« 2012年 明けましておめでとうございます | トップページ | キャンドゥ 第18期 株主総会(2012年) »

映画「怪物くん」(2011年公開) 感想

2012年1月18日(水)午後3時10分~の上映を観ました。
2Dと3Dがあったのですが、以前3D映画でだいたい45分ごろ経過後、目が痛くなってきたため、目への負担をかけないため2Dにしました。
公開は昨年11月26日(土)なので公開後2カ月近いから比較的すいているかな?でも、レディースデーだし2Dのこの映画はこの時間しか上映されていない(3Dは3回ある)から10人くらいはいそうね・・・・・と思っていたら全部で3人だった(笑)
私と20代のカップル・・・・そういえば券購入の際、いつもは「通路側がいいですか?」とか聞かれていたのに、今回は「どの席にしますか?」でした。
もしかして私が券購入の最初の一人か?・・・・それにしてももし私が観るのを、またカップルが観るのを止めてたら完全貸切状態だったよね、130席もあるのに・・・・・なんて思いながら始まった映画です。

怪物くんはアニメ放送(モノクロ、カラー両方)はもちろん、漫画も読んでいて、テレビドラマも観ておりました。
あ、でも大フアンというわけでも、嵐フアン、というわけでもないので。

では感想へ。

テレビドラマ同様、「○○最高~~~~!!」がきけて嬉しいというか懐かしい感じです。
デモキンやらドラマに出ていたキャラも登場し、どちらかというとテレビドラマの続きという感じがしました。
2Dですが、意図的にか手や足や炎やら強調している場面を感じ、たぶんこれらが3Dでは飛び出ているようにみえるのだろうか?と想像しながら観ていました。

今回のストーリーは怪物くんが怪物ランドをとびだし、カレーの王国へ着き、騒動に巻き込まれるというもの。
テレビドラマのように子供も大人も楽しめられる娯楽作品、というところでしょうか。
といっても、細かく設定を考えると結構ドロドロした感情があります。
王になりたいという欲望、宝石に目がくらむ国民、「欲望」を集めるために利用するデモキン・・・・そんな中、怪物くん&お供の3人がその悶々とした設定を振り払うパワーでけちらかしている感じです。
姫の自分の命をかけて国民への説得・・・だって見方を変えれば自殺、ということでもあるのにその痛切さが酷くない作り。
(まあ、これに関しては必ず怪物くんが助けるのがわかっていて安心しながら観ていた部分もありますが)
・・・・それらのこう、ドロドロしたものを感じさせない展開は怪物くんの世界ならでは。

それと、今回「わがまま」がテーマな気がしましたが、「王の資質」を考えさせられました。
世襲の良し悪し、信念と責任が伴う我が儘(←個人的にはこれはわがままとは言わない気が・・・・どちらかというと主張?)。
今回悪役となった宝石を作る怪物もやってることは理にかなっておりませんが、世襲への疑問、不公平感は一理あるような気もします。

怪物くんもいろいろ経験し、いい王へと成長していってほしいです。

ラストのおまわりさんや、ウタコ、ヒロシの怪物くんとの再会はドラマを観ていた者にとっては懐かしい気がしました。

ストーリー最初の方の自称?ドラゴンに怪物くんたちがのるシーンを観ていて、なんだか映画「ネバーエンディングストーリー」が観たくなりました(笑)

|

« 2012年 明けましておめでとうございます | トップページ | キャンドゥ 第18期 株主総会(2012年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/53772869

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「怪物くん」(2011年公開) 感想:

» 「映画 怪物くん」 われがまま [はらやんの映画徒然草]
例によってテレビドラマは未見です。 とは言いながら、世代的には藤子不二雄先生の作 [続きを読む]

受信: 2012年1月21日 (土) 10時17分

» 怪物くん<2D版> [りらの感想日記♪]
【怪物くん】<2D版>  ★★★☆ 映画(3)ストーリー ついに怪物ランドの新大王就任式を迎えた怪物くん(大野 智)だったが、そのワガママぶ [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 20時52分

» ■映画『怪物くん』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
小さい頃から読んでいたマンガの“怪物くん”が嵐の大野智主演でスクリーンに登場しました。 まあ、いろんな意味でテレビ版の映画化である『映画 怪物くん』。 おなじみのメンバー、八嶋智人、上島竜兵、チェ・ホンマンのドラキュラ、オオカミ男、フランケンのなりきりぶり... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 17時24分

» 怪物くん [のほほん便り]
頭からっぽにして、とても気楽に楽しめる単純明快さがヨカッタです。 どちらかというと、ドラマ・ファン感謝祭の感だったかな? なにげに豪華ゲスト。人気者達が、大まじめに虚構ワールドを、のびのび演じてるのが楽しかったです。 特に、ゲストの上川隆也、北村一輝の奮闘には、思わずヤンヤ!   (あらすじ) 怪物ランドの王位継承式の日、怪物くん(大野智)は国民から大ブーイングを浴びてしまう。怪物くんは何もかも投げ出し、お供を連れて日本へ。ところが、着いたところは日本ではなく“カレーの... [続きを読む]

受信: 2012年12月31日 (月) 16時11分

« 2012年 明けましておめでとうございます | トップページ | キャンドゥ 第18期 株主総会(2012年) »