« 昭文社 第52期 株主総会(2011年) | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ(FLAG11.0)「いつも心に太陽を」 »

アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ(FLAG10.0)「スクール★ウォーズ」

教育実習生、純の攻略を始めようとする桂馬だが、すべて裏目にでてしまい失敗。
そこで、方法を変えようとするが・・・・・・。

桂馬が攻略しようとしてるのに、何故か純のペースになってしまう様子が今までと違うので面白かったです。
段々、純が駆け魂に狙われた理由が出つつあります。
熱血すぎて誰もついて来なくなり、その孤独感。
純の望む方向性は私も間違っていないとは思いますが、やり方には問題があると思います。
自分は望まないのに押し付けられるのは・・・・・・。

「教師ルート」を避ける為に、桂馬は純を怒らせようといろいろします。
が、純は「寂しいからそうするのね」と解釈してしまい、怒ろうとはしなかったのでした。
予想外なことばかり・・・・・。
・・・・リアルとゲームの違いからくる結果。う~~ん、面白いですね。
ゲームの世界はある種のパターンにはまるキャラばかりだと私は思います。
あまりにも想定外の動きをするギャルゲーキャラだと予測不可能(理解できない)ゆえ、ゲームをする人は攻略を止めてしまうのでは?→そして売れなくなる、と思いますので。
それに対し、リアルではいろんな人がいるのでそうもいかない。
桂馬はリアルでのそんないろんな人、というのを学んでいる時なのかもしれない、と思いました。
まあ、この世は予測不可能だから面白い、という説もありますけどね。

エルシィが純を怒らせるために漫画にあったスカートめくりを桂馬に提案し、断る桂馬。
・・・・この漫画の女性ってマチコ先生?

いつも純のペースになってしまい、説教(というか言い方は諭す口調)をする純に対し、怒り怒鳴ってしまう桂馬。
桂馬「リアルから逃げてゲームをやっていると思っていたのか」
桂馬「お前の勝手な基準で人を見るんじゃない!」
うつむく純。
・・・・言い方きついな~~~、桂馬。よっぽど自分のペースにならない状況にイラついている?
または、「リアルから逃げて」と本当はどこかで(無意識に)感じていて、図星のため、声を荒げた?(図星だと声を荒げて反論する傾向は多いから)
・・・・と思う前に、「そういう桂馬も攻略相手を自分の基準でタイプを決め・・・つまり、自分の勝手な基準で人をみてるな~~~~」とツッコミ。

この後、作戦を変えて純と同等の立場になろうと純の先輩である二階堂先生を利用しようと考える桂馬。
ニカイドウロボ・・・・って、ジャイアントロボのパロ?
(ジャイアントロボはよく夏休みに再放送されてたなぁ・・・・・と思い出す私)

でも二階堂先生から純の情報を得られず、苦戦する桂馬。
そのころ純は・・・・。

生徒に、自分の考えをおしつけ(本人はその気がないのに、「一緒に頑張ろう」と声をかけ、行動をおこさせようとする)、生徒との溝が深くなる出来事が。
・・・・しかたない、別にいいよ、という思考の生徒たちとよくないよ、頑張ろう!と奮闘しようとする純。
この思考、行動は生徒と純の年齢が逆だと思いました。
よく、「若さゆえの暴走」とか「若さからくる反抗心」とかありますが、純の場合そんな感じです。
というのに、純より年下の生徒たちは「しかたない」「それが現実」と冷ややかに現実という流れに身を任せております。
つまりありがちな「対抗しようとする若者」「やってもしかたないと思う年配者」という構図が純と生徒の場合逆になっており、面白いと思いました。

落ち込む純を見かけ、何かを感じる桂馬。
桂馬「不思議だ。あいつが落ち込むとなぜか気になるんだ」
・・・・それって、恋!?
相手が気になるって恋の前兆?(違)

ということで、純の内面が表に出始め、桂馬もルートを見つけたようで、次回は純を攻略する話です。

|

« 昭文社 第52期 株主総会(2011年) | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ(FLAG11.0)「いつも心に太陽を」 »

コメント

10話目ですね。
記事まっていました。
いつもとは違った攻略の仕方にいろいろ考えつつ
それにしても、ケイマ授業中にゲームやりすぎです・・・

投稿: mkd(ピンポイントplus) | 2011年7月 9日 (土) 21時59分

桂馬がそうそう簡単にキレるタイプの人間ではないのは火を見るよりも明らかかと

理想を追いかける仲間だと思ってた長瀬に自分の理想を真正面から否定されたのがその理由の大部分だと思います

桂馬が攻略時に用いる基準はあくまで形の無い物差しみたいなもので、頭ごなしに押し付けることはしないし臨機応変に的確な対応をするから長瀬のそれとは違いませんかね?

