« 映画「ラストスタンド」(2013年) 感想 | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第5話 「桂ヒナギク」 感想 »

ハヤテのごとく!Cuties 第4話 「鷺ノ宮伊澄と愛沢咲夜」 感想

伊澄のメイド探しの話と千桜が咲夜のメイドになったいきさつ、ナギの漫画を理解しようと頑張る?(というか、伊澄に振り回される?)咲夜の話。

伊澄はしっかりしているからメイドは必要ない・・・・でも弱点があり、それはスマホを使いこなせないこと。
それよりもすぐ迷子になる方が問題じゃあ・・・・。
まあ、とにかく伊澄というよりその母親と伊澄の話で伊澄よりも母親の性格がよくでていた話のようにも思えます。
もしかして実はメイド応募したのって文だけでは?とも思ってしまいました。

咲夜が千桜のメイドとしての有能さ、また千桜の性格が気に入りメイドと決めたよう。
ナギがハヤテを雇ったのに「運命」と思ったように、メイド喫茶以後ゲームセンターでまた咲夜が千桜に出会った時点である意味運命的。

ナギが昔咲夜を「姉」として慕っていたのがいつのまにか千桜を「姉」と慕っているのに気づく咲夜の場面は少し寂しさもあり、こういう場面は好きです。
またそのことに対し嫉妬しないのも咲夜らしい。
人によっては嫉妬する人もいますしね。

比較的咲夜は好きなので、もっと咲夜が元気に活躍する話かと思っていたら、少しおとなしめの話だったのが個人的に残念。
漫才でいうとツッコミ役というよりボケ役。
正直、ツッコミ役の咲夜がみたかったんです。

|

« 映画「ラストスタンド」(2013年) 感想 | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第5話 「桂ヒナギク」 感想 »

コメント

千桜を「姉」のように、慕ってるのではなく、おなじオタク仲間として気が合う
だから、咲の場合、ゲームアニメはあまり関心が薄い

投稿: りあん | 2013年5月11日 (土) 22時31分

そうですか、別に「姉」と慕っているわけではないのですね。

頼りにしている、というこ事と咲夜の回想シーンで姉かと思ってしまいました。
たぶんこの辺りは千桜とナギの関連性が描かれたアニメがあればそう思わなかったかも。

オタク仲間との付き合いはラクだし、楽しいけれどそればかりだと視野が狭くなりがちだし、他からの視点に気づきにくくなると思います。
そういう意味でもゲームやアニメに興味がない咲夜の感性は参考になるし、漫画家をめざすナギにとっては咲夜の存在は大きいと思いますね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年5月14日 (火) 11時09分

メイドといえば、2期に伊澄がメイドになった回がありましたよね
千桜さんからメイドの基本は作り笑顔だとかで

投稿: りあん | 2013年5月19日 (日) 16時45分

「メイドターンができなくて」ですね。

そういえばメイドに関していろいろアドバイスを伊澄は受けてました。
作り笑顔というか営業用スマイルは接客術として必要だけど、一番大切なのはやはり主人との相性だと思いますけどね。
身の回りをしてくれる人がいつもニコニコしててもなんか気が合わないのは・・・・・ですし。

投稿: みかりん | 2013年5月21日 (火) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/57330028

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!Cuties 第4話 「鷺ノ宮伊澄と愛沢咲夜」 感想:

« 映画「ラストスタンド」(2013年) 感想 | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第5話 「桂ヒナギク」 感想 »