣は宇宙ボツ墓場に行く」アイデアをケロロが提案しますが、それはボツになります。
そして、ボツとなったため怪獣が吸収し、この案が実行され、怪獣は宇宙のボツ墓場に行くのでした。

陽の目をみることなく消えたボツアイデアに愛の手を!?
・・・・とも思えそうな内容。
内容でケロロの考えそうなもの、と気付いた冬樹も凄いですが、それをヒントに短時間で調べ上げ確認したクルルも凄い。

この怪獣がロケットにつかまり宇宙に行くシーンでウルトラマンのある光景が頭の中に浮かびました。
そこで「ウルトラマン 宇宙墓場」で検索してみたら、ウルトラマンでシーボーズという怪獣がロケットに結びつかれ怪獣墓場に行く話がヒット。
どうやら今回の話はそのパロのようですね。

冒頭でボツとなった企画書をケロロから放り取り、ボツで落ち込むケロロを前にニコニコしているモアちゃん・・・・・。
すっかり「おじさまかわいそう・・・・」となると思ったのに、笑顔!?
モアちゃん、性格変わったのか?

後半。

ケロロからの手紙を貰った夏美ですが・・・・・。

手紙には、夏美の623公開録音チケットを誤ってぐしゃぐしゃにしてしまった事に関する謝りの言葉が。
そして夏美から怒られることを恐れたケロロは超空間ゲートで逃げようとしますが、トラブルで実体が消滅し、魂だけとなったけど「モノ」にのりうつることは可能なこと。
この手紙はペンに移り、文字を書いていることが書かれてました。
悲しむ夏美。
しかし・・・・・その恐怖はその後に書かれてました。
そのチケットは実は不要と知り、自分がこんな目にあうのはすべて夏美のせい、だから夏美を脅かそうと「モノ」に乗り移り、夏美を精神的に追い込もうという考えになったことが書かれてました。
どこに潜んでいるかわからず夏美を怖がらせるケロロ・・・・。
でも、冬樹に相談したことにより、実はこんな手紙を書いて夏美を驚かせようとするケロロという種明かしがされます。
安心する夏美。
ところが、実はそのケロロはコピーロボットで本当にケロロは魂だけになっておりました。
夏美の精神状態を考慮し、夏美を安心させる為、ギロロがコピーロボットを利用したのでした。
そして・・・・・ケロロは夏美が飲むミルクの中に入り、夏美の体の中に入る作戦を実行しようとします。
が、夏美はそのミルクが入ったコップを電子レンジに入れ、高温に包まれたケロロは・・・・・・。

結局、ケロロはどうなったのか不明です。
ただ、ラストで惑星に目や口が現れたので蒸発したケロロが気体となって外に出、やがてペコポンそのものにとりついた・・・・ともとれるようなラストでした。
でもナレーターが「モノに何か魂が宿っているかも?」という内容の話をしたので、実はこのラストは単に「自分達が住んでいる惑星には実は何か得たいの知れないものがとりついている」というのを暗示したラストなのかもしれません。

オチが電子レンジで・・・・というブラックなオチ、怖いというか面白いというか、一風変わったお話でした。
ケロロが急に夏美のせい、と逆恨みして透明人間かつストーカー化してしまったのが心理的に怖いです。
でももっと夏美が精神的に追い込まれる過程があれば、その怖さが増しそうだと思いました。

実はケロロが夏美を怖がらせようと手紙を書いていただけだった・・・というのはあまりにも落胆すぎるオチと思っていたら、実はコピーロボットだったという単純なオチでなかったのでどことなく安心した部分を感じました。

でも、なんとなく後味が悪く感じられたのは気のせいでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2011年 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

・・・・・とはいえ、今日は仕事であまり実感がないです。
まあ、時間が通常より短いのでまだいいのですが。次の休みは5日なので、それまで頑張らなくては。

商店街によった所チェーン店が多いせいか、元旦だというのに飲食店はほとんど営業してました。
おかげでますます「お正月」という気分なし。あ、でも出勤時あまり人に会わなかったなぁ・・・・といっても、日曜・祭日に出勤する状態と同じなので、やはり正月気分なし。

話変わって、ご訪問、ありがとうございます。昨年はコメントやTBをありがとうございました。
週2回更新と少ないですが、まあ続いております。
あいかわらず少ない更新回数ですが、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »