« 昭文社 第54期 株主総会(2013年) | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第11話 「ドアをノックするのは誰だ?」 感想 »

ハヤテのごとく!Cuties 第10話 「マリア」 感想

牧村嬢の回想から高校の時の生徒会長であったマリアさんの話と、ハヤテと偽装デートすることになったマリアさんの話。

タイトルのキャラがメインに感じられない話がたまにある中、今回はマリアさんがハヤテと偽デートとはいえ楽しんでいる描写があり、マリアさんらしい話に思えました。
「自分が(ハヤテより)お姉さん」とムキになるあたりはやっぱり17歳、と感じ普段の落ち着いているマリアさんとはまた違った面を観れて楽しめました。

高校生時代飛び級で進学、生徒会長となったマリアさん。
男子に人気のマリアさんはその需要?から牧村嬢がビデオ撮影をしますが・・・・・。
・・・・・男子に人気・その映像は需要、ということで現在のヒナギクを思い出してました。
また、ビデオが却下、録音は可ということで、牧村嬢が置いて行った録音機に自分の声を録音して楽しむマリアさん。
・・・・・第6話で泉が自分のビデオ撮影をしているシーンを思い出しました。

そういえば、結果としてマリアさんの場合数年後にそのテープをマリアさんが回収、泉の場合、ハヤテが回収しております。

それにしてもこの頃のマリアさんの映像、ある意味児童ポ○ノギリギリじゃあ・・・・・。

もう一つの話はハヤテにラブレターが届き、ナギはその人物がハヤテを諦めるようにとハヤテとマリアさんのデートシナリオを作成、実行。
結局そのラブレターは暇つぶしに書いた神父によるものでしたが・・・・。

マリアさんとのデートを見たら諦めるどころかその恨みがマリアさんのほうに行きそう。ラブレターを出した人物は病んでるかもしれないのに・・・・と思ったら、咲夜が逆上するのでは、とそれに近いことを指摘。
特に女性の場合相手の女性を恨む傾向がありますし・・・・・。

ショッピングでハヤテに女の子の服を勧めるマリアさん。結局は試着するハヤテ。
・・・・マリアさんGood Job!!(←おい)

今回はこの2人のデートを目撃した西沢さんやヒナギクが絡み、ラブコメ路線王道を突き進んでいました。
こういうラブコメは好きなので、今回は観ていて面白かったです。

|

« 昭文社 第54期 株主総会(2013年) | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第11話 「ドアをノックするのは誰だ?」 感想 »

コメント

マリアさんの、高校時代の話と、ヤンデレラブレター対策で、偽装デートの話、漸くやってくれました
牧村さん、同率首位ならある
マリアさんは、先々代の生徒会長
先代は既読組の中ではアテネがやっていたんでは推測

投稿: りあん | 2013年7月 2日 (火) 01時48分

マリアさんがいなければ、牧村嬢がトップになったと思いますが、自分がトップになれなくてもマリアさんを妬んだりしないのは牧村嬢の性格によるもの。
マリアさんがいなかったら彼女が生徒会長になってたのかな?とも思いました。
アテネが生徒会長と推測、ということはその辺りは原作でやっていないと・・・でも、アテネだったら生徒会長になってもおかしくないですよね。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年7月 2日 (火) 14時34分

飛び級枠でアテネも13歳で入学し、16歳で卒業しているから
他に考えられるのはマリアとヒナの間の、3年間は他の人でその内1年は、愛歌さん。でも病弱で留年しヒナに譲った
マリアさんは、牧村さんが推したはずだし、たぶん男性票も多い?
次代の生徒会長は文(初登場時、後の生徒会長に云々)

投稿: りあん | 2013年7月 2日 (火) 16時06分

代々生徒会長というのはすごい人物ということで・・・・愛歌さん、というのもありえますね。
いっそ空白の3年間内に生徒会長になったことのある「他の人」も登場してほしいものです。

マリアさんは男性だけでなく、女子からの票も多そう。
そういえばこのシリーズに文のタイトルがなかったですねぇ・・・・・。
彼女の後に登場したカユラはあったのに。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2013年7月 2日 (火) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/57703770

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!Cuties 第10話 「マリア」 感想:

« 昭文社 第54期 株主総会(2013年) | トップページ | ハヤテのごとく!Cuties 第11話 「ドアをノックするのは誰だ?」 感想 »