« SRAホールディングス 第25回 株主総会(2015年) | トップページ | 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年) »

映画「バケモノの子」(2015年) 感想

2015年7月13日(月)午後7時10分~の上映を観ました。
7月11日(土)公開作品です。
時間帯のせいか、ほとんど20~30代、カップルが多め。家族連れは1組ぐらいで59人で鑑賞。公開からそんなにたっていないし混んでるかと思ったのですが、130席中なので半分も満たず、割と余裕で観ることができました。

細田作品は「時をかける少女」「サマーウォーズ」はテレビで鑑賞、「おおかみこどもの雨と雪」は映画館で鑑賞しています。
作品の感想は上質アニメ作品、という程度。映像、効果音等は映画館ならではの迫力なのでそういう意味では映画館での鑑賞はお勧め。冒頭シーン(だけ)はワクワク感を感じてました。
でもストーリーやらツッコミどころ満載。本来1100円(ぐらいなら払ってみてもいいと思う作品)と思いましたが、映像がよかったので+100円で1200円ぐらいの作品。

で、ネタバレありの感想へ。

映像は綺麗。ラストの方のクジラシーンは見もの。主人公&ヒロインが電車に乗る場面での電車内はまさにリアルで、リアル感を感じました。こんな都会のリアル感を感じた描写は「幻魔大戦」以来。
・・・・・とまあ、作品全体的には家族でみるにはいいだろうけど、私としては少し不満です。

①ジブリを意識?既作品を思わず彷彿
主人公がバケモノの世界へ迷い込むあたりは「千と千尋~」を思いだし、チコでは「トトロ」、その他、ジブリに関わらず既作品を思い出す場面が所々にありました。
細田作品のよさとして「今まであまり観た感じがない演出やカメラアングル」「この先のストーリーは読めるけど、なぜか感動」等斬新なものが気に入ってたのですが、今回そんな感じはありませんでした。
あまり他を意識しないオリジナル性に富んだ「おお!」と思える作品が観たい。

②メインキャラの声優が・・・・感情移入しづらい
熊徹はそのものという感じで、こういうキャラとわかりやすい印象です。話の中では生き生きとしていて、感情移入もしやすい。でも・・・・。
九太(子供)は負けん気の強さでつっぱっている感じだけど内心どこかで寂しい、不安、悲しさを秘めているそんな微妙な感じが伝わってこないです。なんかただ頑固で勝気ででもまあ悲しみをしょっているという感じ。もう少し「うん、でも本当は寂しくて、悲しくて辛いんだよね」という感じがほしい。確かに彼が母親を思いだし悲しむシーンとか”悲しみ”を感じさせる描写とかありますが、なんか今一つ。
それとヒロインの楓。
本音を言うシーンがありまた彼女も本心だと言ってた場面。「本当に本心ですか?」
本心というのは強い意志を感じられ、訴えるようなものがあるものと思います。だからこそ本音の部分はなんとなくわかるし、その思いは強く伝わってきて、人を動かすこともある。
でもここでの言葉は確かに本音を感じられるセリフではあるけど、訴えるものがない。心に響かない。だから、本当に本音かと疑問を持ってしまいます。
・・・・・つまり、熊徹以外キャラに魂を感じない、というか淡々といるだけというかそんな感じでした。ちなみに、熊徹の他にいいと思ったのは多々良と宋師ぐらい(プロの声優は除く)。

③ストーリーが唐突すぎる
一郎彦に何が起こったの!?という展開。最初はいいやつという感じだったのが、いつのまにかラスボスのような存在になっていて心の闇の過程がきちんと描かれていないから唐突さが急上昇。クジラもなんとなく言いたいことはわからないでもないけど、もっとわかりやすく描写してほしかったです。
一郎彦が暴走しているのに親(猪王山)は何をしているんだ?とも思いました。
命がけで九太が止めようとしているのに、親であるのに何もしないのかと。
もしなにかしらの理由(怪我で動けないとか)があるのなら、苦悩し、「親でありながら一郎彦の闇に気付かない自分へのふがいなさ」「本当は自分が動きたいのに九太に頼らざるおえない辛さ」を訴えるシーンが観たかったです。
でも逆にそんな不甲斐なさをだすのを見て、最初の方で宗師が熊徹に結構目をかけている感じがしたのは、熊徹の本来の強さ、「いざとなったら自分の命をかけてでも(民を)守る(であろう強さを秘めている)」というのを感じていたからじゃないか、と妙に納得してしまいました。

絆や親子関係を伝えたい内容というのはわからなくもないですが、感情移入できなかったので、薄い壁の向こうで淡々と話が進んでいたという印象です。
一番印象深かったのは多々良と百秋坊が九太が一郎彦と決着をつけるのに出た後のしみじみと九太のことを語るシーン。
セリフにはなかったけど、九太の成長で「我々もそれだけ年をとっているということだ」と思ったのだろうと思ってしまいました。
でもここで「九太~~~~!!!こんなに立派になって!!あんなに負けん気の強い子供だったのに成長したね~~~(感動!!)」って私が思えばまた違う感想になってたかもしれないな。
うん、自分が40歳以下ならもっとまた違う感想かもしれない。

|

« SRAホールディングス 第25回 株主総会(2015年) | トップページ | 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年) »