投稿: 霜降り | 2011年7月10日 (日) 15時41分

mkdさん、こんばんは。

やっと少し更新する時間が出来ましたので、あと2話、時間があったら更新していきたいと思います。

相手によって攻略方法を変えていくのは桂馬ならではですよね。

>それにしても、ケイマ授業中にゲームやりすぎです・・・
それもそうですが、ゲームのしすぎで目がわるくならないのか、と思ってしまいます。
近眼が酷いと目のリスクが大きくなりますから。
緑内障とか目の病気・・・・になりやすくなります。
目は大切に。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2011年7月10日 (日) 21時11分

霜降りさん、はじめまして。

>理想を追いかける仲間だと思ってた長瀬
だから、桂馬が「同じだと思っていた」と言ったのかと納得しました。

ただ私の場合原作未読で、アニメ1期と2期の1~10話しかみていない限りでは、桂馬が理想を追っているのが伝わってきません。
何かしらの信念をもっているのはわかりますが。
それと、理想を追っているということは、桂馬は「理想」をゲームで追っている、ということでしょうか。
1期の最終回にその兆しがあったかも?・・・・と思いましたが、私にとってあの話はついていけない話だったので、気付かなかったのかも。

>桂馬が攻略時に用いる基準
人って多面性があるし、一概にそうではないかもしれないですが「△△系」とか自分の物差しで判断しているという意味では同じだと思いました。
ちひろも最初は「モブキャラ」「個性がない」と決め付けてましたし。

とはいえ、ご指摘の通り、純は相手のことを考えず行動しますが桂馬は相手のことを考えて行動してます。
その点が大きい違いだと思います。
純が「一緒に勉強しよう」と男子生徒に話しますが、当の本人は断ります。
でもそれを「悔しくないの?」と説得しようとするのが相手の気持ちを考えていないから。
桂馬だったら、その場は去り、後にその男子生徒ができるようになって見返したい!という気持ちにもっていかせると思います。
それは相手のことを考えている事。

その差は大きいと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2011年7月10日 (日) 22時27分

うーん…
桂馬は理想をゲームで追ってるというかゲーム自体に見出しているというか…そこはかとなく複雑なキャラですね(汗
やはり原作は自分のテンポで読めるので場面場面で桂馬の内面性が見て取りやすかったり、何かしら印象的なセリフやシーンをいつでも見返せるのもあるかもしれませんが、やっぱりアニメでも桂馬は桂馬ですからそういった根本は変わらないものと思います
とりあえず二期の最終回でひとまず神のみアニメは終わりを迎えるわけで、その時に桂馬の理想に関するヒントがはっきり言及されるはずですよ

そしてまあなんというか二期が終わっても原作ストックがなんとまだまだ約15巻分(アニメ六・七期分)はありますしこれからが内容的にもようやく本編といった感じだから三期以降を期待したいですね
ホントに期待してます

投稿: 霜降り | 2011年7月10日 (日) 23時43分

>そこはかとなく複雑なキャラですね(汗
桂馬は複雑なキャラという感じですよね。
だから誤解されやすく、周りの人は桂馬に対しよい印象を持たないのだと思います。

>原作は自分のテンポで読めるので場面場面で桂馬の内面性が見て取りやすかったり
アニメではあまり内面を描いてない場合もあり、たまに言葉や行動が理解できないときがあります。
DVDとかで見直せるかもしれせんが、それほどはまっていないしそのままにしているので、よけい複雑キャラになっていくのかも。

というか、桂馬の強さ(カリスマ性)は惹かれるものを感じますが、ついていけない部分も感じてます。
一緒にいると疲れそうというか・・・・・。
自分にとって主役である桂馬にはそういう印象の為、あまり桂馬を理解したいという気持ちが私にはないのかもしれません。

まあ、あと2話で2期も終わりで、桂馬の理想に関するヒントを楽しみにしておきましょう。

ハクア登場から面白くなってきていると知り、確かに悪魔界の背景がわかって、ただ単に駆け魂集めをしているのでないと話の世界観が広がり面白くなってきてます。
このまま3期以降続くかどうか・・・・というところですよね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2011年7月12日 (火) 21時03分

