« 吉野家ホールディングス 第56期 株主総会(2013年) | トップページ | ワタミ 第27期 株主総会(2013年) »

ハヤテのごとく!Cuties 第7話 「水蓮寺ルカ」 感想

アイドルでもあるルカに大きなCM仕事が入るが、実は彼女はCMで使われる自転車に乗れず、ハヤテから猛特訓を受け・・・・という話とルカのライブの時の話。

3期に登場していたルカの話。
タイトルはルカだけど、どちらかというと「水蓮寺ルカと綾崎ハヤテ(&ハーマイオニー)」というタイトルのような内容に思えました。
前半が主にルカとハヤテの自転車特訓話でしたし、後半はハーマイオニー(メイド服のハヤテ)がルカのライブで怪我したルカのサポートにまわる話ですので。

短時間で振付を覚え、見事バックダンサー代役を務めたハヤテ。
ご都合主義っぽい気もするけど、ハヤテならそれもあり?なんて思ってしまいます。

ルカのプロ意識もすごいですが、そんな彼女のプロ意識に接したハヤテも立派に執事としてプロでもあります。
お互いプロ同士、良い刺激となってプロ精神を高めていってほしいものです。
(芸能と執事でジャンルは違いますけどね)

ルカと踊るハヤテは息もピッタリで踊っておりました。
今後「突如現れた謎の美少女!?」とマスコミで騒がれる・・・・・ということはないんでしょうね。
何か残念(←おい)。
でも、ネットとかで盛り上がってもいいような気もしますけどね。

今回は個人的にハーマイオニーが多く登場したのは嬉しいかな。
できたらもう少し長くルカと踊っているシーンをみたかった気がします。

|

« 吉野家ホールディングス 第56期 株主総会(2013年) | トップページ | ワタミ 第27期 株主総会(2013年) »

コメント

ルカもハヤテと似たような境遇で同じくらいの借金を、両親から負わされた

ルカの両親は芸能事務所はやっていたそうで、ルカは小さいころから歌や踊りを

後半のハヤテがバックダンサーをするは
原作では出会ったころの話でハヤテのことを女の子だとおもっていた
ライブの邪魔するのは
咲の兄ではなく同時期に登場したキャラが

投稿: りあん | 2013年6月 4日 (火) 22時08分

ハヤテにしろルカにしろ、大変な境遇というのにいつも前向きに捉えているのは、すごいことだと思います。
境遇で共通点があるので、お互い親近感を感じやすいのかもしれません。

>原作では出会ったころの話でハヤテのことを女の子だとおもっていた
前半ではハヤテを”異性”として意識している部分がある感じなのに、後半では着替えを頼んでいるのは驚きでした。
でもルカのプロ意識がそれを可能にしているのかと思ってましたが・・・・・自分の気持ちより、舞台を優先するということで。
まあ・・・・ハヤテが女の子と思っているなら、別に着替えを手伝ってもらうのは関係ないですけどね。

ライブの時の別キャラはしかたないと思いつつ・・・・多少違和感を感じながらも妥当ではないかと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年6月 7日 (金) 10時01分

性格は天然ボケで、1兆部売れる漫画家になりたいとか
まんがにかんしてナギとよいライバル
サポートしてくるのがハルさんなわけで
ちなみに最終11,12話は完全オリジナル
4期が原作にちかいのりだと

投稿: りあん | 2013年6月 9日 (日) 07時31分

サポートがハルさんというのは心強い味方って気がします。

完全オリジナルというのはフアンにとってはうれしいものでしょう。
2期が一番原作に近いと思ってましたが、4期もそうなんですね。

コメントありがとうございまいした。

投稿: みかりん | 2013年6月10日 (月) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/57518463

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!Cuties 第7話 「水蓮寺ルカ」 感想 :

« 吉野家ホールディングス 第56期 株主総会(2013年) | トップページ | ワタミ 第27期 株主総会(2013年) »