« ハヤテのごとく!Cuties 第9話 「春風千桜と剣野カユラ」 感想 | トップページ | マーベラスAQL 第16回 株主総会(2013年) »

ソニー 第96回 株主総会(2013年)

2013年6月20日(木)午前10時~(受付開始時刻は午前8時) グランドプリンスホテル新高輪で行われた株主総会に出席しました。
この会社の株主総会は昨年に続き2回目です。
朝、沖縄に台風が来ているというのもあり、雨がひどくはないけど降っている状態でした。

地下鉄浅草線「高輪台」A1を出て曲がるとソニーのスタッフらしき人たちとすれ違い、そのまま進んでいくと総会会場への矢印看板をもったスタッフがおりました。
その矢印に従い進むと、株主総会看板がホテル入口に出ており、ホテル内に入り受付。8時15分あたり。
その時、ソニーの文字が入っている白い手提げの袋をもらいました。
それがお土産となります。
・焼菓子詰め合わせ(5個入り)
・オリジナルクリーニングクロス(液晶画面やレンズ・ガラス他油膜汚れ拭き。ソニーの文字入)
・オリジナルボールペン(スマートフォン用タッチペン付き。ソニーの文字入)
以上3点が入ってました。
それと「スマトラ島森林保全プロジェクト」「ソニー・サイエンスプログラム」(ソニーのCSR活動について)のリーフレットが入ってました。
尚、ソニー・エクスプローラサイエンスの入館割引券(大人、子供各100円引。1枚につき5名までOK、期限付)がサイエンスプログラムについてました。
受付時に首にかけられるようになっている入場票ももらい、首にかけました。
また、紙パックのお~いお茶250mlは受付後頂きました。

総会の会場は第1~第3会場あり、商品展示会場(10時~14時(予定)展示時間)もあります。
この商品展示会場に入場する場合、受付の時にもらった入場票を入口で呈示するとのこと(昨年と同じ)。
私は早めに行ったので第1会場になりました。
受付を終えて矢印に従い歩き、総会会場へ。
会場内に入るとき両端に女性が数人並んでいて、入っていくる株主に対し一斉に「おはようございます」とお辞儀をしての挨拶は昨年と同じ。
8時50分ごろからこの挨拶が聞こえてこなくなり、株主もどんどん増えてきました。
その時間あたりからスタッフが積極的に、株主を前の席の空いている席に誘導してました。
・・・・ということで、前の方に座りたい場合、早く来た方がいいです。
椅子の上には円形のうちわ(やや厚めの紙の下の方が穴が開いており、うちわのようにあおげるもの)が置いてありました。
この厚紙ですが、片面は式次第、ご質問の方法、商品展示等株主への案内が書かれており、もう片面は黄色になっており、黒い文字で「ご質問を希望される方は、このカードを上げてください」と書かれてます。
質問したい人はわかりやすいようにこの紙を上げるよう。

会場内の左右にスクリーンがありました。
また、9時5分ごろ(と私が会場に入った時すでに流れていたので計2回)ソニーのCM(ソニーの活動やソニーが関連する映画)がスクリーンに流れました。

9時55分から5分間ビデオ映像(カメラを手で組み立てている場面)が流れ、その間に取締役が壇上に現れ映像が終わった瞬間、総会が始まります。
連結業績を加藤取締役がスクリーンにグラフや表を出しながら棒読みで説明。
その後、経営施策を社長がたまに前を向き何かを読みながら説明(この場合もスクリーンに映像あり)
また、事前質問があったと、例の投資ファンド提案(映画、音楽事業の上場提案)に関しての説明がありました。
ソニーの今後に大きい影響もあるので、検討、判断していくとのこと。
10時38分ごろ質疑応答。
質問者13人(第一会場7人、第二会場3人、第三会場3人)。一人一問、ということですが、2問くらい質問する方もおりました。
ちなみに、第2会場と第3会場はテレビ会議システムが導入されており、第1会場のスクリーンには質問している状態がうつりました。

そして議案が拍手で可決され、11時54分頃総会は終了となります。

帰りは人数が多いので、一気に会場を出るということではなく、ブロックごとにわかれて会場を出ていきます。
(一部が出ていき、すいてきたら、また一部が出ていき・・・・・という方法)
昨年同様展示会場までみなさんゾロゾロ歩いて進んでいるので、そのまま見ないで帰りました。

<感想>
質疑応答で質問に対し回答が終わるたびに拍手が・・・・・思わず拍手したくなるような回答ならまだしも、あいまいな回答でさえ拍手が起こるので、身内(仲間)が拍手しているのかと思ってしまった総会。

さて、平井社長が昨年よりすっきりした表情という感じがしたのは、一応黒字になったからか?と勝手に想像してます。
まあ、私も例の上場提案が気になって出席しましたが、「検討中」のようで事前に答えたこともあり、質疑応答でも2回くらいしか話題にのぼりませんでした。
昨年は某人物選任反対でわさわさ雰囲気でしたが、今年は平井社長イケメン説(株主から要約するとイケメンで嬉しいとの話があり、またそれに対して照れるというか、そんな表情の平井社長の顔がモニターに映り、会場内に笑いが)があったり、ややなごやかな感じがしました。
まあ、総会招集ご通知を開けた瞬間社長の颯爽とした写真がやや大きめで目立って載っていて、私も好感度高そうだなぁ(特に女性に)とは思いましたが・・・・・。

社長がソニー製品への愛情、思い入れを語ってましたが、どちらかというと株主の方が思い入れが深く感じられたのは昨年と同じ。
「ソニー製品、好きなのね」という気持ちが伝わってきたのは社長よりも株主からなのは、やはりそれだけ思い入れが違うのかと思ってしまいます。
特にそれは年配者からの訴えが多いですけどね。

|

« ハヤテのごとく!Cuties 第9話 「春風千桜と剣野カユラ」 感想 | トップページ | マーベラスAQL 第16回 株主総会(2013年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/57631481

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー 第96回 株主総会(2013年):

« ハヤテのごとく!Cuties 第9話 「春風千桜と剣野カユラ」 感想 | トップページ | マーベラスAQL 第16回 株主総会(2013年) »