コメント

一郎彦の心の闇の過程が、伏線は序盤から張っていて自分も唐突だなおもったけど、よく考えると、そうでもないような

投稿: りあん | 2015年8月13日 (木) 09時57分

こんにちは。

まあ確かにいい子からなんとなく憎しみをもつようになり(心の闇が強くなる)、やがて闇にとらわれる(?)と過程が描かれていますが・・・・。
でももっと憎しみの過程が描かれていれば観ていても納得しながら観ていると思えたので残念です。
いろいろな題材を詰め込みすぎた気もしますしね。

気持ちがあまり理解できない(感情移入できない)作品はやはり面白みを感じないので・・・・でも作品そのもののクオリティは高いと感じました。
・・・・だからこそ、残念に思えてしまいます。

コメントありがとうございました。

投稿: みかりん | 2015年8月13日 (木) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132184/61886982

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「バケモノの子」(2015年) 感想:

» [映画『バケモノの子』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・いやはや、細田監督・・・、現在、オリジナルのアニメ映画を、これだけ堂々と物語れるアニメ作家はいないのではないでしょうか? 感動しまくりました。 他の人が書くようなことはここでは書かないでおきます。  ・・・富野監督は、テレビ版の『Zガンダム』の最...... [続きを読む]

受信: 2015年7月15日 (水) 09時51分

» 『バケモノの子』 [こねたみっくす]
胸の中の足りないモノを埋める。それが親の務め。ただ熊徹のあの選択はこの務めにはあらず。 やはり細田守監督は一夏に拘るべきでした。新海誠監督や米林昌弘監督のように宮崎駿 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月15日 (水) 23時27分

» 劇場鑑賞「バケモノの子」 [日々“是”精進! ver.F]
意味は、自分で見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507110000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子 オリジナル・サウンドトラック [ 高木正勝 ]価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子(1) [ ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月16日 (木) 05時49分

» 「バケモノの子」 お前がいるから俺は父親になれる [はらやんの映画徒然草]
細田守監督の作品はご自身のプライベートで体験したことが、お話の元になっているとい [続きを読む]

受信: 2015年7月18日 (土) 17時54分

» 『バケモノの子』の正体 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  主人公のバケモノに熊徹と名づけて熊だと思わせ、相棒が猿、僧侶が豚とは、細田守監督はフェイントが巧い。  細田監督の発想はストレートだ。子供の成長に合わせてアニメーションを作った宮崎駿監督以上に判りやすい。  結婚して親戚が増えると、親戚が集まる『サマーウォーズ』を作り、出産・子育てする人を目の当たりにすると『おおかみこどもの雨と雪』を作り、自分が子供を育て...... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 11時01分

» バケモノの子 試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 [ペパーミントの魔術師]
パスポート期間中なんですが、試写会あたりました。イェ〜イ!!!!! 7月2日にくずはで見てまいりました〜(^-^)/ 渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、 バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く...... [続きを読む]

受信: 2015年7月21日 (火) 16時30分

» 映画「バケモノの子」 [FREE TIME]
映画「バケモノの子」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015年7月21日 (火) 23時15分

» [映画][☆☆☆★★]「バケモノの子」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督最新作は、ひとりぼっちの少年・九太と、暴れん坊のバケモノ・熊徹との、奇妙な師弟関係と絆を描く新冒険活劇。 良い点、悪い点ともに細田監督らしい内容。意見が両極端に分かれる前作同様、本作もまた絶賛と酷... [続きを読む]

受信: 2015年7月27日 (月) 18時52分

» 『バケモノの子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バケモノの子」□監督・脚本 細田 守□キャスト(声の出演) 役所広司、宮?あおい、染谷将太、広瀬すず■鑑賞日 7月17日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 細田監督が『おおかみ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月29日 (水) 21時37分

» バケモノの子  監督/細田 守 [西京極 紫の館]
【声の出演】  役所 広司 (熊徹)  宮崎 あおい(九太-少年期-)  染谷 将太 (九太-青年期-)  広瀬 すず (楓)  大泉 洋  (多々良)  リリー・フランキー(百秋坊) 【ストーリー】 人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世...... [続きを読む]

受信: 2015年7月30日 (木) 00時46分

» バケモノの子 [だらだら無気力ブログ!]
細田監督の作品だから入道雲のシーン、出てくるだろうなぁと思ってたら、ちゃんと出て来たな。 [続きを読む]

受信: 2015年7月31日 (金) 20時27分

» バケモノの子 [映画的・絵画的・音楽的]
 『バケモノの子』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)細田守監督による『サマーウォーズ』が面白かったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗い画面に炎などが見える中、「昔、ほんのすこし前の出来事。10万のバケモノを束ねる宗師の卯月が...... [続きを読む]

受信: 2015年7月31日 (金) 21時56分

« SRAホールディングス 第25回 株主総会(2015年) | トップページ | 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年) »