桂馬はリアルから逃げてはないと思いますが
2期残り2話ですね
9月16日ごろにでるOAD付き14巻ででるんで
かのんちゃんが主題歌歌う

投稿: りあん | 2011年7月13日 (水) 16時13分

「強さ(カリスマ性)についていけない」とありますが
そのみかりんさんの言うついていけないカリスマ性に桂馬のゲーム癖は多分に含まれてるんでしょうか?(笑


私はというと原作が連載してる某週刊少年誌の方では、桂馬がゲームをするどころかゲーム機に触れる姿すらもう一年近く見ていません
神のみぞ知るセカイを巡る物語もそろそろ佳境に入ったのか桂馬がもうのんびりゲーム(もとい駆け魂狩り)をしてられないほど危険な状況に追い込まれてしまったとはいえ、あの桂馬がゲームをしないとなると意外に寂しいものですねぇ
また桂馬が気楽にゲームをしてる姿を見られるのはいつのことでしょうか
とりあえずコメントはこのくらいにして、最終回の感想を楽しみにしてます
恐らく大半があらゆる意味で理解不能でしょうが頑張ってください(笑

投稿: 霜降り | 2011年7月13日 (水) 23時55分

こんばんは、りあんさん。

>桂馬はリアルから逃げてはない
逃げる、といってもいろんな見方がありまして・・・・。
リアルよりゲームに熱中、つまり「依存」という意味での逃げでは桂馬はリアルから逃げていないと思います。
ただリアルを直視していない、受け入れていないという意味では逃げていると思います。
受け入れているなら純のように、リアルで理想を追ってもいいと思いますので。
桂馬ならリアルとゲーム両方の世界で理想を追えると思いますし。

きちんと学校に通っている、日常生活は送っている、でも必要以上にゲームにのめりこんでいる・・・・・リアルから逃げているような、いないような中途な気もしますね。

>2期残り2話ですね
本放送はすでに終わっている・・・・。
しかも2期はまた再放送開始(関東の場合であり、他はわかりませんけど)。
というのに、7月中にはもう更新できそうもないです。
なんせ仕事が忙しくなっております。
もう少し余裕ができたらゆっくり更新していこうと思ってます。

>かのんちゃんが主題歌歌う
もし3期、4期・・・・と続いたら、その曲もテレビで流してほしいですね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2011年7月14日 (木) 22時00分

霜降りさん、こんばんは。

>強さ(カリスマ性)についていけない
強さというか、桂馬自身についていけないものを感じるというか・・・・・。
まあ、1期の最終回は思わずひいてしまいましたので、
>ゲーム癖は多分に含まれてる
と思います(苦笑)

話が進んでいくとドロドロになったり、苦難になったり、初期の話は今思うと平和・・・・というストーリーは多いですが、神のみもその類でしょうか。
そうなると、今の話はそういう人からの視点では懐かしい、または今思うと平和な場面なんでしょうね。

>桂馬がもうのんびりゲーム(もとい駆け魂狩り)をしてられないほど危険な状況
なんだか、ゲームを楽しんでいる桂馬は平和の象徴に思えてきますね・・・・・。

>恐らく大半があらゆる意味で理解不能でしょうが頑張ってください(笑
また1期の最終回のような話・・・・?
桂馬の理想に関するヒントや理解不能な内容?
最終回が楽しみのような、????だらけになりそうなような・・・・・。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2011年7月14日 (木) 22時36分

申し訳ありません。TBを間違えて送ってしまったので、再度送りました。

投稿: はつゆき | 2011年7月17日 (日) 19時08分

どちらも「ウォーズ」がつきますしね・・・・気にしないで下さい。

それと、ご訪問ありがとうございます。
間違えたTBは消しましたので、よろしくお願いします。

投稿: みかりん | 2011年7月17日 (日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/52160496

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ(FLAG10.0)「スクール★ウォーズ」 :

» 神のみぞ知るセカイII~FLAG10.0「スクール☆ウ... [ピンポイントplus]
 神とよばれるほどゲームを得意とする高校生ケイマ、悪魔エルシィと契約して 現実女性を口説き落とし駆け魂を回収する使命に立ち向かうセカイの新展開、第10話  ☆FLAG10.0「スク... [続きを読む]

受信: 2011年7月 9日 (土) 21時58分

» 神のみぞ知るセカイII FLAG10.0 『スクール★ウォーズ』 [ゼロから]
自転車で学校まで通う教育実習生の長瀬純先生。朗らかで明るいのが長所ですが、攻略するのは、ちょっと難しい。 [続きを読む]

受信: 2011年7月17日 (日) 19時07分

« 昭文社 第52期 株主総会(2011年) | トップページ | アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ(FLAG11.0)「いつも心に太陽を」 »